JR西日本中国交通サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西日本旅客鉄道 > JR西日本交通サービス > JR西日本中国交通サービス
株式会社JR西日本中国交通サービス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
732-0056
広島県広島市東区上大須賀町16番1号
北緯34度23分59.7秒 東経132度28分23.3秒 / 北緯34.399917度 東経132.473139度 / 34.399917; 132.473139座標: 北緯34度23分59.7秒 東経132度28分23.3秒 / 北緯34.399917度 東経132.473139度 / 34.399917; 132.473139
設立 2021年4月1日
業種 サービス業
法人番号 4240001057722
事業内容 駅業務受託
代表者 川端 則安(代表取締役社長[1]
資本金 5,000万円
従業員数 344名(2021年7月1日現在)[2]
主要株主 JR西日本交通サービス 100%
テンプレートを表示

株式会社 JR西日本中国交通サービス(ジェイアールにしにほんちゅうごくこうつうサービス)は、広島県広島市東区に本社を置く、西日本旅客鉄道グループ会社JR西日本交通サービス子会社連結子会社)。

概要[編集]

近畿エリアで駅業務を受託するJR西日本交通サービスの子会社として、2021年4月1日に新たに設立した。主に中国地方福岡県JR西日本の駅業務を受託し、それに付随する研修業務なども扱うとした[3]

長年、中国地方福岡県JR西日本営業エリアでは、支社(岡山米子広島福岡)毎に同社子会社のJR西日本メンテックグループ(以下、メンテックと表記)の4社が、清掃業務・入換業務のほか駅業務も受託して幅広く業務を行ってきたが、2021年7月1日付でグループ会社の再編が実施されることになった。

この会社再編により、メンテック4社のJR西日本岡山メンテックJR西日本米子メンテックJR西日本広島メンテックJR西日本福岡メンテックが合併してJR西日本中国メンテックが発足した。合併後は清掃業務・入換業務を主体に行うため、駅業務は同日から当社に移管された[4]

但し、JR西日本宮島フェリーの改札・窓口業務と福岡市地下鉄箱崎線駅業務は当社に移管されず、JR西日本中国メンテックに継承された[5]。 また、旧広島・米子各メンテックが受託していた山陰本線の各駅は、駅営業体制の変更(再直営化・無人化)がメンテック4社合併までに順次実施され、業務移管の対象外となった。

2021年7月1日の業務移管時点では、まだ公式ウェブサイトが開設されていない。

沿革[編集]

企業全般[編集]

  • 2021年令和3年)
    • 4月1日 - 中国エリア(岡山、広島、山口、福岡)の駅業務を受託する会社として、JR西日本交通サービス100%出資の「株式会社JR西日本中国交通サービス」が設立される。資本金は5000万円[3]。初代社長には親会社のJR西日本交通サービスの前代表取締役社長でもある、酒井俊臣が就任[3]
    • 6月24日 - 2代目社長に、前JR西日本広島メンテック代表取締役社長の川端則安が就任[1]
    • 7月1日 - 同日付で合併した旧メンテック4社のうち、旧米子メンテックを除く3社の駅業務が移管され受託開始[3][4]

駅事業詳細(駅業務、忘れ物センター・案内所)[編集]

月日 受託開始駅 備考 受託終了駅 理由・備考
2021年
令和3年)
7月1日 旧岡山・広島・福岡メンテックの受託駅全駅[注 1] 業務移管[4]
中庄駅

業務内容[編集]

事務所[編集]

  • 本社 - 広島市東区上大須賀町16番1号

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]