鳳真由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳳 真由(おおとり まゆ、4月26日生)は、元宝塚歌劇団花組の男役。

東京都小平市明星中学校・高等学校出身。公称身長168.5cm。愛称は「ふじP」「まゆ」「マヨ」。

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台作品[編集]

  • 2006年3月、『スカウト』(バウ)ウォレス
  • 2006年6月、『ファントム』新人公演:従者(本役:夕霧らい
  • 2007年2月、『明智小五郎の事件簿 -黒蜥蜴-』新人公演:客(男)(本役:紫峰七海)/『TUXEED JAZZ』
  • 2007年7月、『ハロー!ダンシング(花組)』(バウ)
  • 2007年11月、『アデュー・マルセイユ』新人公演:ミシェル(本役:朝夏まなと)/『ラブ・シンフォニー』
  • 2008年2月、『蒼いくちづけ』(バウ)ジョナサン・ハーカー/ジョニー・アイドル
  • 2008年5月、『愛と死のアラビア』新人公演:アル・マリク(本役:華形ひかる)/『Red Hot sea』
  • 2008年9月、『外伝ベルサイユのばら -アラン編-』ピエール・ジャン/『エンター・ザ・レビュー』(全国ツアー)
  • 2009年1月、『太王四神記 -チュシンの星のもとに-』新人公演:ヨン・ホゲ(本役:大空祐飛
  • 2009年5月、『哀しみのコルドバ』マリオ/『Red Hot SeaⅡ』(全国ツアー)
  • 2009年7月、『ME and MY GIRL』(梅田芸術劇場)電報配達の男
  • 2009年9月、『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-』衛兵隊、新人公演:フェルゼン(本役:真野すがた)/『EXCITER!!』
  • 2010年1月、『BUND/NEON 上海 -深緋(こきあけ)の嘆きの河(コキュートス)-』(バウ)森下和雄
  • 2010年3月、『虞美人 -新たなる伝説-』曹参、新人公演:項羽(本役:真飛聖) *新人公演初主演
  • 2010年7月、『麗しのサブリナ』ビリー、新人公演:デイヴィッド・ララビー(本役:壮一帆)/『EXCITER!!』
  • 2010年11月、『CODE HERO/コード・ヒーロー』(バウ・東京特別)ジュニア
  • 2011年2月、『愛のプレリュード』ジョージ・ウェルス、新人公演:ジョセフ・バークレー(本役:壮一帆)/『Le Paradis!!(ル パラディ) -聖なる時間(とき)-』
  • 2011年5月、壮一帆ディナーショー『Bright-ブライト-』 
  • 2011年6月、『ファントム』従者、新人公演:ファントム(エリック)(本役:蘭寿とむ) *新人公演主演
  • 2011年10月、『小さな花がひらいた』菊二/『ル・ポアゾン 愛の媚薬』(全国ツアー)
  • 2012年1月、『復活』新人公演:ネフリュードフ公爵(本役:蘭寿とむ)/『カノン』 *新人公演主演
  • 2012年5月、『近松・恋の道行』(宝塚バウホール・日本青年館)幾松
  • 2012年7月、『サン=テグジュペリ-『星の王子さま』になった操縦士(パイロット)-』マックス/『CONGA!!(コンガ)』
  • 2012年11月、『Victorian Jazz』(バウ)アーサー・コナン・ドイル
  • 2013年2月、『オーシャンズ11』リビングストン・デル
  • 2013年6月、『戦国BASARA-真田幸村編-』(東急シアターオーブ)宇佐美定満
  • 2013年8月、『愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-』ファビアン/『Mr. Swing!』
  • 2013年12月、蘭寿とむディナーショー『T-ROAD』
  • 2014年2月、『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-』司会者、ブリマー(2役)/『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』
  • 2014年6月、『ベルサイユのばら - フェルゼンとマリー・アントワネット編 -』(中日)ジェローデル
  • 2014年8月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』シュテファン
  • 2015年1月、『風の次郎吉 ―大江戸夜飛翔―』(シアタードラマシティ・日本青年館)石川一馬
  • 2015年3月、『カリスタの海に抱かれて』クラウディオ・カレーラ/『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』 
  • 2015年10月、『新源氏物語』左馬頭/『Melodia -熱く美しき旋律-』
  • 2016年2月、『For the people —リンカーン 自由を求めた男—』(シアター・ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)ウィリアム・ハーンドン
  • 2016年4月、『ME AND MY GIRL』セドリック・パーチェスター/ランベス・キング(役替わり) *退団公演

脚注[編集]

  1. ^ スカイ・ナビゲーターズ 第2期生”. TAKARAZUKA SKY STAGE. 2013年6月12日閲覧。