城妃美伶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しろき みれい
城妃 美伶
生年月日 6月12日
出生地 東京都杉並区
身長 162cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2011年 -
活動内容 2011年:宝塚歌劇団入団
2012年:星組配属
2014年:花組へ異動
2019年:宝塚歌劇団退団
2020年:芸能活動開始
公式サイト 城妃美伶オフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
かもめ
花より男子
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

城妃 美伶(しろき みれい、6月12日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組星組の娘役スター。

東京都杉並区[2]雙葉中学校出身[2]。身長162cm[1]。血液型B型[1]。愛称は「みれい」、「しろきみ」[2]

来歴[編集]

2009年、宝塚音楽学校入学。

2011年、宝塚歌劇団に97期生として入団[1][3]。星組公演「ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び」で初舞台[4]

2012年、組まわりを経て星組に配属[4][3]。同年、「ジャン・ルイ・ファージョン」(バウホール日本青年館公演)で、ロザリー役に抜擢を受ける[3]。続くショー「Étoile de TAKARAZUKA」新人公演で、早乙女わかばらとヒロインパートの一部を務める[3][5]

2013年、「ロミオとジュリエット」で新人公演初ヒロイン[4][3][5]

2014年、「かもめ」でバウホール公演初ヒロイン[4][3]。同年10月8日付で花組へと組替え[4][5]

2015年、明日海りお花乃まりあトップコンビ大劇場お披露目となる「カリスタの海に抱かれて」で、2度目の新人公演ヒロイン[4][3][5]。続く第二回台湾公演「ベルサイユのばら/宝塚幻想曲」に選抜メンバーとして出演[4]。自身2度目となるロザリーを演じる。

2016年、「ME AND MY GIRL」で、音くり寿とダブルキャストで3度目の新人公演ヒロイン[6][5]。続く「アイラブアインシュタイン」で、桜咲彩花とバウホール公演ダブルヒロイン[3]。続く花乃まりあ退団公演となる「金色の砂漠」で、4度目の新人公演ヒロイン[7][5]

2018年、「ポーの一族」で5度目の新人公演ヒロインを務め、新人公演を卒業[8][5]

2019年、「花より男子」(TBS赤坂ACTシアター公演)で、東上公演初ヒロイン[9][10][5]。同年11月24日、明日海りお退団公演となる「A Fairy Tale/シャルム!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[11]

人物[編集]

4歳からクラシックバレエを習い、バレリーナを目指していた[4]

小学生の時、宙組公演「炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ」で宝塚初観劇[12]。その日のうちに宝塚に入ろうと決める[12]

学生時代はミュージカル部に所属していた[13]

5度に渡って新人公演ヒロインを務め、本公演でも重要な役どころを担うなど、美貌の娘役として活躍した[11]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

星組時代[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜(コーラス)
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Profile 城妃美伶オフィシャルサイト。
  2. ^ a b c 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、27頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 磨き抜いたヒロイン力を持つ花組・城妃美伶の魅力と今後 トレタメ。
  4. ^ a b c d e f g h i j k フェアリーインタビュー 2015年11月号 ウィズたからづか。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『歌劇2019年11月号/短波長波』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、77頁。
  6. ^ a b 優波慧、綺城ひか理 花組新公で初主演 魅せた丁寧な役作り スポニチAnnex。
  7. ^ a b 綺城ひか理「明日海さん助言いただき…花組の魅力、もがいて表現」、同期の城妃美伶も笑顔 新公『金色の砂漠』 産経WEST。
  8. ^ a b 入団4年目の聖乃あすかが初主演「透明感を出したい、と普段のお化粧よりベースを作ることから意識」 スポニチAnnex。
  9. ^ a b 宝塚歌劇花組『花より男子』柚香光、城妃美伶 囲み取材 エンタメターミナル。
  10. ^ a b 宝塚花組「花より男子」開幕、柚香光が道明寺司に「なんてかわいいやつなんだ」 ステージナタリー。
  11. ^ a b c 宝塚花組 芽吹幸奈、城妃美伶らの退団を発表 デイリースポーツ。
  12. ^ a b 『NEW GENERATIONⅢ』 阪急コミュニケーションズ、2013年、59頁。ISBN 978-4-484-13514-4
  13. ^ 『To The Future/宝塚グラフ2013年7月号』 阪急コミュニケーションズ、2013年、109頁。
  14. ^ 「GREASE」に三浦宏規&屋比久知奈、「革ジャンとリーゼントが似合う男に」 ステージナタリー。

注釈[編集]

  1. ^ 桜咲彩花の休演により、11/27〜12/10は代役で紫の上役を演じる。雲井の雁役は春妃うららと音くり寿が務めた。
  2. ^ 宝塚大劇場は1幕、東京宝塚劇場は2幕のみ。
  3. ^ 6/26のみ特別出演。

外部リンク[編集]