諏訪さき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

諏訪 さき(すわ さき、10月3日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役スター。

京都府京都市[1][2]ノートルダム女学院高等学校出身[1][2]。身長172cm[1]。愛称は「すわっち」、「くっすー」[1]

来歴[編集]

2011年、宝塚音楽学校入学。

2013年、宝塚歌劇団に99期生として次席入団[3]。雪組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[3][4]

2014年、組まわりを経て雪組に配属[3][5]

2020年の「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」で新人公演初主演[6][5][4]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[6][5][4]

人物[編集]

母は宝塚OGの諏訪アイ[7]

幼少期は特に宝塚を意識しなかったが、小学6年の時に観た安蘭けいが演じる悪役に胸を打たれ、タカラジェンヌを志した[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2019年7月、『宝塚巴里祭2019』[8]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、82頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d <華宝塚>真紅のバラ咲かせたい 諏訪(すわ)さき(雪組) 東京新聞。
  3. ^ a b c 100年史(人物) 2014, p. 125.
  4. ^ a b c d e 念願の新人公演主演を射とめ、男役冥利に尽きるギャング・ヌードルスを情感たっぷりに魅せる”. ウィズたからづか. 2020年2月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 新人公演初主演「経験無駄ではなかった」/諏訪さき”. 日刊スポーツ. 2020年1月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e 雪組・諏訪さき 芝居巧者が待望初主演で輝き放つ”. スポニチAnnex. 2020年1月11日閲覧。
  7. ^ 100年史(人物) 2014, p. 28.
  8. ^ 宝塚巴里祭2019('19年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  9. ^ 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2

注釈[編集]

  1. ^ 東京での新人公演は休止。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]