蓮月りらん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蓮月 りらん(はづき りらん、7月14日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。

長野県安曇野市[1]長野県松本深志高等学校出身[1]。身長164cm[1]。愛称は「りんだ」[1]

来歴[編集]

2012年4月、宝塚音楽学校入学。

2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団。入団時の成績は20番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台。

2015年2月、組まわりを経て星組に配属。同年放送のドラマ「経世済民の男 小林一三」(NHK)後編に出演[2]。総勢14名のタカラジェンヌで、初期の宝塚歌劇の舞台を再現した[2]

2019年10月13日、紅ゆずる綺咲愛里トップコンビ退団公演となる「GOD OF STARS/エクレールブリアン」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3]予定。

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2014年3〜6月、月組『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)

組まわり[編集]

  • 2014年9〜12月、月組『PUCK(パック)』『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』

星組時代[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、118頁。ISBN978-4-86649-089-2。
  2. ^ a b c 阿部サダヲが現役タカラジェンヌたちと競演!ニュースウォーカーより。
  3. ^ 星組退団者のお知らせ(宝塚歌劇団公式サイト)

外部リンク[編集]