ポリニャック公爵夫人ヨランド・ド・ポラストロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポリニャック伯夫人から転送)
移動先: 案内検索
ポリニャック伯爵夫人 、ヴィジェ=ルブラン画、ヴェルサイユ宮殿美術館蔵、1782年

ポリニャック伯爵夫人ことポリニャック伯爵夫人(公爵夫人)およびマンチーニ侯爵夫人ヨランド・マルティーヌ・ガブリエル・ド・ポラストロン: Yolande Martine Gabrielle de Polastron, comtesse puis duchesse de Polignac, marquise de Mancini, 1749年9月8日 - 1793年12月9日)は、フランスルイ16世の王妃マリー・アントワネットの取り巻きの一人である。

寵臣としてさまざまな恩恵を王家から引き出したことで悪名高い、とされている。奇しくもランバル公妃マリー・ルイーズとは生年月日が同じである。

略歴[編集]

ポラストロン伯ジャン・フランソワ・ガブリエルとジャンヌ・シャルロット・エロ・ド・ヴォクレッソンとの間にパリで生まれる。しかし、彼女が生まれるまでに伝統ある貴族の家系にも関わらず、重い債務や担保でポラストロン伯爵家の家計は傾いており、その生活は豪華絢爛・豪奢とは程遠かった。幼少期に両親共々、現在のオート=ガロンヌ県トゥールーズ南方ヌエイユフランス語版の居城に越した。

ポリニャック公爵夫人、ヴィジェ=ルブラン画、1783年

1767年、16歳の時に婚約した許婚であるポリニャック伯爵ジュール (enと結婚した。嫁ぎ先のポリニャック家は代々ブルボン王家に仕えた家柄で、特にメルシオール枢機卿 (enルイ14世ルイ15世の代表的な外交官として重用された。しかし、ルイ14世の寵姫のモンテスパン侯爵夫人1678年に起こした黒ミサ事件に関与者を出し、またメルシオール自身もメーヌ公爵夫人のクーデター計画事件に関与して失脚したため、家運は衰退していた。

同、ヴィジェ=ルブラン画、1787年

家運を回復するというもくろみを持って、機転の利くポリニャック伯爵夫人はマリー・アントワネットに近づいて取り入り、彼女の寵愛を手にした。以降はマリー・アントワネットが愛したプチ・トリアノン宮殿に招かれる王妃の数少ないお気に入りの取り巻きの一人となり、遂にランバル公妃マリー・ルイーズに代わり女官長(ないし女官総監)の地位に就いた。

ポリニャック伯爵夫人は夫のポリニャック伯爵ジュールともども国王夫妻の友人として権勢をほしいままにし、1782年にジュールは初代ポリニャック爵に陞爵した。ポリニャック家には年金および下賜金として年間50万リーヴル、後には70万リーヴルもの大金が与えられた。同様に、マリー・テレーズルイ=シャルルら国王子女の養育係に就いた。

しかし1789年、フランス革命が起きると、その他の貴族同様に亡命を余儀なくされ、ポリニャック公爵夫人は国王夫妻を真っ先に見捨てた恰好でスイスを経てオーストリアに亡命した。しかし、滞在先のウィーンで急死した。


伯爵オノーレ・ミラボーはマリー・アントワネットのポリニャック家への偏愛を苦々しく思い、こんな言葉を皮肉として残している。「ダサス家の家族には国家を救った手柄により1000エキュ、ポリニャック家には国家を滅ぼした手柄によって100万エキュ!!」

子女・系譜[編集]

その他[編集]

  • 漫画『ベルサイユのばら』にフルネーム「ポリニャック伯夫人(マルティーヌ・ガブリエル・ド・ポリニャック)」として登場し、TVアニメ版では少女時代の名は「マルティーヌ・ガブリエル」、結婚後にファーストネームを「シャロン」に変えた人物として登場するキャラクターのモデルである。
  • TVアニメ『ラ・セーヌの星』では、名前だけで登場する人物のモデルである。