瑠風輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

瑠風 輝(るかぜ ひかる、1月26日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役スター[2]

東京都調布市[1][3]佼成学園女子高等学校出身[1][3]。身長175cm[1]。愛称は「もえこ」[1][3]

来歴[編集]

2010年、宝塚音楽学校入学。

2012年、宝塚歌劇団に98期生として入団[4][3]。宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台[5]

2013年、組まわりを経て宙組に配属[5]

2016年の「Shakespeare」で新人公演初主演[4][5]。その後も4度に渡って新人公演主演を務める[6]

2019年の「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」で、バウホール公演初主演[2][3]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2012年4 - 5月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス』(宝塚大劇場のみ)

組まわり[編集]

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、136頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c 宝塚宙組スター瑠風輝 バウホール初主演開幕 デイリースポーツ。
  3. ^ a b c d e f g <華宝塚>怒濤の人生を演じたい 瑠風輝(宙組) 東京新聞。
  4. ^ a b c d e 朝夏まなとから感情表現学ぶ/瑠風輝 日刊スポーツ。
  5. ^ a b c d e f フェアリーインタビュー ウィズたからづか。
  6. ^ a b 【宝塚歌劇団】宙組新人公演主演の瑠風輝、包容力たっぷりにダ・ヴィンチ役を好演 産経ニュース。
  7. ^ 長身生かしパワフルな歌声…瑠風輝「エリザベート-愛と死の輪舞-」宙組新人公演 産経WEST。
  8. ^ 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2

外部リンク[編集]