吉原細見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『吉原細見』元文4年
『吉原細見』元文5年
『吉原細見』延享2年刊

吉原細見(よしわらさいけん)は江戸の吉原遊廓についてのガイドブックである。一般的な体裁は店ごとに遊女の名を記したもの。細見売りが遊廓内で売り歩いていた。細見とは案内書のこと。17世紀からあるが、1732年ごろから年2回の定期刊行となり、1880年代まで約160年間にわたって出版されつづけ、『役者評判記』に次いで、日本史上最も長期にわたる定期刊行物とされる[1]

概要[編集]

仮名草子遊女評判記に遊女の名を列挙したものがルーツと考えられる。古いものは貞享年間(17世紀)の吉原細見が知られており、享保頃(18世紀)に盛んになった。1738年元文3年)以降は鱗形屋と山本の2版元が年2回刊行し、1758年までで山本は手を引き、後に蔦屋重三郎が鱗形屋に代わって刊行することになった。

掲載内容は、廓内の略地図、妓楼および遊女の名寄、揚げ代金、茶屋船宿および男女芸者の名寄、年中紋日などであった。

明治時代には写真付きの細見が作られたこともある。

変遷[編集]

柳亭種彦の「高尾年代記」に、「寛永十九年開板の吾妻物語、元吉原の遊女の名寄、後代の細見の類なり」とあり、「吾妻物語」がその最初であるとされる。「吾妻物語」は寛永19年(1642年)6月吉日、京烏丸板屋清兵衛開板、25葉の中本であり、揚屋数合三十六軒、五町よこ町までくつわの家数合百二十五軒と記されている。

明暦の大火1657年)ののち、新吉原に移転した後には万治3年(1660年)9月鱗形屋版の「吉原かがみ」、寛文6年(1666年)板の「吉原根元記」、寛文7年(1667年)板の鱗形屋板の「吉原讃嘲記」、延宝3年(1675年)板の「吉原大雑書」などおびただしい数にのぼるが、この頃は遊女の批評を主としており、のちの細見とは体裁はずいぶん異なる。

従来の評判記仕立ての細見に対して、延宝(1673-1681)頃から1枚摺の細見が行なわれた。それ以来、天和(1681-1684)、貞享(1684-1688)を経て、元禄(1688-1704)には、吉原女郎総名寄に、太夫、太夫格子、散茶、梅茶、五寸局、三寸局、並局の部を立てた。寛永年間には、遊女屋の紋所、家格の合印が記され始めた。この頃の太夫の数は、万治(1658-1661)には新太夫とともに37人揚屋14軒のもの、元禄15年(1702年)開板の「遊里様太鼓」に太夫合5人、太夫格子合99人、その他、惣女郎数合1750余人を記している。揚代金は、元吉原で37匁の太夫が、新吉原移転ののちは昼夜で74匁(2つ割)、太夫格子昼夜52匁(2つ割)、散茶夜のみ金1分、梅茶同じく10匁、五寸局5匁、三寸局3匁の定めであった。

その後、正徳2年(1712年)八文字屋版行の「傾城新色三味線」は冒頭から15葉まで江戸吉原総名寄を記して新味を出した。享保3年(1718年)新吉原仲の町の茶屋蔦屋重三郎は折本仕立の細見を6文で売り出して評判を取り、細見蔦屋の名を高くした。

享保13年(1728年)湯島の相模屋与兵衛が「新吉原細見之図」という小本横綴の細見を発行し、評判を取ったので、大伝馬町の鶴喜、神田相模屋、揚屋町三文字屋なども横綴の細見を発行するようになり、大いに流行した。三文字屋細見は廓内における板行として権威を持った。ここに吉原細見の全盛期を現出した。

横本形式は明和(1764-1772)、安永(1772-1781)頃まで続き、これと並んで小形の竪本が享保15年(1730年)から行なわれ、次第に台頭した。竪本の最初は享保15年開板の「両巴巵言」であると言われ、この様式は安永細見の四六版のものになり、明治時代に続いた。

幕末、明治維新頃から細見の内容は粗雑化し、調査の精密を欠き、妓名を新旧入り乱れて列記するなど、信頼性が著しく低下し、この傾向は明治中期まで続き、明治28年(1895年)11月以降新吉原事務所において発行することとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 「吉原細見」のこと小林勇、神戸親和女子大学附属図書館ニュースVol.13 (Nov. 1, 2003)

外部リンク[編集]

  • 早稲田大学古典籍総合データベース[1]
「吉原細見」で検索すると10数件ヒットし、画像を閲覧することができる。