カール13世 (スウェーデン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール13世
Karl XIII
スウェーデン国王ノルウェー国王
Charles XIII of Sweden.jpg
カール13世勲章英語版を身につけているカール13世。カール・フレデリク・フォン・ブレダ画、1811年以降。
在位 1809年6月6日 - 1818年2月5日(スウェーデン)
1814年11月4日 - 1818年2月5日(ノルウェー)
別号 セーデルマンランド公爵

出生 (1748-10-07) 1748年10月7日
死去 (1818-02-05) 1818年2月5日(69歳没)
配偶者 ヘートヴィヒ・エリーザベト・シャルロッテ
王朝 ホルシュタイン=ゴットルプ王朝
父親 アドルフ・フレドリク
母親 ルイーゼ・ウルリーケ・フォン・プロイセン
宗教 ルーテル教会
テンプレートを表示

カール13世スウェーデン語: Karl XIII, 1748年10月7日 - 1818年2月5日)は、ホルシュタイン=ゴットルプ朝最後のスウェーデン王(在位:1809年 - 1818年)。ノルウェー王としてはカール2世(在位:1814年 - 1818年)。スウェーデン王アドルフ・フレドリクの子でグスタフ3世の弟。母は、プロイセン王女ロヴィーサ・ウルリカ

生涯[編集]

ウルリカ・パッシュ英語版による肖像画、1758年。

スウェーデン王アドルフ・フレドリクプロイセン王女ロヴィーサ・ウルリカの次男として、1748年10月7日にストックホルムで生まれた[1]

カール(右)、兄グスタフ3世(左)と弟フレドリク・アドルフアレクサンドル・ロスラン画、1771年。

1772年、兄グスタフ3世クーデターに協力した[1]。1788年にロシア・スウェーデン戦争が勃発すると、スウェーデン海軍提督として指揮を執り、1788年6月17日のフーグランドの海戦英語版と1789年7月26日のオーランドの海戦英語版で戦功を挙げた[1]

1792年にグスタフ3世が暗殺されると、その息子であるグスタフ4世アドルフがスウェーデン王に即位した[1]。このときまでにセーデルマンランド公爵に叙されたカールは摂政を務めたが、実際に政権を握ったのはGustaf Adolf Reuterholmだった[1]。1796年11月にグスタフ4世アドルフが親政すると、カールは影響力を失った[1]

ナポレオン戦争中の1809年3月13日にグスタフ4世アドルフが廃位されると、カールはまず摂政に選出され、ついでカール13世としてスウェーデン王に即位したが、カールはこのときまでに弱っており、1810年にジャン=バティスト・ジュール・ベルナドットがスウェーデンに上陸するとカール13世に代わってスウェーデンを統治した[1]。同年、カールは軍事力回復のため、医学研究の重要性を痛感し、カロリンスカ研究所を設立した[2]

1814年にスウェーデン=ノルウェーの連合が成立すると、カール13世はノルウェー王にも即位した[1]

1818年2月5日に死去[1]、ベルナドットがカール14世ヨハンとしてスウェーデン王に即位した。

家族[編集]

王妃ヘートヴィヒ・エリーザベトとの間に息子カール・アドルフをもうけたが、カール・アドルフは1798年に夭折した[1]

人物[編集]

フリーメイソンだった。プロテスタントのフリーメイソンのみが叙されるスウェーデンの騎士団カール13世騎士団英語版スウェーデン語版を創設した[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Wikisource-logo.svg Bain, Robert Nisbet (1911). "Charles XIII." . In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica (英語). 5 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 931.
  2. ^ 創立200周年を迎えた世界一流の研究機関、カロリンスカ研究所 スウェーデン大使館
  3. ^ Lobkowicz, František (1995). Encyklopedie řádů a vyznamenání (チェコ語). Prague: Libri. p. 171. ISBN 80-901579-9-8
爵位・家督
先代:
グスタフ4世アドルフ
スウェーデン国王
1809年 – 1818年
次代:
カール14世ヨハン
先代:
クリスチャン・フレデリク
ノルウェー国王
1814年 – 1818年