鈴木武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 武
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西宮市
生年月日 (1932-02-28) 1932年2月28日
没年月日 (2004-06-27) 2004年6月27日(72歳没)
身長
体重
167 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1953年
初出場 1953年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鈴木 武(すずき たけし、1932年2月28日 - 2004年6月27日)は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

鳴尾高校時代、1951年春の甲子園では打率.611を記録し、チームの準優勝に貢献する[1]。攻守の両方で活躍した鈴木は、優秀選手に選出された[2]東洋レーヨンを経て、1953年近鉄パールスに入団。

入団1年目から鈴木は2番打者として起用され、鳴尾高校の先輩にあたる日下隆と1・2番コンビを組んで多くの盗塁を成功させた[2]遊撃手として全試合出場を果たした鈴木は、リーグ4位の40盗塁を記録する。1954年パ・リーグ最多の44失策するものの71盗塁で盗塁王を獲得する。鈴木はスパイクシューズに出資を惜しまず、バッグの中には晴天用と雨天用の2種類のスパイクを常備していた[3]。当時の南海ホークス監督・鶴岡一人から「ウチの木塚よりも(盗塁が)うまいで」と評価され、当の木塚も鈴木を盗塁の名人と認めていた[3]。高校時代のチームメイトで近鉄に所属していた山田清三郎は鈴木について走塁技術や脚力よりも動物的なカンに優れていたと評し、日下隆も技術面で特筆する点は無かったと回想している[2]。オールスター戦直後に盗塁数は60を超えていたが、「記録にこだわる鈴木」と自身を揶揄する新聞記事を目にして気力を削がれ、盗塁を試みることはほとんどなくなった[3]1955年毎日オリオンズとの開幕戦で荒巻淳と二塁上で交錯し右足首を骨折した事でシーズンを棒に振る。翌1956年に戦列に復帰するが、かつての走力は失われていた[4]1959年になるとこの年に監督就任した千葉茂、千葉が連れてきたコーチ陣との確執によりベンチに回る事が多くなる[5]。巨人出身者に偏る選手起用を抗議した直後に二軍落ちを通告され、ファームでは練習も投げやりになり、一晩中酒を飲み明かすことも多くなった[6]

1960年シーズン途中に金銭トレード大洋ホエールズに移籍。大洋ホエールズの監督に就任した三原脩は守備を苦手とする麻生実男、バッティングに難のある浜中祥和に代わる有力な遊撃手を探し、鈴木に白羽の矢を立てた[7]。当時シーズン中のリーグ間トレードは4月30日までと規定されていたが、三原は「コミッショナーの許可があればその限りにあらず」という特例条項に目をつけ、千葉を強く説得した末に当時のコミッショナー井上登から許可を受けた[8]西鉄監督時代の三原は鈴木について、粘りっこいバッティング、予測できない美技を見せる一方でなんでもない打球を取りそこなう意外性、その日の心理状態に左右されやすい点が印象に残っていた[9]。しかし、世間はリーグ最下位の近鉄の控え選手である鈴木にさして期待していなかった[10]

これまでの大洋にない空気を持った鈴木の加入は、二塁手の近藤昭仁ら他の選手を発奮させた[11]。また、鈴木の加入によって控えに回された浜中は終盤の守備固め、代走要員として、麻生は代打要員として持ち味を発揮した[12]。他の選手の精神を引き締めるための「叱られ役」も鈴木の役目で、三原の意図を汲んでいた鈴木は正当な理由のある叱咤をうれしいと感じたときもあった[13]。三原は突出した成績を残さなくとも要所で活躍を見せる「超二流選手」の1人に鈴木を挙げ、この年の大洋初のリーグ優勝・日本一に貢献した[9]日本シリーズ2戦目では決勝打となるタイムリーヒットを放ち、3戦目では4打数2安打2盗塁の成績を上げて技能賞を獲得する。1963年に現役引退。

2004年6月27日午後8時5分、出血性ショックのため兵庫県西宮市の病院で死去。72歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1953 近鉄 120 535 496 56 136 20 6 2 174 36 40 13 19 -- 19 -- 1 34 8 .274 .302 .351 .653
1954 132 579 536 78 136 19 2 2 165 38 71 18 17 2 22 -- 1 21 10 .254 .284 .308 .592
1955 3 11 11 1 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .364 .364 .364 .727
1956 133 495 431 54 105 14 2 0 123 17 37 13 32 2 28 1 2 50 10 .244 .292 .285 .577
1957 95 359 323 39 89 9 1 3 109 23 23 10 14 2 19 0 1 29 4 .276 .316 .337 .653
1958 105 376 342 30 79 4 3 1 92 17 30 16 11 1 18 0 4 42 7 .231 .277 .269 .546
1959 121 400 380 26 91 7 4 0 106 23 15 4 5 3 8 2 3 41 6 .239 .259 .279 .538
1960 20 46 44 4 5 1 0 0 6 1 0 0 2 0 0 0 0 4 0 .114 .114 .136 .250
大洋 76 271 252 29 53 8 1 0 63 16 12 5 5 0 13 0 1 27 4 .210 .252 .250 .502
'60計 96 317 296 33 58 9 1 0 69 17 12 5 7 0 13 3 1 31 4 .196 .232 .233 .465
1961 127 371 345 28 82 8 1 1 95 24 12 7 10 0 16 0 0 42 8 .238 .271 .275 .547
1962 117 269 257 12 53 6 0 0 59 14 2 2 6 0 6 0 0 30 2 .206 .224 .230 .454
1963 82 212 190 13 42 4 1 0 48 4 4 2 13 0 8 0 1 18 5 .221 .256 .253 .509
通算:11年 1131 3924 3607 370 875 100 21 9 1044 214 246 90 134 10 157 6 14 338 66 .243 .276 .289 .566
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • 通算1000試合出場:1962年7月19日(73人目)
  • 1イニング3盗塁:1954年5月20日、対阪急ブレーブス戦の5回、二盗、三盗、本盗 ※NPB史上12人目[14]

背番号[編集]

  • 31 (1953年)
  • 7 (1954年 - 1960年途中)
  • 11 (1960年途中 - 1963年)

脚注[編集]

  1. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、92ページ
  2. ^ a b c 『感動の軌跡』、148-149頁
  3. ^ a b c 富永『三原脩の昭和三十五年』、923ージ
  4. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、94ページ
  5. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、94-97ページ
  6. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、91,96ページ
  7. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、91ページ
  8. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、89-90ページ
  9. ^ a b 三原『風雲の軌跡』、229-232ページ
  10. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、90ページ
  11. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、97-98ページ
  12. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、99-100ページ
  13. ^ 富永『三原脩の昭和三十五年』、100-101ページ
  14. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」711ページ

参考文献[編集]

  • 大阪近鉄バファローズ『感動の軌跡』(大阪近鉄バファローズ, 2000年3月)
  • 富永俊治『三原脩の昭和三十五年』(洋泉社, 1998年4月)
  • 三原脩『風雲の軌跡』(野球殿堂シリーズ, ベースボール・マガジン社, 1983年7月)

関連項目[編集]