赤間神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤間神宮
赤間神宮
鳥居と水天門
所在地 山口県下関市阿弥陀寺町4-1
位置 北緯33度57分35.0秒
東経130度56分54.5秒
座標: 北緯33度57分35.0秒 東経130度56分54.5秒
主祭神 安徳天皇
社格 官幣大社・別表神社
創建 貞観2年(859年
例祭 5月2日 - 4日(先帝祭)
10月7日
地図
赤間神宮の位置(山口県内)
赤間神宮
赤間神宮
テンプレートを表示

赤間神宮(あかまじんぐう)は、山口県下関市にある神社である。旧社格官幣大社壇ノ浦の戦いにおいて幼くして亡くなった安徳天皇を祀る。

江戸時代までは安徳天皇御影堂といい、仏式により祀られていた。平家一門を祀る塚があることでも有名であり、前身の阿弥陀寺は『耳なし芳一』の舞台であったが、廃仏毀釈により神社となり現在に至る。

歴史[編集]

貞観元年(859年)に阿弥陀寺として開闢。

文治元年(1185年)の壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇の遺体は現場付近では発見できなかったが、赤間関(下関)に建久2年(1191年)、勅命により御影堂が建立され、建礼門院ゆかりの尼を奉仕させた。以後、勅願寺として崇敬を受ける。

明治神仏分離により阿弥陀寺は廃され、神社となって「天皇社」と改称した。また、歴代天皇陵の治定の終了後、安徳天皇陵は多くの伝承地の中からこの安徳天皇社の境内が明治22年(1889年7月25日、「擬陵」として公式に治定された。天皇社は明治8年(1875年10月7日赤間宮に改称し、官幣中社に列格した。昭和15年(1940年8月1日、官幣大社に昇格し赤間神宮に改称した。

第二次大戦により社殿を焼失し、昭和40年(1965年)4月に新社殿が竣工した。

昭和60年(1985年)、源平八百年を期に全国平家会が設立され、石川県輪島市にある平時忠の子孫「時国家」に御分霊が親授された。その際に邸内社が建立され「能登安徳天皇社[1]」の称号が授与された。

境内[編集]

文化財[編集]

重要文化財

画像[編集]

年中行事[編集]

  • 平家雛流し神事(3月上旬)
  • 先帝祭(5月2日 - 4日) - 安徳天皇の命日に行われる。2日は平家落人の子孫らで組織される全国平家会の参列のもと御陵前での神事を始め、平家一門追悼祭などがある、3日は豪華絢爛な外八文字道中の他、唐戸から壇ノ浦付近の海上での「源平船合戦」などが行われる。(詳細は「先帝祭」参照)
  • 耳なし芳一琵琶供養祭(7月15日
  • うに供養祭(10月中旬)
  • 秋季例大祭(10月7日
  • しめなわ祭(12月10日

交通[編集]

サンデン交通「赤間神宮前」バス停下車

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連図書[編集]

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、2頁
  • 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、6頁
  • 上山春平他『日本「神社」総覧』新人物往来社、1992年、244-245頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]