貝合わせ (性技)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正常位の貝合わせ
松葉崩しでの貝合わせ

貝合わせ(かいあわせ)は、女性同士性行為の一種。対義語は兜合わせ

概要[編集]

貝殻に見立てた女性器同士を直接擦り合わせる性行為を指す。双頭ディルドペニスバンドを介して行う結合行為とは異なる。反対に、男性器同士で行う性行為を兜合わせという。

男女間の性行為やディルド・ペニスバンドを使用した場合のような感覚とは違うが、感度が良く腰使いが上手な女性同士が行った場合、各女性器から溢れる愛液ローションの役割を果たし、その上で性感により硬くなっているクリトリスが擦り合うことで、女性同士のみの快楽を得ることが出来る[要出典]


男女間性行為のような結合は無いため、エクスタシーへの時間は互いの協力と思慕に左右される。

体位は四十八手の「松葉崩し」で行うことが一般的とされるが、これは男性向けポルノで形成された偏見に基づくところが大きい。骨盤の形や女性器の位置には個人差があり、双方が上手く快感を得るのは困難なため、より容易な正常位騎乗位の体勢で行われることが多い。特に正常位で行った場合、乳首同士を合わせる乳首合わせとキスをそれと並行して行うことができるため、より快感を高めることが可能になる。

また、膣口同士を合わせながら互いの膣内に膣分泌液を放出することで、それを交換することができる。混ざり合った粘度の高い二人の膣分泌液が接着剤の役割を果たすことで膣口同士が強固に繋がり、一つの膣道を形成する。こうしてできた膣道を二人の愛液が行き来することで愛液が交換される。こうした行為は、一次的には性的な快楽を得るため、二次的にはお互いの膣壁に膣分泌液を擦り込むことによるマーキングを目的としている。こうすることで互いの膣に互いの匂いをつけあい、結ばれあっているという意識を高めるとともに、他の女性との性行為を避けさせるという意味を持つ。 これは女性同士の性行為は男女のそれと比べて互いに対する独占欲が強いことを示している。 また、こうした行為は精神的に不安定な10代の少女達や、結婚前の女性同士に多く見受けられる。また、男女の性行為と異なり双方向的であるため、精神的な結合感も増幅する。

さらに、双頭ディルドやパンツを用いた、いわゆる間接貝合わせも散見される。すなわち、双方の女性の膣口に挿入した双頭ディルドを一度引き抜き、相手の膣が入っていた側を自分の膣に挿入したり、一方の女性が履いていたパンツを他方が履くことで、物体を介した愛液の交換を行うことができる。

語源[編集]

語源は、貝殻同士を合わせる古来の遊び「貝合わせ」。英語圏では擦り合わせを意味する tribadism(トリバディズム)と呼ばれる。とりわけ交差位は、scissoring(シザリング)と呼ばれる。

なお南方熊楠は、Tribadismの原語であるラテン語トリバスについて、『日刊不二』誌にあった、「「トリバジー(女性同性愛を指す)」の語源は、古代ギリシャにいたトリバスという女性」であるとする説を批判し、「摩り触る」を表す古代ギリシャ語トリベインから発生し、性器のみではなく、口唇以外の手などで相手を愛撫する行為を指す、と言っている(平凡社刊『南方熊楠全集第6巻』 1971年 P61)。

ただ南方は、『根本一切有部苾芻尼毘那耶』18にある、尼僧二人が同じベッドでトリバジーを行い、女役が妊娠、肉塊を出産したが、という話を引き、併せて「19世紀に、ある女性が、以前に男性と肉体関係を持った女性と交接し孕んだ」事例を載せている。(『南方熊楠全集第6巻』 P62)

関連項目[編集]