CHIHARU (メイクアップアーティスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
矢吹翔から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

CHIHARU(ちはる、4月26日 - )は、ヘアメイクアーティスト。元宝塚歌劇団花組男役。在団中の芸名は、矢吹 翔(やぶき しょう)。

愛知県西春日井郡西春町(当時)出身。身長169cm、血液型B型。

略歴[編集]

小学校の時に「ベルサイユのばら」を見て、タカラジェンヌを志す。

1986年72期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は45人中21番[1]。『レビュー交響楽』で初舞台。同年雪組に配属される。同期生には香寿たつき(元星組トップスター)、紫吹淳(元月組トップスター)、真織由季五峰亜季がいる。

1997年11月、花組へ組替え。

2004年11月21日[1]、『La EsperanzaTAKARAZUKA舞夢!』の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。

退団後は、ヘアメイクアーティスト「CHIHARU」として活動。宝塚歌劇団のポスターや写真集のほか、タレントのヘアメイクも手掛ける。

その他[編集]

芸名の「矢吹 翔」は矢吹本人が、はばたく意味を持つ“翔”の字をつけたかったことが先にあり、その名に合う名字を実母が考えたものだという。

2014年5月19日、NHKの情報番組『あさイチ』において、宝塚100周年に伴う宝塚OGの現在を特集した。そのなかで「矢吹翔」の芸名の由来を『あしたのジョー』の主人公・矢吹丈にあやかったものと紹介された。同日、矢吹本人がTwitterで「事実と違う」と反論した。しかし、一部のファンから「以前、トークショーで『冗談だけど』としながらも“あしたのジョー由来説”を語ったことがあるのでそれを誇張されたのではないか」と指摘され、一部認めた[2]

宝塚時代の主な舞台[編集]

雪組時代[編集]

花組時代[編集]

  • 1997年12月、「ザッツ・レビュー」伝六 *東宝のみ
  • 1998年2月、「ザッツ・レビュー」(中日)伝六
  • 1998年5月、「SPEAKEASY -風の街の純情な悪党たち-/スナイパー -恋の狙撃者-」マシュー
  • 1998年7月、「真矢みきコンサート・Miki in Budokan」
  • 1998年10月、「Endless Love」(バウ・名古屋特別・東京特別)ジェームス
  • 1999年1月、「夜明けの序曲」仁田鶴吉
  • 1999年8月、「タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビュー 99」アントニオ
  • 2000年2月、「タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビューIV」(中日)アントニオ
  • 2000年4月、「源氏物語あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」左大臣
  • 2000年9月、「トム・ジョーンズの冒険」(バウ・東京特別)フィッツ・パトリック
  • 2000年11月、「ルードヴィヒII世/Asian Sunrise」ホルシュタイン伯爵
  • 2001年4月、「マノン」(バウ・東京特別)フェルナンド
  • 2001年7月、「ミケランジェロ/VIVA!レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • 2002年3月、「琥珀色の雨にぬれてCocktail」シャルル・ド・ボーモン伯爵
  • 2002年8月、「あかねさす紫の花/Cocktail」中臣鎌足
  • 2002年10月、「エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-」ツェップス
  • 2003年3月、「おーい春風さん恋天狗」(バウワークショップ)親方/竹庵先生
  • 2003年5月、「野風の笛/レビュー誕生」本多正信
  • 2003年10月、「二都物語」(バウ・東京特別)ドファージュ
  • 2004年1月、「天使の季節/アプローズ・タカラヅカ!」ペペロンチ
  • 2004年5月、「Naked City」(バウ・東京特別)ウィリアム・ウィルソン
  • 2004年8月、「La Esperanza/TAKARAZUKA舞夢!」ギジェルモ *退団公演

書籍[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]