春妃うらら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春妃 うらら(はるひ うらら、2月15日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

福岡県福岡市[1]県立城南高等学校出身[1]。身長161cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「うらら」[1]

来歴[編集]

2009年4月、宝塚音楽学校入学。同期には綺城ひか理蓮つかさ永久輝せあ留依蒔世城妃美伶海乃美月らがいる。

2011年3月、宝塚歌劇団に97期生として入団。入団時の成績は16番。星組公演「ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び」で初舞台。

2012年2月、組廻りを経て花組に配属。同年、組配属後初の出演作となる「サン=テグジュペリ」で、入団2年目ながら新人公演初ヒロインに抜擢。

人物[編集]

姉は元雪組娘役の星乃あんり[3]

宝塚初観劇は宙組博多座公演「コパカバーナ[2]

学生時代は絵を描くことや物を作ることが好きで、美術部に所属していた[2]

憧れの上級生は蘭乃はな[2]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2011年4月~5月、星組『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-/めぐり会いは再び-My only shinin' star-』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

  • 2011年9月~11月、雪組『仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』

花組配属後[編集]

*2019年2月〜4月、『CASANOVA』プッチーナ  ※予定

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、34頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b c d 『To The Future/宝塚GRAPH 2013年5月号』 阪急コミュニケーションズ、2013年、103頁。
  3. ^ 『母娘・姉妹ジェンヌ一覧/宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、68頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  4. ^ 8/16から宝塚大劇場公演千秋楽まで怪我のため休演。
  5. ^ 花野じゅりあ休演による配役変更で、東京公演では代役で5年前のテスとポーラ役を演じた。
  6. ^ 桜咲彩花の休演により、11/27~11/30は城妃美伶の代役で雲井の雁役を演じた。

外部リンク[編集]