華耀きらり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

華耀 きらり(かよう きらり、7月22日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組の娘役。

東京都大田区順心女子学園出身。身長161.5㎝。愛称は「きらり」、「ゆうこ」、「ゆうこりん」。

来歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2002年4月 - 5月、星組『プラハの春/LUCKY STAR!』(宝塚大劇場のみ)

花組時代[編集]

  • 2002年10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-
  • 2004年8月、『La Esperanza-いつか叶う-』 /『TAKARAZUKA舞夢!
  • 2004年12月、『天の鼓』(ドラマシティ・東京特別)樹(子供時代)
  • 2005年3月、『マラケシュ・紅の墓標』新人公演:ファティマ(本役:華城季帆)/『エンター・ザ・レビュー
  • 2005年11月、『落陽のパレルモ』ベアトリチェ・ビアンカ・カヴァーレ、新人公演:ベッカデッリ公爵夫人(本役:歌花由美)/『ASIAN WINDS!-アジアの風-』
  • 2006年3月、『Appartement Cine´ma(アパルトマン シネマ)』(ドラマシティ・名古屋特別・東京特別)サラ
  • 2006年6月、『ファントム』メグ/新人公演:ソレリ(本役:華城季帆)
  • 2006年11月、『うたかたの恋』ヘンリエッテ/オフィーリア/エマ/『エンター・ザ・レビュー』(全国ツアー)
  • 2007年2月、『明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴-』矢田、新人公演:早苗(本役:野々すみ花)/『TUXEDO JAZZ
  • 2007年7月、『源氏物語 あさきゆめみしII』(梅田芸術劇場)小侍従
  • 2007年10月、『アデュー・マルセイユ』ニコル、新人公演:クラウディア(本役:鈴懸三由岐)/『ラブ・シンフォニー
  • 2008年2月、『蒼いくちづけ』(バウ)ルーシー・ウェステンラ、ヴィーナス *バウ初ヒロイン
  • 2008年5月、『愛と死のアラビア』新人公演:マブルーカ(本役:絵莉千晶)/『Red Hot Sea
  • 2008年10月、『銀ちゃんの恋』(梅田芸術劇場・青年館)朋子
  • 2009年1月、『太王四神記』チャンミ/新人公演:セーム(本役:花野じゅりあ
  • 2009年5月、『哀しみのコルドバ』メリッサ/『Red Hot Sea II』(全国ツアー)
  • 2009年7月、『フィフティ・フィフティ』(バウ)パメラ *バウWヒロイン
  • 2009年9月、『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-』イヴォンヌ/『EXCITER!
  • 2009年12月、『相棒』(ドラマシティ・東京特別)安西明美
  • 2010年3月、『虞美人 -新たなる伝説-』浅浅/逢華/石蘭
  • 2010年7月、『麗しのサブリナ』ジェニー/『EXCITER!!』
  • 2010年11月、『コード・ヒーロー』(バウ・東京特別)ドリス
  • 2011年2月、『愛のプレリュード』キーレイ・マレット/『Le Paradis!!(ル パラディ)』
  • 2011年6月、『ファントム』ソレリ
  • 2011年10月、『カナリア』(梅田芸術劇場・青年館)小悪魔
  • 2012年1月、『復活 -恋が終わり、愛が残った-』クララ/『カノン
  • 2012年4月、『長い春の果てに』フローレンス/『カノン』(全国ツアー)
  • 2012年7月、『サン=テグジュペリ』ノエル/『CONGA!!』ノエル
  • 2012年11月、『Streak of Light -一筋の光…-』(青年館・ドラマシティ)
  • 2013年2月、『オーシャンズ11』ベス
  • 2013年6月、『フォーエバー・ガーシュイン -五線譜に描く夢- 』(バウ)アデール・アステア
  • 2013年8月、『愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-』アリーヌ・ヴァラン/『Mr. Swing!
  • 2014年2月、『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-』ヴィヴィアン・コルベール/『TAKARAZUKA ∞ 夢眩
  • 2014年6月、『ノクターン -遠い夏の日の記憶-』(バウ)ジナイーダ *バウヒロイン
  • 2014年8月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』ヘレネ
  • 2015年1月、『風の次郎吉 - 大江戸夜飛翔 -』(ドラマシティ・青年館)堀田けい
  • 2015年3月、『カリスタの海に抱かれて』セシリア・ブリエンヌ/『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』 *退団公演 

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 監修:小林公一、阪急コミュニケーションズ出版、「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」、2014年4月1日、114ページに掲載。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]