和希そら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和希 そら(かずき そら、10月5日[1][2] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役。雪組3番手スター[3]

岡山県岡山市[1][4]市立旭東中学校出身[1][2]。身長168cm[1][4]。血液型B型[5]。愛称は「そら」、「そーちゃん」[1][6]

来歴[編集]

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として入団[7][4]月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[7][4]。その後、宙組に配属[7][2]

2014年の「ベルサイユのばら」で新人公演初主演[7][8]。男装の麗人オスカルを演じる[7][8][4]

2016年の「エリザベート」新人公演で、狂言回しとなる大役ルキーニ(本役:愛月ひかる)に抜擢[8][7]

2018年のショー「ハッスル メイツ!」でバウホール公演初主演[9][8][10]

2021年の「夢千鳥」で2度目のバウホール公演主演[10][11][12][2]。同年12月10日付で雪組へと組替え[4]

2022年の「心中・恋の大和路」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演を務めることが発表された[13]

人物[編集]

宝塚初観劇は、雪組公演「霧のミラノ/ワンダーランド」[5]

学生時代は帰宅部で、毎日ダンスのレッスンに通っていた[5]

尊敬する恩師の勧めで宝塚の舞台を観て衝撃を受け、自分もこの舞台で踊りたいと、音楽学校受験を決意した[5]

憧れの上級生は礼真琴[5]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2012年7月、『宝塚巴里祭2012』
  • 2013年11月、悠未ひろディナーショー『Heroe』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年3月、実咲凜音ミュージック・サロン『Million Carat!!』[14]
  • 2017年9 - 10月、朝夏まなとディナーショー『LAST EYES!!』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、141頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b c d e f g h i 宙組・和希そら 3年ぶり主演作 竹久夢二を奔放に、繊細に スポニチAnnex。
  3. ^ a b 宝塚雪組公演千秋楽にトップスター・彩風咲奈「次は花のお江戸で人生修業」 東京公演へあいさつ スポーツ報知。
  4. ^ a b c d e f g h i j 宝塚歌劇宙組一筋のスター・和希そらが12月10日付で雪組に組み替え スポーツ報知。
  5. ^ a b c d e 『To The Future/宝塚GRAPH 2013年5月号』 阪急コミュニケーションズ、2013年、102頁。
  6. ^ a b c <華宝塚>10年目、気持ち新たに 和希そら(宙組) 東京新聞。
  7. ^ a b c d e f g h i j 和希そら、初主演作「ハッスルメイツ!」2日開幕“宙組魂”発する スポーツ報知。
  8. ^ a b c d e f g h 宙組20周年、記念イヤーに輝く“男”/和希そら 日刊スポーツ。
  9. ^ a b 宙組・和希そらバウ初主演作“快幕”「『そーらーパワー』感じて!」 スポーツ報知。
  10. ^ a b c d 宙組スター和希そら、男女の愛憎劇で新境地 歌やダンスで力強く表現 日刊スポーツ。
  11. ^ a b c 宝塚宙組・和希そら主演「夢千鳥」骨太愛憎劇を好演 デイリースポーツ。
  12. ^ a b c 宝塚宙組・和希そら バウ2度目主演でプレイボーイ・竹久夢二を繊細に表現 スポーツ報知。
  13. ^ a b 宝塚歌劇雪組「ODYSSEY」大阪公演決定、和希そら主演の「心中・恋の大和路」も ステージナタリー。
  14. ^ 実咲凜音ミュージック・サロン「Million Carat!!」('17年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  15. ^ 『2018年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、87頁。ISBN 978-4-86649-090-8
  16. ^ 『2021年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、85頁。ISBN 978-4-86649-190-5

外部リンク[編集]