ハル・デヴィッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2011年撮影

ハル・デヴィッド(Hal David、本名ハロルド・レイン、Harold Lane、1921年5月25日 - 2012年9月1日)は、アメリカ人作詞家バート・バカラックとの共作で主に知られる。

生涯[編集]

水色がブルックリン地区

1921年ニューヨークで惣菜屋の息子として生まれ[1]ブルックリンで育った。1940年代にバンドリーダーのサミー・ケイやGuy Lombardoとの共作でデビュー。The Three Sunsのモーティー・ネヴィンスと共作し映画『Two Gals and a Guy』(1951)に4曲採用された。

1957年、ブリル・ビルディング内のフェイマス・ミュージック事務所でバカラックと出会う。「The Story of My Life』(歌唱:マーティー・ロビンス)を二人で制作し同年ヒットした。「The Story of My Life」はMichael Hollidayが録音、1958年にイギリスで一位となった。ちなみにその次の一位はペリー・コモの「マジック・モーメンツ(Magic Moments)」だった。

その後2人は1970年代初期までに、ディオンヌ・ワーウィックカーペンターズダスティ・スプリングフィールドB.J.トーマスジーン・ピットニートム・ジョーンズ、ジャッキー・デシャノンらに楽曲を提供した。

2011年、バカラックとともにガーシュイン賞を受賞。すでに病を得ており、授賞式には出席できなかった。

2012年の9月の朝、心臓発作で死去[2]。91歳没[3]

主な作品[編集]

その他に、

を書いた。

ポール・ハンプトン英語版との"Sea of Heartbreak"はドン・ギブソンらが歌い、カントリーのスタンダードになった。

このほかにも『愛はすべてを越え』("We Have All the Time in the World")はジョン・バリーとの共作で[ルイ・アームストロング]]が1969年の映画『女王陛下の007』の主題歌として歌った。1979年にはバリーと再び組んで「ムーンレイカー」を制作し、シャーリー・バッシーが映画 『007 ムーンレイカー』の主題歌として歌った。

名誉と達成[編集]

ブロードウェイ作品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]