この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ヴィアイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィアイン広島

ヴィアイン(VIA INN)は、ジェイアール西日本デイリーサービスネットとJR西日本ヴィアインが運営するビジネスホテルチェーン。

概要

コンパクトにまとめられた客室で、比較的リーズナブルな料金で、必要最低限にして充分なサービスを提供しているのが特徴で、いわゆる宿泊特化型(B&B)のホテルである。

JR西日本グループである特性を最大限に生かし、駅から至近 若しくは ほぼ駅に隣接するような至便な場所に店舗を構える良好な立地条件が特色の一つでもある。地場の主要駅での展開を進める一方、JRグループ他地区に進出するのは前例がない中、2009年にはJR西日本エリア外である関東地方に進出し、その後も相次いで都内に新規開業している。また、2013年7月には東海地方[1]、2019年6月には九州地方にそれぞれ初出店している[2]

2017年4月開業のヴィアインあべの天王寺以降の新規ホテルは、一部のホテルがジェイアール西日本デイリーサービスネットの100%子会社であるJR西日本ヴィアインの運営となっている。また、これ以前に開業した一部のホテルについてもジェイアール西日本デイリーサービスネットからJR西日本ヴィアインへ運営を移管した結果、現在は半数以上のホテルがJR西日本ヴィアインの運営となっている。

民鉄会社のグループ企業が運営するビジネスホテルにコンセプト(サービス内容・沿線外進出など)が近い。(当該各ホテルについては、下記 関連項目欄 参照)

なお、運営するジェイアール西日本デイリーサービスネットはJR西日本の連結子会社、JR西日本ヴィアインは前述の通りジェイアール西日本デイリーサービスネットの100%子会社であるが、ホテルグランヴィア等を運営するJR西日本ホテルズと、JRホテルグループには属していない。ただし、JR西日本ホテルズとの共同キャンペーンを行うことはある。

店舗

※ホテル名後ろに★のあるものは開業時からJR西日本ヴィアインが運営、☆があるものはジェイアール西日本デイリーサービスネットからJR西日本ヴィアインへ運営が移管されたホテル、●があるものはジェイアール西日本デイリーサービスネット・JR西日本ヴィアイン以外が運営[3]、無印はジェイアール西日本デイリーサービスネットが運営。

  • 関東地方
    • ヴィアイン東京大井町☆ (509室) - 地場不動産会社のかんべ土地建物株式会社が建設した「かんべ土地K-7」ビルを一棟借りしている。
    • ヴィアイン秋葉原☆ (284室)
    • ヴィアイン新宿☆ (226室)
    • ヴィアイン東銀座☆ (297室)
    • ヴィアイン浅草● (190室) - 旧:ブルーウェーブイン浅草
    • ヴィアイン飯田橋後楽園★(295室)
  • 北陸・東海地方
    • ヴィアイン金沢☆ (206室)
    • ヴィアイン名古屋新幹線口☆ (238室)
    • ヴィアイン名古屋駅前椿町(249室)
  • 近畿地方
    • ヴィアイン京都四条室町☆ (239室)
    • ヴィアイン京都駅八条口 (468室)
    • ヴィアイン新大阪☆ (228室)
    • ヴィアイン新大阪ウエスト☆ (435室)
    • ヴィアイン心斎橋☆ (205室)
    • ヴィアイン姫路☆ (210室)
    • ヴィアイン心斎橋長堀通☆ (150室) - 旧:ブルーウェーブイン四ツ橋
    • ヴィアインあべの天王寺★(172室)
    • ヴィアイン梅田(217室)
    • ヴィアイン新大阪駅正面口(88室)
    • ヴィアイン心斎橋四ツ橋 (224室)
  • 中国地方
    • ヴィアイン岡山☆ (251室)
    • ヴィアイン広島● (253室)
    • ヴィアイン下関● (198室)
    • ヴィアイン広島銀山町● (156室) - 旧:ブルーウェーブイン広島
  • 九州地方
    • ヴィアイン博多口駅前 (205室)

沿革

  • 1996年平成8年)3月 - ヴィアイン下関が開業。
  • 1998年(平成10年)7月 - ヴィアイン新大阪が開業。
  • 2001年(平成13年)3月 - ヴィアイン新大阪ウエストが開業。
  • 2002年(平成14年)10月 - ヴィアイン姫路が開業。
  • 2004年(平成16年)4月 - ヴィアイン広島が開業。
  • 2005年(平成17年)
    • 11月30日 - 構造計算書改竄が判明したため、ヴィアイン姫路が営業を休止。
    • 12月5日 - 構造計算書改竄が判明したため、ヴィアイン新大阪ウエストが営業を休止。
  • 2006年(平成18年)12月26日 - 改修工事完了により、ヴィアイン姫路が営業を再開。
  • 2007年(平成19年)
    • 1月30日 - 改修工事完了により、ヴィアイン新大阪ウエストが営業を再開。
    • 4月15日 - ヴィアイン京都四条室町が開業。
    • 6月27日 - ヴィアイン金沢が開業。
  • 2009年(平成21年)7月1日 - ヴィアイン東京大井町が開業。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月18日 - ヴィアイン秋葉原が開業。
    • 4月29日 - ヴィアイン心斎橋が開業。
  • 2012年(平成24年)
    • 2月8日 - ヴィアイン新宿が開業。
    • 3月8日 - ヴィアイン東銀座が開業。
    • 10月29日 - ヴィアイン岡山が開業。
  • 2013年(平成25年)7月19日 - ヴィアイン名古屋新幹線口が開業。
  • 2014年(平成26年)6月1日 - ヴィアイン浅草、ヴィアイン心斎橋長堀通、ヴィアイン広島銀山町(いずれも、ブルーウェーブインからのリブランド)が開業。
  • 2017年(平成29年)
    • 4月27日 - ヴィアインあべの天王寺が開業
    • 8月3日 - ヴィアイン梅田開業。
  • 2018年(平成30年)
    • 7月10日 - ヴィアイン新大阪駅正面口開業。
    • 8月1日 - ヴィアイン名古屋駅前椿町開業。
    • 9月5日 - ヴィアイン飯田橋後楽園開業。
  • 2019年(平成31年)4月27日 - ヴィアイン京都駅八条口がプレオープン[2]
  • 2019年(令和元年)
    • 5月30日 - ヴィアイン京都駅八条口が開業[2]
    • 6月5日 - ヴィアイン博多口駅前が開業[2]
    • 7月1日 - ヴィアイン心斎橋四ツ橋が開業[2]
    • 8月29日 - ヴィアイン日本橋人形町が開業(予定)[4]
  • 2020年(令和2年)春 - ヴィアイン広島駅新幹線口(仮称)開業、これに伴い、ヴィアイン広島は閉館に(予定)[5]

関連項目

JRグループ他社が手がけるビジネスホテル
大手私鉄のグループ企業運営の宿泊特化型ビジネスホテル

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ ホテルヴィアイン名古屋新幹線口開業のお知らせ西日本旅客鉄道プレスリリース 2013年3月26日
  2. ^ a b c d e “「ヴィアイン京都駅八条口」4月27日(土曜日)プレオープン決定” (プレスリリース), 株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット、JR西日本ヴィアイン, (2019年3月20日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/03/page_14038.html 2019年4月1日閲覧。 
  3. ^ ヴィアイン広島とヴィアイン下関は早鞆商事が運営し、ヴィアイン浅草とヴィアイン広島銀山町はジェイアール西日本ホテル開発がフランチャイズホテルとして運営。
  4. ^ “「ヴィアイン日本橋人形町」開業決定のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット、JR西日本ヴィアイン, (2019年5月9日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/05/page_14230.html 2019年7月16日閲覧。 
  5. ^ “「ヴィアイン広島新幹線口(仮称)」開発について” (プレスリリース), JR西日本不動産開発株式会社、株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット, (2018年9月7日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/09/page_13014.html 2018年9月25日閲覧。 

外部リンク