天華えま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天華 えま(あまはな えま、8月28日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役スター。

滋賀県近江八幡市[1][2]近江兄弟社高等学校出身[1][2]。身長171cm[1]。愛称は「ぴーすけ」、「えりか」、「ペン」[1][2]

来歴[編集]

2010年、宝塚音楽学校入学。

2012年、宝塚歌劇団に98期生として入団[3][4]。入団時の成績は3番[3]宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台[3]

2013年、組まわりを経て星組に配属[3][4]

2016年、北翔海莉妃海風トップコンビ退団公演となる「桜華に舞え」で、新人公演初主演[5][6]

2017年、紅ゆずる綺咲愛里トップコンビ大劇場お披露目となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、2度目の新人公演主演[7][4]

2018年の「ANOTHER WORLD」で3度目の新人公演主演[8][9]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2012年4 - 5月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス』(宝塚大劇場のみ)

組まわり[編集]

星組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2016年7月、『宝塚巴里祭2016』[10]
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年4 - 5月、轟悠ディナーショー『Yū 35, A new world』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、106頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e <華宝塚>役を掘り下げて成長 天華えま(星組) 東京新聞。
  3. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 124.
  4. ^ a b c d e f 吉本新喜劇大好き「茂造じいさん」参考に/天華えま”. 日刊スポーツ. 2018年4月26日閲覧。
  5. ^ a b 星組天華えま「放心状態です」新人公演初主演に感涙”. 日刊スポーツ. 2016年9月13日閲覧。
  6. ^ a b 宝塚星組新人公演 天華えまが初主演で涙「出し切った感があった」”. スポーツニッポン. 2019年5月22日閲覧。
  7. ^ a b 天華えま「ドーンといったらええねん」に救われた”. 日刊スポーツ. 2019年5月22日閲覧。
  8. ^ a b “宝塚星組・天華えまが“あの世”で3度目センター快演「御霊の触れ合いを感じて幸せ」”. スポーツ報知. (2018年5月15日). https://hochi.news/articles/20180515-OHT1T50112.html 2019年10月10日閲覧。 
  9. ^ a b 天華えま、3度目の新人公演主演 宝塚歌劇”. 朝日新聞. 2019年5月22日閲覧。
  10. ^ 宝塚巴里祭2016('16年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。

注釈[編集]

  1. ^ 愛月ひかると役替わり。
  2. ^ 極美慎と役替わり。
  3. ^ 9/19〜千秋楽は休演。代役は蒼舞咲歩が務めた。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]