蔦屋重三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蔦屋 重三郎(つたや じゅうざぶろう、寛延3年1月7日1750年2月13日) - 寛政9年5月6日1797年5月31日))は、江戸時代版元出版人)である。朋誠堂喜三二山東京伝らの黄表紙洒落本喜多川歌麿東洲斎写楽浮世絵などの出版で知られる。「蔦重」ともいわれる。狂歌名を蔦唐丸(つたのからまる)と号し、歌麿とともに吉原連に属した。

人物[編集]

父(丸山氏)は江戸の吉原遊廓の勤め人だったという。寛延3年(1750年)、重三郎も吉原に生まれ、のちに喜多川氏の養子になった。「蔦屋」は喜多川氏の屋号であり、吉原の茶屋といわれる。また、「耕書堂」とも号した。安永2年(1773年)、重三郎は吉原大門の前に書店を開き、はじめは鱗形屋孫兵衛に独占されていた吉原細見(店ごとに遊女の名を記した案内書)の販売、出版から出版業に関わっていった。安永3年(1774年)に遊女評判記『一目千本』、翌安永4年(1775年)に吉原細見『籬の花』を出版している。後に通油町、横山町1丁目、小伝馬町2丁目、浅草並木町、嘉永頃に浅草寺中梅園院地借り市右衛門店に移った。

安永9年(1780年)に売れっ子作家・朋誠堂喜三二の黄表紙を出版したのを手始めに本格的に出版業を拡大。かねてから付き合いのあった狂歌師[1]たちや絵師たちを集め、それまでにない斬新な企画を統括し(現代で言うプロデューサー業)、洒落本や狂歌本などでヒット作を次々に刊行した。天明3年(1783年)には丸屋小兵衛の株を買取り一流版元の並ぶ日本橋通油町に進出、洒落本黄表紙絵本錦絵を出版するようになる。浮世絵では喜多川歌麿の名作を世に送ったほか、栄松斎長喜東洲斎写楽などを育てている。

しかし自由な気風を推し進めていた田沼意次に代わり老中となった松平定信による寛政の改革が始まると、娯楽を含む風紀取締りも厳しくなり、寛政3年(1791年)には山東京伝の洒落本・黄表紙『仕懸文庫』、『錦の裏』、『娼妓絹籭(しょうぎきぬぶるい)』が摘発され重三郎は過料により財産の半分を没収、京伝は手鎖50日という処罰を受けた。

その後も、寛政6年(1794年)には東洲斎写楽の役者絵を出版するなどしていたが、寛政9年(1797年)に48歳で没。脚気であったという。

面倒見がよく、また人の才能を見抜く術を心得ていたといわれている。写楽をはじめ曲亭馬琴十返舎一九など重三郎の世話を受けた人物は数多い。

なお、耕書堂は5代、明治初期まで続いた。

作品[編集]

  • 鳥居清長 「雪月花東風流」
  • 喜多川歌麿 「婦女人相十品」 大判 錦絵揃物 寛政3年頃
  • 喜多川歌麿 「歌撰恋之部」 大判 錦絵揃物 寛政5年頃
  • 栄松斎長喜 「四季美人」 大判 錦絵揃物 寛政中期
  • 東洲斎写楽の版画全作品 寛政6年5月~寛政7年1月
  • 渓斎英泉 「新吉原八景」
  • 歌川広重 「諸国六玉川」
  • 歌川広重 「膝栗毛道中雀」
  • 2代歌川国輝 「東京築地ホテル館」

参考資料[編集]

  • 鈴木俊幸『蔦重出版書目』(日本書誌学大系、1998年、青裳堂書店) - 安永3年(1774年)から没後の天保年間末(1840年代)まで800点以上の書目が挙げられている。
  • 「蔦屋重三郎の仕事」(別冊『太陽』、1995年、平凡社)
  • 佐藤薫「写楽と秋田藩」(伊藤公一大阪大学名誉教授退職記念論集 帝塚山法学)

注釈[編集]

  1. ^ 天明年間は田沼時代とよばれ、江戸市中は潤沢な資金により商人隆盛の豊かな時期が続き、娯楽として狂歌が大流行していた。

関連書籍[編集]

  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、1987年 ※154~155頁
  • 松木寛『蔦屋重三郎 江戸芸術の演出者』日本経済新聞社、1988年 のち講談社学術文庫
  • 小林忠 大久保純一 『浮世絵の鑑賞基礎知識』 至文堂、1994年 ※210頁 
  • 倉本初夫『探訪・蔦屋重三郎 天明文化をリードした出版人』れんが書房新社 1997年
  • 鈴木俊幸『蔦屋重三郎』若草書房、1998年 のち平凡社ライブラリー 
  • 矢嶋道文監修『忠臣蔵蔦屋重三郎 江戸風雲録』文化図書 2011年
  • 増田晶文『稀代の本屋 蔦屋重三郎』草思社 2016年


関連項目[編集]

外部サイト[編集]