蓮月りらん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蓮月 りらん(はづき りらん、7月14日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。

長野県安曇野市[1]長野県立松本深志高等学校出身[1]。身長164.5cm[1]。愛称は「りんだ」[1]

来歴[編集]

2012年4月、宝塚音楽学校入学。同期には、音くり寿星風まどか天彩峰里聖乃あすか風間柚乃華優希極美慎などがいる。

2014年4月、宝塚歌劇団に100期生として入団。月組宝塚大劇場公演『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』で初舞台。

2015年、星組に配属。

同年9月、NHK放送90年ドラマ『「経世済民の男」小林一三~夢とそろばん~』(NHK総合)に出演。初期の宝塚歌劇の舞台シーンで当時のタカラジェンヌを演じる。ドラマでは日本で初めて「レビュー」を冠したとされる舞台『モン・パリ』が再現された

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2014年3月~6月、月組『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

  • 2014年9月~12月、月組『PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』

星組時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、117頁。ISBN 978-4-86649-049-6

外部リンク[編集]