オスカー・ハマースタイン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスカー・ハマースタイン2世(右);中央はアーヴィング・バーリン、左はリチャード・ロジャース

オスカー・ハマースタイン2世(Oscar Hammerstein II, 1895年7月12日 - 1960年8月23日)は、アメリカミュージカル作詞家脚本家。祖父はユダヤ系ドイツ人オスカー・ハマースタイン1世、父親は劇場主。ニューヨーク生まれ。

作曲家ジェローム・カーンリチャード・ロジャース等と共に多くのミュージカルの脚本、歌詞を書いた。1916年コロンビア大学卒業後、同校法科大学院に進むが、ブロードウェイの劇場主であった父の死を機に1年で退学し父の後を継いだ。学部時代は、演劇部でVercity Show(伝統の学部生制作ミュージカル)の歌詞を書いた。

歌曲と個人芸で組み立てた娯楽ショーが中心であったブロードウェイ・ミュージカルに物語性を組み込み、現在に近い形のブロードウェイ・ミュージカルを創設した功労者の一人である。ジェローム・カーンと組んで南部の差別問題を題材に取り上げた『ショウボート』、リチャード・ロジャースと組み、ドラマティックなストーリーをショーの骨子とした『オクラホマ!』は、ともに大評判を呼び、ブロードウェイの記念碑的作品となった。これは作詞以外に脚本もこなすハマースタイン2世だからこそなしえた革命であり、その作劇法は後世のブロードウェイ・ミュージカルの重要なお手本となった。

また人格的な誠実さでも知られ、プロデューサーとしてもミュージカル作品を後援したほか、スティーヴン・ソンドハイムレナード・バーンスタインなど数々の才能に作劇を指導し、ブロードウェイに送り出した。

1960年ペンシルベニア州ドイルズタウンの自宅で胃癌のため死去。サウンド・オブ・ミュージックに追加で書き下ろした『エーデルワイス』が絶筆となった[1][2] [3]。彼の死を受けて、ニューヨークのブロードウェイ[4]、ロンドンのイーストエンドの劇場街[5] がともに照明を落とし、弔意を示した。

終の棲家となったドイルズタウンの邸宅は1988年アメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されている。

作品[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Maslon, Lawrence. The Sound of Music Companion (2007), p. 177, Simon and Schuster, ISBN 1-4165-4954-4
  2. ^ "Oscar Hammerstein II" rnh.com, accessed November 2011
  3. ^ November 7, 2006. "How Do You Solve a Problem Like Maria?" BBC.
  4. ^ "Blackout on Broadway to Honor Hammerstein", The New York Times, p. 52, September 1, 1960
  5. ^ "London Honors Hammerstein", The New York Times, p. 14, August 26, 1960

関連項目[編集]

外部リンク[編集]