M・M・キーラヴァーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
M・M・キーラヴァーニ
M. M. Keeravani
M. M. Keeravani at Inji Iduppazhagi Audio Launch.jpg
M・M・キーラヴァーニ(2015年)
基本情報
出生名 Koduri Marakathamani Keeravaani
別名 Marakathamani、Vedanarayana、M. M. Kreem
生誕 (1961-07-04) 1961年7月4日(57歳)
出身地 インドの旗 インド アーンドラ・プラデーシュ州西ゴーダーヴァリ県英語版コヴァール英語版
ジャンル 映画音楽ワールドミュージック
職業 作曲家音楽監督歌手
活動期間 1987年 -

コドゥリ・マラカサマニ・キーラヴァーニ(Koduri Marakathamani Keeravaani、1961年7月4日 - )は、インド作曲家テルグ語映画タミル語映画英語版カンナダ語映画ヒンディー語映画マラヤーラム語映画英語版で活動している。「M・M・キーラヴァーニ (M. M. Keeravani) 」名義で知られているが、他にも「マラカサマニ (Marakathamani) 」「ヴェーダナラヤナ (Vedanarayana) 」「M・M・クリーム (M. M. Kreem) 」名義が知られている。

歌手のS・P・バーラースブラマニアム英語版K・S・チスラ英語版のレコーディングのほとんどを手掛けている[1]。1997年には『Annamayya』でナショナル・フィルム・アワード 最優秀音楽監督賞英語版を受賞した。この他にフィルムフェア賞 南インド映画部門英語版を6つ、ナンディ賞を11、タミル・ナードゥ州映画賞を1つ受賞している[2]

生い立ち[編集]

アーンドラ・プラデーシュ州西ゴーダーヴァリ県英語版コヴァール英語版出身。兄弟のカリヤーン・コドゥリ英語版は音楽監督をしており、映画監督S・S・ラージャマウリと音楽監督M・M・スリレカ英語版は従兄弟、脚本家K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード英語版は叔父に当たる。妻のM・M・スリヴァーリは映画のラインプロデューサーをしており、息子のカーラ・バイラヴァは歌手としてキーラヴァーニの参加する映画の多くで歌を歌っている。カルナータカ州ライチュールに居住した後、チェンナイに移住している。

キャリア[編集]

音楽番組に出演する歌手(左からK・S・チスラ、アヌラージ・クルカルニー英語版、キーラヴァーニ)

1987年、音楽監督チャクラヴァーティ英語版の元で音楽助監督を務め、作曲家としてのキャリアを開始する。1980年代後半は『Collectorgari Abbayi』『Bharathamlo Arjunudu』に音楽アシスタントとして参加し、この間の1年以上にわたり作詞家ヴェトゥリ英語版に師事している[3]。1990年製作の映画『Kalki』で独立した作曲家として映画業界で知られるようになるが、映画は公開されずサウンドトラックも発売されなかった。キーラヴァーニが音楽を手掛けた映画で最初に公開されたのは、同年公開の『Manasu Mamatha』とされている。1991年公開の『Kshana Kshanam』が大ヒットしたことで、作曲家としての地位を確立する。この映画で作曲した歌の全てがヒットしたことで映画業界からのオファーが急増し、1995年には『Criminal』に参加してボリウッドに進出する[4]

インド国内の様々な言語の映画220作品以上に参加しており、代表的な作品としてテルグ語映画の『Annamayya』、ヒンディー語映画の『Is Raat Ki Subah Nahin』『Sur – The Melody of Life』『Zakhm』『Saaya』『Jism』『Rog』『Paheli』、マラヤーラム語映画の『Neelagiri』『Soorya Manasam』『Devaraagam』がある。また、従兄弟ラージャマウリの監督作品には2005年公開の『Chhatrapati』以降全ての映画に参加しており、『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』の作曲も担当している[5]

出典[編集]

外部リンク[編集]