桜奈あい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜奈 あい(さくらな あい、4月12日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。

大阪府東大阪市[1]帝塚山高校出身[1]

来歴[編集]

2008年4月、宝塚音楽学校入学、96期生。同期には夢華あみ叶羽時紫藤りゅう和希そららがいる。

2010年4月、第96期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は24番。月組公演『スカーレット・ピンパーネル』で初舞台[1]。その後、月組に配属。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

月組配属後[編集]

  • 2010年9月 - 11月、『ジプシー男爵/Rhapsodic Moon』新人公演 使用人(女)
  • 2011年3月 - 5月、『バラの国の王子/ONE -私が愛したものは…-』
  • 2011年7月 - 10月、『アルジェの男/Dance Romanesque』
  • 2012年2月 - 4月、『エドワード8世-王冠を賭けた恋-/Misty Station-霧の終着駅-』
  • 2012年6月 - 9月、『ロミオとジュリエット』  キャピレット(女)。新人公演:使用人(女)モンタギュー(女)街の女。
  • 2012年10月 - 11月、バウミュージカル『春の雪』〜三島由紀夫 著「春の雪」(豊饒の海 第一巻)より〜 うめ
  • 2013年1月 - 3月、『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-
  • 2013年5月、ミュージカル『ME AND MY GIRL
  • 2013年7月 - 10月、『ルパン -ARSENE LUPIN-/Fantastic Energy!』
  • 2013年11月 - 12月、梅田芸術劇場ドラマシティ公演、東京特別公演 MUSICAL『THE MERRY WIDOW』 〜オペレッタ「メリー・ウィドウ」より〜 ジュジュ
  • 2014年3月 - 6月、『宝塚をどり』『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
  • 2014年7月 - 8月、東京特別公演、シアター・ドラマシティ公演『THE KINGDOM』サマンサ
  • 2014年9月 - 12月、『PUCK』『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
  • 2015年2月 - 3月、中日劇場公演『風と共に去りぬ
  • 2015年4月 - 7月、『1789 -バスティーユの恋人たち-
  • 2015年9月、『DRAGON NIGHT!!』(シアター・ドラマシティ、文京シビックホール)ポールダンサーS
  • 2015年11月 - 2016年2月、『舞音〜MANON〜〜アベ・プレヴォ「マノン・レスコー」より〜』『GOLDEN JAZZ』新人公演 水の精霊[運命のダンサー]
  • 2016年3月 - 4月、『Voice』(赤坂ACTシアター、シアター・ドラマシティ)AINA
  • 2016年6月 - 9月、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』『Forever LOVE!!』つつじ(帰蝶の家臣)新人公演 佐久間信盛の妻
  • 2016年10月 - 11月、文京シビックホール、梅田芸術劇場ドラマシティ公演『アーサー王伝説』
  • 2017年1月 - 3月、『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』新人公演:メイド
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座)
  • 2017年7月~10月、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』
  • 2018年7月、『愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-』(バウホール)スマダ店員(ミランダ)
  • 2018年8月~11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』家庭教師
  • 2019年1月、『ON THE TOWN』(東京国際フォーラム)※予定

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、56頁。ISBN 978-4-86649-049-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]