マーガレット・ボーフォート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「マーガレット・ボーフォートの祈り」ローランド・ロッキー画(1500年頃)

マーガレット・ボーフォート(Margaret Beaufort, 1443年5月31日 - 1509年6月29日)は、薔薇戦争期のイングランドにおけるランカスター派の貴族階級の女性である。生涯4度結婚したが、唯一の子供が後のヘンリー7世である。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

マーガレット・ボーフォートは、サマセット公ジョン・ボーフォートマーガレット・ボーシャンの娘として生まれた。父方の祖父は初代サマセット伯ジョン・ボーフォートであり、マーガレットはランカスター公ジョン・オブ・ゴーントと妾キャサリン・スウィンフォードの孫ということになる。後々祖父ジョン・ボーフォートは妾腹の私生児という扱いではなくなるのだが、それでもボーフォート家は王位を継承することは禁じられてきた(ボーフォート家の血を引く者で最初に王位に就いたのは、マーガレットの叔母ジョウン・ボーフォートの孫エドワード4世である)。

マーガレットは4回結婚しているが子供はただ1人、後のヘンリー7世だけである。13歳でヘンリーを産んだ後、再び子供を産むことができなかったのである。

最初の結婚とエドマンド・テューダーとの再婚[編集]

1450年、わずか7歳のマーガレットの最初の結婚相手はサフォーク公ジョン・ドゥ・ラ・ポールだった。しかししばらくのうちに無効にされた。又従兄のヘンリー6世が自分に子供がいなかったため、マーガレットを王位継承者に指名することを考えたためだった。

ヘンリー6世は1455年、マーガレットを自分の異父弟リッチモンド伯エドマンド・テューダーと結婚させた。エドマンドはキャサリン王太后ヘンリー5世の未亡人)と2番目の夫オウエン・テューダーとの長男だった。後にヘンリー・テューダーの即位に際してこのキャサリン王妃の再婚の合法性について議論されることになるが、法的には問題なかったと考えられる。

1456年11月1日にエドマンドが獄死した時、マーガレットは妊娠しており、翌1457年に息子ヘンリーが生まれた。ヘンリーは1461年にリッチモンド伯に叙された。

息子ヘンリーを国王にするために[編集]

マーガレットは間もなくヘンリー・スタフォード卿(バッキンガム公ハンフリー・スタフォードの息子)と3度目の結婚をする。ヘンリー卿が亡くなった1471年、マーガレットは貞節の誓いを立てた、1473年から1482年の間にトマス・スタンリー卿と4度目の結婚をしている。トマス・スタンリーはその時々の権力者にうまく追従する傾向があったようで、この時もヨーク派に属している。ランカスター派のマーガレットとヨーク派のトマスとの結婚は政略結婚だったといわれている。

1485年、リッチモンド伯ヘンリーがヨーク家の王リチャード3世と雌雄を決したボズワースの戦いでは、トマス・スタンリーはリチャード3世の側についている(ただし布陣はしたが参戦はしなかったため、実質的には中立)。リチャード3世はトマスが継子に味方するのを恐れてトマスの長男を人質に取っていたため、うかつに動けなくなっていたのだった。結局トマスが寝返ってヘンリーに加勢するのは、大勢がヘンリーに傾きかけたタイミングであった。だが、戦闘が終わった戦場からリチャード3世のかぶっていた王冠を見つけ出し、ヘンリーの頭にかぶせたのはトマス・スタンリーだった。

トマス・スタンリーは後にダービー伯爵に叙せられ、マーガレットもダービー伯爵夫人となった。だがマーガレットは「リッチモンドとダービーの伯爵夫人」と自称したという。

ヘンリーはイングランド王ヘンリー7世として即位したが、マーガレットは「王妃」(Queen Consort)になったことがないため、王太后(Queen Mother)の称号は得られなかった。だがその代わりに「王母夫人」(My Lady the King's Mother)と呼ばれた。

教育者として[編集]

1497年、マーガレットはドーセットのウィンボーンに、大衆向けの無料の学校を開校する意思を表明した。1509年に彼女が亡くなると、この願いはウィンボーン小学校として実現する。学校の場所と名前はそれ以来変化して、今日では「エリザベス女王の学校」としてドーセットで最も大きく、国内でも有数の大きさの学校である。

1502年、マーガレットはケンブリッジ大学に自分の名を冠した「レディ・マーガレット神学教授」のポストを新設した。

ヘンリー7世が王位を継承し、夫ダービー伯とも死別して一段落した1505年、マーガレットは「ゴッズ・ハウス」(God's House)を再建・拡大し、ケンブリッジ大学クライスト・カレッジを開学した。彼女は今も創設者として知られている。また1511年にはケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジを設立した。

オックスフォード大学で最初の女子校であるレディ・マーガレット・ホール校は、マーガレット・ボーフォートの名前にちなんだものである。