乙羽映見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

乙羽 映見(おとはね えみ、7月27日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

大分県大分市[1]市立碩田中学校出身[1]。身長165cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「Emi」、「えみちぃ」[1]

来歴[編集]

2008年4月、宝塚音楽学校入学。同期には現星組トップ娘役綺咲愛里叶羽時朝月希和夢奈瑠音紫藤りゅう和希そら、OGに元花組トップ娘役花乃まりあ、元雪組トップ娘役咲妃みゆ則松亜海らがいる。

2010年3月、宝塚歌劇団に96期生として入団。入団時の成績は5番。月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台。その後、花組に配属。

2015年、ショー「Melodia-熱く美しき旋律-」で、初のエトワールに抜擢[3]

2017年明日海りお仙名彩世大劇場お披露目となるショー「Santé!!」では、同期の朝月希和、更紗那知と共にトリプルエトワールを務める。

人物[編集]

学生時代は陸上部に所属し、もともと足が速かったため、短距離走とハードルをしていた[2]

宝塚初観劇は2001年月組全国ツアー「大海賊ジャズマニア[2]。 男役と娘役の華やかさ、綺麗さに圧倒され、自分もこの煌びやかな舞台に立ちたいと思い、受験を決意[2]

憧れの上級生は映美くらら[2]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2010年4月~5月、月組『THE SCARLET PIMPERNEL』(宝塚大劇場のみ)

花組配属後[編集]

出演イベント[編集]

  • 蘭寿とむコンサート「Streak of Light-一筋の光…-」
  • 「宝塚巴里祭2013」
  • 轟悠ディナーショー「Prelude of Yū」
  • 鳳月杏ディナーショー「NEXT ONE」※予定

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、26頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  2. ^ a b c d e 『To The Future/宝塚GRAPH 2014年3月号』 阪急コミュニケーションズ、2014年、101頁。
  3. ^ a b 体調不良により宝塚大劇場のみ全日程休演。新人公演代役は雛リリカが、エトワール代役は仙名彩世が務めた。

外部リンク[編集]