ロザリー・ラ・モリエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルサイユのばら > ロザリー・ラ・モリエール

ロザリー・ラ・モリエール(Rosalie La Morlière:1763年頃 - ?)は、池田理代子の漫画『ベルサイユのばら』及び『栄光のナポレオン-エロイカ』に登場する架空の人物。

フランス王妃マリー・アントワネットがコンシェルジェリー牢獄に収容された際に死刑執行直前まで世話をし、獄中での王妃について手記を残したロザリー・ラモルリエールフランス語版という未婚の母で文盲女中がおり、この人物に着想を得て池田が創作した。

血筋[編集]

出生年は1763年頃。父はバロア家の最後の当主であるサン・レミー男爵。母は貴族の娘マルティーヌ・ガブリエル(後のポリニャック伯爵夫人)。しかし、諸事情から両親は結婚に至らず、妊娠にうろたえるマルティーヌに同情したサン・レミー男爵の愛人であり、異母姉ジャンヌの母でもあるニコール・ラ・モリエールに生後、間もなく引き取られ、父の死後はパリの下町へ移住、出生の秘密を知らされずに、ジャンヌとは同胞の姉妹として愛情深く育てられた。

人物像[編集]

愛らしい容姿をしており、それ故にモンテクレール伯爵夫人に命を狙われたこともある(外伝・黒衣の伯爵夫人)。自らも貧しい生活を送っているにもかかわらず、病気の母を献身的に看病、我が身を省みずに貴族から子供を庇う、乏しい食料を分け与えるなど優しい性格であり、結婚後も身寄りのないカトリーヌを引き取ったりするなど、その性格は変わらなかった。但し、溺れすぎる傾向にあり、夫と息子の生活面での苦労は自身が原因となっている。少女の頃はやや泣き虫だったが、様々な経験を経て芯のしっかりした女性へと成長した。

オスカルに対しては同性でありながら、恋愛感情に近い憧れを抱いており、ベルナールと結婚後もオスカルに対する憧れが失われることはなかった。

略歴[編集]

ベルサイユのばら[編集]

1775年頃、12歳の時に困窮した生活の中で泥酔した貴族に声を掛けられたことから、病気の母のため売春をして金を得ることを決意し、パリの街で客を引こうとする。この際に偶然にオスカルに声をかけ、しかし、女性であるオスカルは当然、この申し出を受けず、ロザリーに同情して金貨を与えた。ローズ・ベルタンの店にお針子として雇われた直後、母を、ある貴婦人の乗った馬車に跳ねられるという事故で亡くし(この時に母から、生母の名を途中まで聞かされている)事故現場に居合わせた新聞記者:ベルナール・シャトレに葬儀の手続きや埋葬を世話になる。

1776年から1777年頃、母の敵討ちとして、ブロンドの巻き毛とドレスの柄の記憶を頼りにベルサイユへ向かう。が、ベルサイユ宮殿の規模の広大さ、貴婦人のドレス事情を知らずにいたことから、同じくブロンドの巻き毛を持ち、偶然にも同じ柄のドレスを着用していたオスカルの母を件の貴婦人と誤認し、ジャルジェ家の屋敷へ侵入して彼女を襲撃、その際にオスカルと再会し、その行く末を心配したオスカルによって引き取られる。始めは風聞から王妃、マリー・アントワネットを良く思っていなかったが、オスカルに連れられて行った舞踏会で対面し、誤解を解く。オスカルに対しては、女性と知ってからもほのかな恋心は止まず、一途に慕う。その純真さ、愛らしさでオスカルの心を和ます妹のような存在となる。

探していた実母「マルティーヌ・ガブリエル」が、養母を轢き殺したポリニャック伯夫人であると知った直後、異父妹シャルロットが政略結婚に対しての嫌悪から自殺。その直後にジャンヌの引き起こした事件を理由にポリニャック伯夫人に脅され、引き取られて行くが、異父妹シャルロットの身代わりに政略結婚させられそうになり、生まれ育った町へ逃げ帰る。

1787年春、義賊「黒い騎士」として捕らえられたベルナールと再会。彼の身の回りの世話をしているうちに愛し合うようになり、結婚した。1789年6月、ベルナールを訪ねて来たオスカルと再会。夫の目の前でオスカルに喜んで抱きつき、ベルナールを嫉妬させた。同年、7月14日、バスティーユの戦いで死亡するオスカルを看取る。1793年、コンシェルジュリー牢獄に投獄されたマリー・アントワネットと再会。死刑直前まで世話をする。

エロイカ[編集]

理想を貫くあまり度々政治的に弾圧される夫ベルナールを支える賢夫人として描写されている。オスカルのミドルネーム「フランソワ」と命名した息子が1人おり、ベルナールとの生活は幸福であったようである。その一方で、誰もが革命の成功と共和国の未来を信じていると勘違いをしており、優しすぎて自分達の生活自体が苦しいのに知らぬこととはいえフーシェ(ジャコバン派)のスパイを演じる王党派のカトリーヌ・ルノーダンに情報収集の場を与えて夫の仕事に深刻な妨害を幇助する形になってしまう。

1804年、ベルナールがナポレオン暗殺を企て失敗し死亡すると、母子でスウェーデン亡命。最後の登場はカール13世に指名されて養子になるも終生スウェーデン語を話せなかったベルナドッテ王朝の国王シャルル・ベルナドット(元はナポレオン麾下の将軍)を補佐した皇太子オスカル1世の教育係に抜擢されたフランソワとフランスの行く末について話している場面となる。

アランが未だにオスカルを想っていることをベルナールから聞かされたロザリーが「オスカルさまはあたしのよー」と叫ぶシーンがあり、終生オスカルを忘れることはなくベルナールを呆れさせた。

なお、池田理代子が原案を新規に提供した、宝塚歌劇の「外伝ベルサイユのばら」では、ナポレオン暗殺未遂でベルナールは死亡せず、この際にロザリーの懐妊が明らかになる。

原作とTVアニメ版との違い[編集]

  • 養母が事故死した際、馬車に乗っていたポリニャック伯夫人に詰め寄らず、顔を覚える目的もあり強い憎悪を込めて睨み付けている。
  • 養母を埋葬後、声を掛けたベルナールに対して感情を露わにせず礼を言うと、ひたすらベルサイユへと歩き始める。
  • ポリニャック伯夫人を実母と知った経緯が異なる。事実を知ってからも冷静な態度だったが、復讐を諦めきれずにジャルジェ将軍の拳銃を持ち出し夫人を待ち伏せ。殺害を企てるが失敗。
  • 夫人を母と認めない事を理由にシャルロットも妹だと思わないと主張し、あまり好意的な態度で接していなかったが、養母の誕生日に出かけた夜会で発生した彼女の死を目前に号泣する。
  • 夫人に実の娘だと知られた経緯が「ロザリー・ラモリエール」というフルネームからという点は共通だが、原作で彼女の名を口走ったのがシャルロットだったのに対して、アニメではオスカルである。
  • シャルロットの死後、夫人が1人でジャルジェ家に迎えに来る。そして養母の死についてわずかに謝罪めいた言葉がみられる。
  • ポリニャック家に向かう時、オスカルに対して「いつかはお母様の元へ戻らなくてはと思っていました」と静かに話して聞かせる。
  • 夫人の策略で追い詰められて亡くなったシャルロットの身代わりに結婚させられそうになり逃げだすが、ジャルジェ家には戻らず、黒い騎士(ベルナール)に怪我をさせられたオスカルを助けるも下町に留まって暮らした。
  •  実母がポリニャック伯夫人。出生直後にラ・モリエールに引き取られている事の他(実父・出生前後の状況等)は明言されていない。
  • 首飾り事件の首謀者がジャンヌと知った時も極めて冷静で「ジャンヌならそれ位はやるだろう」とオスカルに話す。そして養母の死後はジャンヌを姉と呼ぶ場面はないが、母の形見の指輪をジャンヌに渡して欲しいとオスカルに依頼。
  • 舞踏会で再会したジャンヌに対して母の死を告げる場面が、歩み寄っての耳打ちに変更。
  • アンドレに平民の支えになる存在として見逃されたベルナールが養生しにやって来て再会し、養母が亡くなった時のこともあり惹かれ合って結婚した。
  • ベルナールの演説を聞いたアンドレが彼に誘われた自宅を訪れ、そこで再会した。
  • 原作より泣く場面が少ない。
  • コンシュルジュリー牢獄でアントワネットがロザリーに気づいた経緯が、手鏡に映った彼女の姿だったと変更。他にもオスカルの話を聞かせて欲しいとせがまれたり、処刑直前に渡された物がリボンから化粧紙で作った造花に変更されている。

キャスト[編集]

声優[編集]

ミュージカル[編集]

宝塚版ベルサイユのばら』本編のキャストは「ベルサイユのばら (宝塚歌劇)#配役一覧」を参照。

参考文献[編集]

  • 集英社 マーガレットコミックス ベルサイユのばら 1~5巻、8~9巻
  • 中央公論社 中公文庫 栄光のナポレオン エロイカ 1~8巻、10巻