ロベール・アンリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロベール・アンリコ(Robert Enrico, 1931年4月13日 - 2001年2月23日)は、フランスパ=ド=カレー県出身の映画監督・脚本家。トゥーロンパリで学んだ後、パリのIDHECで映画監督・編集を学んだ。1963年の『美しき人生』でジャン・ヴィゴ賞を、1975年の『追想』でセザール賞作品賞を受賞している。

主な監督作品[ソースを編集]

  • ふくろうの河 La Rivière du hibou (1962)
  • 美しき人生 La Belle vie (1963)
  • 冒険者たち -Les Aventuriers (1967)
  • 若草の萌えるころ Tante Zita (1968)
  • オー! Ho! (1968)
  • ラムの大通り Boulevard du rhum (1971)
  • 暗殺の詩/知りすぎた男どもは、抹殺せよ Le Secret (1974)
  • 追想 Le Vieux fusil (1975)
  • 二つの影の底に Pile ou face (1980)
  • 愛する者の名において Au nom de tous les miens (1983)
  • 夏に抱かれて De guerre lasse (1987)
  • サン=テグジュペリ/星空への帰還 Saint-Exupéry: La dernière mission (1996)

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]