佐藤至子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 至子(さとう ゆきこ、1972年2月29日[1] - )は、日本近世文学研究者、東京大学准教授。

略歴[編集]

千葉県生まれ。 1994年お茶の水女子大学文教育学部国文学科卒業。 1997年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。 2000年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。「合巻の研究」で博士(文学)[2]2001年、「趣向としての当世風景-文政期合巻の一面」などの一連の研究で日本古典文学会賞受賞[3]2000年椙山女学園大学人間関係学部専任講師。 2003年助教授[4]2007年日本大学文理学部准教授。 2013年同教授。 2018年東京大学人文社会系研究科准教授となる。

近世の合巻などが専門[4]

著書[編集]

校訂[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.320
  2. ^ 合巻の研究”. 国立国会図書館. 2012年7月6日閲覧。
  3. ^ 日本古典文学会賞”. トーハン. 2012年7月6日閲覧。
  4. ^ a b 教員情報検索:文理学部 国文学科 佐藤 至子”. 日本大学. 2012年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]