朱楽菅江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朱楽 菅江(あけら かんこう、元文5年10月24日1740年12月12日)? - 寛政10年12月12日1799年1月17日))は、江戸時代後期の戯作者狂歌師。大田南畝(おおたなんぽ)、唐衣橘洲(からころもきっしゅう)[1]と共に天明狂歌ブームを築き、狂歌三大家[1]といわれた。別号:朱楽漢江[1]・朱楽館・准南堂[1]・芬陀利華庵。生年は1738年[1]とも。

生涯[編集]

牛込の二十騎町に住む幕臣(御先手与力)で、本名は山崎景貫[1]。通称は郷助。字は道甫。俳号は貫立。筆名はあっけらかんのもじり。菅江を中心としたグループは朱楽連と称した。 安永期には大田南畝と共に洒落本を書き、『売花新駅』、『大抵御覧』、『雑文穿袋』を執筆[1]。その後、川柳の牛込蓬莱連へ入り込み、1780年より『川傍柳』(かわぞいやなぎ)を初篇から5篇まで出版し、様々な方向で活躍していた[1]。 唐衣橘洲の『若葉集』(1783年)に対抗して、大田南畝と共に『万載狂歌集』(1783年)を編んだ[1]。 1785年に『狂言鶯蛙集』を発刊[1]寛政の改革期は和歌風の『狂歌大体』を執筆[1]

家族[編集]

妻のまつも、節松嫁々(ふしまつかか)という号の女流狂歌師として有名である。晩年、朱楽菅江はそのまつに朱楽連の楫取を託した[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館2007年、12頁。ISBN 978-4-09-626607-6