平有盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
平有盛
時代 平安時代末期
生誕 長寛2年(1164年
死没 元暦2年3月24日1185年4月25日)享年22
墓所 赤間神宮七盛塚
官位 従四位下右近衛権少将
主君 安徳天皇
氏族 桓武平氏維衡流(伊勢平氏
父母 平重盛藤原経子
兄弟 維盛資盛清経有盛師盛忠房宗実、その他

平 有盛(たいら の ありもり)は、平安時代末期の平家一門の武将平重盛の四男。母は正室藤原経子

異母兄の資盛に従い、三草山の戦いに参戦。源義経に敗れた後は、屋島の平家本陣に落ち延びた。最後は壇ノ浦の戦いにおいて、資盛、従兄の行盛と三名で手を取り合い、海中に身を投じた。享年22。

伝説[編集]

奄美群島には資盛、行盛、有盛が落ち延びたという平家の落人伝説がある。行盛神社有盛神社、資盛の大屯神社が祀られ、特に平安文化が融合した諸鈍シバヤは重要無形民俗文化財に指定されている。

また、香川県観音寺市大野原町五郷有木に、平有盛が有木と名を変えて暮らしていた平家落人村があったことが、生駒記「新編丸亀市史4資料編:平成六年刊行」に記載されており、太刀や木造阿弥陀如来座像も残されている。

関連項目[編集]