京都劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都劇場
Kyoto-Gekijo
Kyoto Theater.JPG
情報
旧名称 京都シアター1200
京都駅ビル劇場・シアター1200
開館 1997年
設備 飲食店売店
用途 劇団四季をはじめとする演劇ミュージカルなどの公演
所在地 600-8212
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路901
京都駅ビル
位置 北緯34度59分09秒 東経135度45分37秒 / 北緯34.985937度 東経135.760162度 / 34.985937; 135.760162
アクセス #所在地と交通を参照
公式サイト 京都劇場
テンプレートを表示

京都劇場(きょうとげきじょう)は、京都府京都市下京区京都駅構内にある劇場である。

概要[編集]

京都駅ビル東ゾーンに入居しており、劇団四季ミュージカルなどを上演している。

1997年の駅ビル開業と同時に日本初の駅ビル内劇場「京都シアター1200」として開場した。同時にジャニーズ事務所吉本興業などの共同出資により運営会社「シアターアーツ1200」が設立され、主に前者による公演が行われていたが、1999年に上記各社が経営から撤退したことにより同社は解散となったのち、駅ビル運営会社の「京都駅ビル開発」の直営により「京都駅ビル劇場・シアター1200」の名称で貸館として運営されていた。

その後、以前からJRグループと関係の深かった劇団四季のアドバイスにより2001年夏から大幅な改装を行い、2002年1月に現在の名前で改めて開場した。こけら落とし公演は『オペラ座の怪人』であったが、当初は半年間だった公演予定期間は好評のため1年以上に延長された。また、2010年10月31日の劇団四季公演『春のめざめ』において、再開場以来の累計来場者数が200万人となった。

改装後は劇団四季のみが公演を行っているが専用劇場ではないため、公演のみを行っている。劇場内の販売窓口(チケットボックス)では当日券のみの取り扱いとなっており、他劇場の公演を含む前売券は隣接するチケットぴあでの販売となっている。なお、客席数は上演作品によって異なる。

2002年のこけら落とし公演以降劇団四季が通年公演を行っていたが、2012年10月の『桃次郎の冒険』千秋楽を以て通年公演を終了し、今後は公演できるタイミング毎に当劇場を借りて公演を行う形式に変更された[1]。以降は劇団四季以外の演劇・コンサートも行われるようになっている。

館内施設[編集]

[2] ※個別店舗(飲食店)の詳細は、公式サイトなどを参照。

1階および2階にあるラッチ(劇場入口)外のエントランス周辺には、複数の飲食店のほか、劇団四季のチケットボックスや、前売券などを発券できる「チケットぴあ」が設置されている。なお、かつては手塚治虫にちなんだ展示施設「KYOTO手塚治虫ワールド」が入居していたが、2011年1月をもって閉館している[3]

ラッチ内には客席(2階構造)のほか、軽食を販売するビュッフェやクローク・コインロッカーおよび、プログラムやグッズ販売コーナー、愛好者向け団体(四季の会)カウンターといった観劇に関する付帯サービスが配置されている。

劇団四季上演記録[編集]

所在地と交通[編集]

備考[編集]

2000年頃まで中京区河原町三条に東映封切館として存在していた同名の映画館(現在の京劇ボウル)とは無関係である。

脚注[編集]

  1. ^ 劇団四季の「京都劇場」での公演活動について - 劇団四季公式サイト(2012年9月27日閲覧)[リンク切れ]
  2. ^ 施設案内 - 京都劇場(2012年2月12日閲覧)
  3. ^ 京都手塚治虫ワールド 閉館のお知らせ - 手塚プロダクション(2010年12月22日付、2012年2月12日閲覧)
  4. ^ JR京都駅から(アクセス) - 京都劇場(2012年2月12日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]