麻尋えりか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まひろ えりか
麻尋 えりか
別名義 旧芸名:麻尋 しゅん(デビュー時)
生年月日 (1984-10-01) 1984年10月1日(34歳)
出生地 日本の旗 日本富山県富山市
身長 167 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇、舞台
活動期間 2002年 -
活動内容 2002年宝塚歌劇団入団、星組配属
2004年TAKARAZUKA SKY STAGEの第3期スカイフェアリーズに就任
2009年:宝塚歌劇団退団、同時に現在の芸名に改名して芸能活動を開始。
配偶者 一般人男性
著名な家族 夢羽美友(妹)
夢花らん(妹)
事務所 スタッフ・アップ
公式サイト 麻尋えりか公式ホームページ
備考
宝塚歌劇団卒業生

麻尋 えりか(まひろ えりか、1984年10月1日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組の男役。

富山県出身。身長167cm。血液型B型。愛称は「えり」、「しゅん」。宝塚歌劇団時代の芸名は「麻尋 しゅん(まひろ・しゅん)」。

来歴[編集]

小学2年からモダンバレエを始める。中学時代に、同級生が貸してくれた宝塚のビデオと雑誌『歌劇』を見て宝塚を知る。その後、全国ツアーの『シトラスの風』を観劇して受験を決意し、中卒時に一発合格。

2000年、宝塚音楽学校入学。88期生。同期には桜乃彩音(元花組トップ娘役)などがいる。入学時の身長は、163cmだった。娘役志望だったが、167cmまで身長が伸び、劇団教師からのアドバイスもあり、男役になる[1]

2002年、宝塚歌劇団入団。星組「プラハの春」で初舞台。入団時の成績は48人中31番[2]。同年5月21日[2]、星組に配属される。

2003年バウホール公演「恋天狗」に出演。同年7月、「王家に捧ぐ歌」新人公演では娘役アイーダを演じた。

2004年、同期の妃咲せあらとともにTAKARAZUKA SKY STAGEの第3期スカイフェアリーズとして1年間活動。

2006年、「ベルサイユのばら」新人公演ではオスカル役に抜擢。

2007年、「シークレット・ハンター」新人公演において初主演を果たした。

2008年、「ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)」にてバウ公演初主演。同年、北日本新聞芸術選奨を受賞。

2009年、「新しい世界に挑戦したい」という気持ちから「My dear New Orleans/ア ビヤント」東京公演千秋楽(4月26日[2])で退団。同年7月からブルーミングエージェンシーに所属(のちに退社)。同時に現在の芸名で活動しはじめる。

2016年9月に入籍し、11月27日に挙式を行う[3]

人物[編集]

宝塚歌劇団時代の芸名「麻尋しゅん」には、「は1本では弱く見えるけれど、束ねることによって何にも負けない力を持つ」という意味が込められている。「見た目が男役らしくないので、力強いガッツリとした理想の男役の芸名に自分を近づけたいと、恩師や家族などにつけていただきました」とのこと[4]

月組夢羽美友と元花組夢花らんは双子の妹である[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

  • 歌うヒットマン!(2011年)

CM[編集]

  • 花王 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク、蒸気温熱シート(2010年9月 - )
  • オリエンタル京都 朱雀邸(2012年10月 - )

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 麻尋えりか、“女”としての芝居(Timeout東京、2011年2月10日)
  2. ^ a b c 監修:小林公一、阪急コミュニケーションズ出版、「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」、2014年4月1日、114ページに掲載。ISBN 9784484146010
  3. ^ “2016.11.27”. まひろネタ 麻尋えりか オフィシャルブログ. (2016年11月28日). http://ameblo.jp/mahiro-erika/entry-12223792918.html 2016年11月29日閲覧。 
  4. ^ 産経ENAK「The name of タカラジェンヌ」2008年4月21日号より[要ページ番号]
  5. ^ “宝塚で卒業式 タカラジェンヌが誕生”. スポニチ Sponichi Annex. (2008年3月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/03/01/kiji/K20080301Z00000200.html 2017年2月25日閲覧。 

外部リンク[編集]