回転木馬 (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュリー役のアイヴァ・ウィザーズ(1947年頃)

回転木馬』(かいてんもくば、Carousel )は、1945年に、リチャード・ロジャースオスカー・ハマースタイン2世によって書かれたブロードウェイミュージカルである。

概要[編集]

原作はモルナール・フェレンツの劇曲『リリオム』。1956年には、20世紀フォックスによって映画化された。初演はトニー賞の創設前であったため、この賞とは縁が無かったが、1993年リバイバル上演され、翌1994年のトニー賞では、最優秀リバイバルミュージカル賞など5つの部門で賞を得た。

日本には1969年宝塚歌劇団雪組により紹介される。1984年に星組が宝塚バウホールで再演。1995年には東宝製作でリバイバル版が帝国劇場他にて上演された。この作品では、男女のバレエダンサーが必要となるが、この日本での公演では李波などトップダンサーがキャスティングされ話題となった。

2009年3月には東京の天王洲銀河劇場にて上演され、メインキャストに笹本玲奈浦井健治ほか。ダンサーには西島千博・中川賢・三木雄馬がキャスティングされている。

2006年頃にはヒュー・ジャックマンによる映画リメイクのニュースがあったが、2011年現在クランクインしていない。

サッカーファンの愛唱歌「人生ひとりではない」[編集]

この作品中で歌われる「人生ひとりではない」(You'll Never Walk Alone)は、1963年10月にジェリー&ザ・ペースメイカーズによって全英チャートの1位を獲得。そこからリヴァプールFCサポーターの愛唱歌として親しまれるようになり(異説あり) 、やがては世界で多くのフットボール・フリークの愛唱歌となっていった。日本でもFC東京のサポーターズ・ソングとなっている。

主なミュージカルナンバー[編集]

  • もしもあなたを愛したら (If I Loved You)
  • 六月は一斉に花開く(June Is Bustin' Out All Over)
  • ミスター・スノー (Mister Snow)
  • 人生はひとりではない (You'll never walk alone)

あらすじ[編集]

メイン州の漁村。回転木馬の呼び込みを生業とする男ビリーは、客として来ていた女工ジュリーを口説き、恋仲となる。二人はやがて結婚するが、客(ジュリー)に手を出したとしてビリーは回転木馬を解雇され、生活の苦しさに苛立つビリーはジュリーに度々手を上げていた。

やがてジュリーが子供を孕み、父親になる日が近づくのを意識したビリーは、焦りのあまり大金の盗みを企てる。しかしあえなく失敗、逃亡する際にビリーは事故死してしまった。粗暴だったが愛していた夫を失い、悲嘆にくれるジュリー。

しばらく経ち、天界で暮らしていたビリーは、自分の子供が苦難に陥っていると聞きつけ、星守に許可を得て1日だけ地上に戻ってきた。

ビリーの子供-娘のルイーズは、父親が泥棒だったという汚名から、友人らから白い目で見られていた。ビリーはルイーズの前に姿を現し、天界の星のかけらを渡して励まそうとするが、警戒するルイーズに苛立ち、彼女をぶってしまった。

ビリーにとっては悔いの残る父娘の対面となったが、ルイーズは見知らぬ人にぶたれたのに全然痛くない事を不思議に思う。それを母親のジュリーに尋ねると、ジュリーは亡き夫を思い描きつつ、そういう事もあるのだ、と諭すのだった。

地元の学校の卒業式、いがみあっていた友人と和解するルイーズと、それを笑顔で見守るジュリーを見届けて、ビリーは天界に還っていった。

映画[編集]

回転木馬
Carousel
監督 ヘンリー・キング
脚本 ベンジャミン・F・グレイザー
原作 フェレンツ・モルナール
製作 ヘンリー・キング
音楽 リチャード・ロジャース
アルフレッド・ニューマン
撮影 チャールズ・クラーク
編集 ウィリアム・レイノルズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年2月16日
日本の旗 1956年7月1日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 330万ドル[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 375万ドル[2]
テンプレートを表示

1956年に映画化。監督はヘンリー・キングゴードン・マクレー英語版シャーリー・ジョーンズは『オクラホマ!』に続いての共演である。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(テレビ版・初放送1970年1月3日『土曜映画劇場』)

スタッフ[編集]

宝塚歌劇団の公演[編集]

脚本はオスカー・ハマースタインII[3] [4] [5]

雪組[編集]

宝塚大劇場公演[編集]

形式名は「ミュージカル[3]」。2部9場[3]

「リリオム[3]」より。

公演期間は1969年5月31日から7月3日まで[3]。新人公演は6月21日[6]

新人公演の主な出演者は汀夏子[6]摩耶明美[6]、楠かおり[6]、七津あけみ[6]、志都美咲[6]玉梓真紀[6]

スタッフ

主な配役(本公演)

主な配役(新人公演)

  • ビリー:汀夏子[7]
  • ジュリー:摩耶明美[7]

東京宝塚劇場公演[編集]

演出はエドワード・ロール[4]

公演期間は1969年8月2日から9月3日まで[4]。新人公演は8月14日[9]と8月20日[9]

主な配役(本公演)

  • ビリー:真帆志ぶき[7]
  • ジュリー:大原ますみ[7]

主な配役(新人公演)

  • ビリー:汀夏子[7]
  • ジュリー:摩耶明美[7]

星組[編集]

公演場所は宝塚バウホール[5]

形式名は「バウ・ミュージカル[5]」。2幕[5]

公演期間は1984年9月1日から9月15日まで[5]

スタッフ

主な配役

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. 978-0-8108-4244-1. p250
  2. ^ 'The Top Box-Office Hits of 1956', Variety Weekly, January 2, 1957
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.79(宝塚歌劇団)
  4. ^ a b c 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』p.280(宝塚歌劇団)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 『夢を描いて 華やかに 宝塚歌劇80年史』p.308(宝塚歌劇団)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.80(宝塚歌劇団)
  7. ^ a b c d e f g h 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』p.292(阪急コミュニケーションズ
  8. ^ 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』pp.79-80(宝塚歌劇団)
  9. ^ a b 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.82(宝塚歌劇団)

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』(宝塚歌劇団)
  • 『夢を描いて 華やかに 宝塚歌劇80年史』(宝塚歌劇団)
  • 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』(宝塚歌劇団)
  • 『宝塚歌劇年100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』(阪急コミュニケーションズ

外部リンク[編集]