鈴木俊幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 俊幸(すずき としゆき、1956年 - )は、日本近世文学研究者、中央大学教授。

北海道生まれ。1979年中央大学国文科卒、1985年同大学院博士課程単位取得満期退学。1989年国士舘短期大学国文科専任講師。1992年中大文学部専任講師、1993年助教授、1998年教授。2005年日本出版学会賞、2008年ゲスナー賞、2013年岩瀬弥助記念書物文化賞受賞。近世戯作、書籍文化史が専門。

著書[編集]

  • 『蔦重出版書目』青裳堂書店(日本書誌学大系)1998
  • 蔦屋重三郎』若草書房(近世文学研究叢書)1998
  • 『戯作の華黄表紙の世界』平木浮世絵財団 1999
  • 『一九が町にやってきた 江戸時代松本の町人文化』高美書店(ふるさとライブラリー) 2001
  • 『江戸の読書熱 自学する読者と書籍流通』平凡社選書)2007
  • 『絵草紙屋 江戸の浮世絵ショップ』平凡社選書 2010
  • 『江戸の本づくし―黄表紙で読む江戸の出版事情』2011 (平凡社新書)
  • 『書籍流通史料論序説』勉誠出版 2012
  • 『近世読者とそのゆくえ』平凡社、2017

編纂[編集]

  • 唐来三和桜楓社(シリーズ江戸戯作)1989
  • 『近世書籍研究文献目録』ぺりかん社 1997
  • 『花東頼朝公御入』山東京伝 平木浮世絵財団 1999
  • 『書籍文化史』1-18 私家版 2000-2017
  • 『浸透する教養 江戸の出版文化という回路』編 勉誠出版 2013
  • 『近世・近代初期書籍研究文献目録』編 勉誠出版 2014
  • 『信州松本藩崇教館と多湖文庫』山本英二共編 新典社 2015
  • 『書籍の宇宙 広がりと体系』編 平凡社・シリーズ〈本の文化史〉2015
  • 『出版文化のなかの浮世絵』編 勉誠出版 2017

外部リンク[編集]