ブノワ・ジャコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブノワ・ジャコ
Benoît Jacquot
Benoît Jacquot
2013年
生年月日 (1947-02-05) 1947年2月5日(69歳)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
国籍 フランス
職業 映画監督演出家
ジャンル 映画舞台

ブノワ・ジャコ(Benoît Jacquot、1947年2月5日 パリ - )はフランス映画監督脚本家。助監督として映画界に入り、1975年に映画監督としてデビュー。なお、ブノワ・ジャコーとも表記される。

来歴[編集]

1970年代テレビドキュメンタリーを多く手がけ、1972年マルグリット・デュラスが監督した『ナタリー・グランジェ(女の館)』、1973年には『インディア・ソング』で助監督をつとめる。

1975年に「L'Assassin musicien」で監督としてデビュー。

1989年の『デザンシャンテ』では、主演のジュディット・ゴドレーシュセザール賞の有望若手女優賞にノミネート。1995年の『シングル・ガール』では、主演のヴィルジニー・ルドワイヤンがプラハ国際映画祭最優秀女優賞を獲得している。

2003年にはロイヤル・オペラ・ハウスにて、ジュール・マスネの歌劇《ウェルテル》を演出し、オペラ演出家デビュー。その後、同作がパリ・オペラ座ヨナス・カウフマンソフィー・コッシュ主演で上演され、TV生放送も自身が監督(DVD化の後ブルーレイ化)。以来、両歌劇場のレパートリーとなり、再演を繰り返している。また、2014年にはオペラ座の依頼で、ジュゼッペ・ヴェルディの歌劇《椿姫》を新演出し、ディアナ・ダムラウ主演でTV中継されると共に、ブルーレイ化。これまたレパートリー化されている。

2005年、カンヌ国際映画祭の審査員に選ばれるなど、フランス映画界で広く活動している。

主な監督作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]