倉敷ステーション開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
倉敷ステーション開発株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
710-0055
岡山県倉敷市阿知一丁目1-1
設立 1983年昭和58年)9月
業種 サービス業
事業内容 ホテル倉敷ルブランの運営
代表者 代表取締役社長:吉田 憲司
資本金 3億2千万円
発行済株式総数 32,000株
従業員数 20人
主要株主 JR西日本 (99.1%)
テンプレートを表示

倉敷ステーション開発株式会社(くらしきステーションかいはつ)は、JR西日本グループの会社としてかつて岡山県倉敷市に本社を置き存在していた日本の企業。

西日本旅客鉄道(JR西日本)の子会社連結子会社[1]

概要[編集]

ホテル倉敷とショッピングセンターのルブランを運営する会社として設立された。

しかし、昨今の景気低迷、倉敷チボリ公園閉園、テナントの撤退などが重なり、2009年(平成21年)度には債務超過に陥った。そのため、2010年4月6日、同社は解散すると発表された[2][3]

ホテル倉敷は2010年11月30日をもって営業終了し、ルブランも2010年12月31日をもって全館営業終了した。

現在は、同じくJR西日本グループの山陽SC開発株式会社さんすて倉敷を運営している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年3月期 有価証券報告書 (PDF)”. JR西日本 (2009年6月25日). 2011年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月8日閲覧。
  2. ^ “倉敷ステーション開発株式会社の解散について” (プレスリリース), JR西日本, (2010年4月6日), オリジナルの2010年4月11日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100411021243/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174783_799.html 2010年5月8日閲覧。 
  3. ^ 倉敷ステーション開発株式会社の解散について”. JPubb. レッドクルーズ (2010年4月6日). 2013年5月13日閲覧。
  4. ^ “駅ビル再出発 さんすて倉敷開業 ファッションや飲食20店出店”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2015年4月27日). http://www.sanyonews.jp/article/166090/1/ 2018年9月22日閲覧。 

関連項目[編集]