金沢百番街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金沢百番街
Kanazawa 100bangai
Kanazawa-STA Kanazawako-entrance.jpg
JR金沢駅西口ビル(あんと 西)
店舗概要
所在地 石川県金沢市木ノ新保町1-1
開業日 1991年平成3年)3月20日[1]
施設所有者 金沢ターミナル開発
施設管理者 金沢ターミナル開発
商業施設面積 7,016 m²
営業時間 Rinto:10:00-20:00
あんと:
(ショッピング)8:30-20:00
(お食事)11:00-22:00
あんと 西:7:00-23:00
前身 金沢ステーションデパート
外部リンク https://www.100bangai.co.jp/
金沢百番街
テンプレートを表示

金沢百番街(かなざわひゃくばんがい)は、石川県金沢市木ノ新保町にある金沢駅高架下を利用した複合商業施設

合計で100店舗を超えるテナントが集積している。西日本旅客鉄道(JR西日本)の子会社である金沢ターミナル開発の運営により[2][3]1991年平成3年)3月20日に開業した[1]

概要・歴史[編集]

金沢百番街の前身は、1953年昭和28年)10月に金沢駅の地下で開業した「金沢ステーションデパート」である[1]。開業当初は44店舗で構成されていた。

1980年(昭和55年)に着手した[4]、金沢駅および駅周辺の高架化事業進行に伴い、金沢ステーションデパートも閉店。1990年平成2年)6月5日[5][6]に高架化事業が完成した翌年の3月20日に、これまでの金沢ステーションデパートを一新し、新たな商業施設として開業した[1][5][7]。施設名の百番には、加賀百万石、開業当初の店舗数115店、来店客から100点満点をもらえる施設にしたいことがそれぞれ由来となっている[1]

開業時は金沢の伝統文化をテーマにした「かなざわ館」とファッションの「トレンド館」の構成となっていたが、2011年[1](平成23年)3月3日に「トレンド館」を「Rinto」(リント)[5][8]2014年[1](平成26年)に「かなざわ館」を「あんと」としてそれぞれリニューアルしている[9]。また、2007年(平成19年)5月26日にJR金沢駅西ビルの完成に伴い、「くつろぎ館」(現在の「あんと西」)が開業している[5][10]

各ゾーン[編集]

Rinto[編集]

Rinto入口

Rinto(高架下北部) - ファッションや書籍関連の店舗など

元は在来線高架下北部にファッションショップが中心の「トレンド館」があったが[1]2006年(平成18年)11月2日に隣にファッションビル「金沢フォーラス」が開業し[11]、売り上げが減少したこともあって[8]、「トレンド館ありがとう閉館セール」を行ったうえで、2010年(平成22年)10月31日に閉館した[12]

2011年(平成23年)3月3日に、前述の「トレンド館」をリニューアルし「Rinto」として開業した[5][8]。「Rinto」とは「凛と」という言葉を意味し、新装開業時には売り場面積約3,500m2に41店舗が入居した[8]

あんと[編集]

あんと

あんと(高架下南部) - 伝統工芸品や和菓子の店舗、飲食店、郵便局など

1997年3月20日に新幹線高架下南部に飲食店中心の「あじわい館」が開業し、同時に在来線高架下南部にあったお土産店中心の「かなざわ館」が「おみやげ館」に改称した[13]。両館を改装して2014年(平成26年)7月17日に「あんと」として開業した[9]

あんと 西[編集]

あんと 西(金沢駅西口ビル) - ビジネスホテル食品スーパー医療機関など

2007年(平成19年)5月26日、金沢駅西口に新たに商業ビルがオープンし、名称を「くつろぎ館」とした[10]。同ビルには石川県第1号店となるドラッグストアマツモトキヨシ[10]、ビジネスホテル「ヴィアイン金沢[10]スーパーマーケットなども出店した。2017年(平成29年)4月1日「あんと 西」に改称。1階から4階までが商業施設であり、5階から8階まではヴィアインの客室となっている(フロントは3階にある)。

2020年令和2年)6月24日に1階から3階までの飲食スペースを、「百番キッチン」としてリニューアルした[14]

主なテナント[編集]

現在のテナントの詳細は、公式サイトの店舗検索あるいはフロアガイドを参照。

かつて出店していたテナント
  • 100banマート
  • 金澤ちとせ珈琲百番街店
    • 1953年に前身の店舗が金沢ステーションデパート開業時にオープンし、1991年に金沢百番街に入って百番街店となった[18]。コロナ禍による駅利用客の減少を受けて2021年8月31日に閉店[18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h “【石川】「百番街」30年 駅ナカの歩み 金沢ステーションデパート前身”. 北陸中日新聞Web. (2021年3月26日). オリジナルの2021年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210328105154/https://www.chunichi.co.jp/article/224558 2021年7月16日閲覧。 
  2. ^ “金沢・福井駅の商業施設 営業短縮 新型コロナ対策”. 日本経済新聞. (2020年3月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56385680U0A300C2LB0000/ 2021年7月16日閲覧。 
  3. ^ “金沢百番街新装オープン あんとにスイーツ、リントにタピオカ店”. 北國新聞. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321123635/https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/360765 2021年7月16日閲覧。 
  4. ^ 『北國新聞に見るふるさと110年(下)』北國新聞社、2003年8月5日、226頁。 
  5. ^ a b c d e 朝日 2012, p. 10.
  6. ^ 北國 2019, p. 68.
  7. ^ 北國 2019, p. 78.
  8. ^ a b c d JR金沢駅の金沢百番街「トレンド館」が全面改装-「リント」として開業”. 金沢経済新聞 (2011年3月17日). 2021年7月16日閲覧。
  9. ^ a b 金沢駅「百番街」土産・飲食ゾーンが刷新-新名称は「あんと」”. 金沢経済新聞 (2014年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  10. ^ a b c d JR金沢駅西口ビル・金沢百番街「くつろぎ館」が開業”. 金沢経済新聞 (2007年5月26日). 2021年7月16日閲覧。
  11. ^ 北國 2019, p. 239.
  12. ^ 金沢百番街「トレンド館」、今月末で閉館-来春、新装開店へ”. 金沢経済新聞 (2010年10月29日). 2021年7月16日閲覧。
  13. ^ 「来月20日に開業 北陸新幹線 金沢駅高架下の公共 商業施設<ふれあい館>、<あじわい館> JR西日本・金沢支社」『北國新聞』1997年2月7日付夕刊6面。
  14. ^ “【石川】百番街の新たな顔に あんと西、Rinto新装”. 北陸中日新聞Web. (2020年6月25日). https://www.chunichi.co.jp/article/77954 2021年7月16日閲覧。 
  15. ^ a b “金沢駅のスーパー存続 100banマート 百番街が直営 「駅ナカ」空洞化回避”. 北國新聞 (北國新聞社): p. 5[要ページ番号]. (2014年2月19日) 
  16. ^ “東京ストアー民事再生法申請、他地域からの参入が打撃”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. [要ページ番号]. (2013年1月19日) 
  17. ^ “金沢百番街のスーパー、「直営」で再オープン”. 北國新聞 (北國新聞社): p. 5[要ページ番号]. (2014年2月22日) 
  18. ^ a b 金沢駅憩いの場 68年の歴史に幕 ちとせ珈琲百番街店 あす閉店 中日新聞、2021年9月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『週刊JR全駅・全車両基地 18 北陸本線②(森本〜米原) 越美北線』朝日新聞出版、2012年12月9日。 
  • 『北國新聞で見る平成いしかわの30年』北國新聞社、2019年8月5日。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]