ロレンツォ・ディ・クレディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロレンツォ・ディ・クレディ(ジョルジョ・ヴァザーリ著『画家・彫刻家・建築家列伝』より)

ロレンツォ・ディ・クレディLorenzo di Credi, 1459年頃 - 1537年1月12日)は、イタリア画家彫刻家レオナルド・ダ・ヴィンチに影響を与え、後には、反対にダ・ヴィンチから影響を受けた。ロレンツォ・ディ・クレーディとも表記される。

生涯[編集]

クレディはフィレンツェに生まれた。アンドレア・デル・ヴェロッキオの工房で仕事を始め、ヴェロッキオの死後は、工房を引き継いだ。工房にいる間、クレディはピストイア大聖堂のために『Madonna di Piazza(広場の聖母)』を作ったが、おそらく何人かの彫刻家と共同で作ったものと思われる。

クレディの初期の作品の中には、ウフィッツィ美術館にある『受胎告知』、トリノのサバウダ美術館にある『聖母子』、ヴェネツィアのクェリーニ・スタンパーリアにある『幼子の崇拝』がある。もう少し後の時代の作品では、ルーヴル美術館の『聖者たちと聖母』(1493年)、ウフィッツィ美術館の『幼子の崇拝』といったものがある。フィエーゾレでは、サン・ドメニコ修道院祭壇のフラ・アンジェリコのパネルの一部を作り直した。

ゲッティンゲン美術館の『キリスト磔刑』、イギリスケンブリッジの『受胎告知』、ピストイアの『聖者たちと聖母』は、クレディの円熟期の作品で、フラ・バルトロメオペルジーノ、若きラファエロの影響が強い。

クレディの描いたカテリーナ・スフォルツァの肖像画の顔と、レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』の顔の類似を、研究者たちが指摘している。

クレディ『カテリーナ・スフォルツァ』
ダ・ヴィンチ『モナ・リザ』

カテリーナ・スフォルツァはフォルリイーモラ(ともにイタリア)の領主夫人で、後にチェーザレ・ボルジアの俘虜となった女性である。『La dama dei gelsomini(ジャスミン婦人)』という名前でも知られるこの肖像画は現在フォルリ美術館にある。

参考文献[編集]