華耀きらり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

華耀 きらり(かよう きらり、7月22日生)は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組の娘役。

身長161.5cm。東京都大田区順心女子学園出身。宝塚時代の愛称は「きらり」「ゆうこ」。血液型O型。

来歴[編集]

2002年、『LUCKY STAR!』で初舞台。宝塚歌劇団第88期生。入団時の成績は48人中9番[1]。同年5月21日[1]に花組配属。

2004年、1期上の日向燦とともにTAKARAZUKA SKY STAGE第3期スカイ・フェアリーズを務める。

2008年、バウホール公演『蒼いくちづけ』で月野姫花と初のヒロイン役を務める。

2014年、バウホール公演『ノクターン -遠い夏の日の記憶-』で初の単独でのヒロイン役を務める。

2015年6月14日、『カリスタの海に抱かれて』/『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』の東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。

2016年、ジェットラグプロデュース『罠』に出演。本作が退団後の舞台初出演作品となる。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

花組時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 監修:小林公一、阪急コミュニケーションズ出版、「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」、2014年4月1日、114ページに掲載。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]