マーク・ロンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーク・ロンソン
Mark Ronson and Jennifer Su, 2011 (cropped).jpg
2012年
基本情報
出生名 Mark Daniel Ronson
生誕 1975年9月4日(40歳)
イングランドの旗 イングランドノッティング・ヒル[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
職業 ミュージシャン
DJ
音楽プロデューサー
活動期間 1993年–現在
レーベル Allido
Columbia Sony Music
共同作業者 エイミー・ワインハウスDaniel MerriweatherEllie GouldingJordan Gallandリリー・アレンロビー・ウィリアムスWale

マーク・ロンソン英語:Mark Ronson、1975年9月4日 - )は、イギリス出身のDJシンガーソングライター音楽プロデューサー

生い立ち[編集]

不動産企業家の父ローレンス・ロンソンとロンドンの作家で名士の母アン・デクスター・ジョーンズの息子として裕福な家庭に生まれた[2][3][4]。祖先はロシアリトアニアオーストリアからのアシュケナージ系のユダヤ人。双子の妹にDJサマンサ・ロンソンファッションデザイナーシャーロット・ロンソンがいる[5]保守派ユダヤ教の教育で育った[6][7]。元イギリス外務大臣のマルコム・リフキンドと元内務大臣のレオン・ブリタンと親戚である。のちに両親は離婚。母親は離婚後、バンドフォリナーミック・ジョーンズと再婚した。ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友。

ヴァッサー大学ニューヨーク大学を卒業し、DJとして有名になった。1999年にはトミー・ヒルフィガーの広告モデルをつとめている。

私生活[編集]

ロンドンニューヨークを行き来して生活しており、クインシー・ジョーンズの娘であるラシダ・ジョーンズギャヴィン・ロスデイルの娘であるデイジー・ロウシー&ヒムのバックバンドでドラムを叩いているイギリス出身のテネシー・トーマスらとの交際歴がある。2011年9月フランスの女優であるジョセフィーヌ・ドゥ・ラ・ボームと結婚した。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
[8]
AUS
[9]
BEL
[10]
FRA
[11]
IRE
[12]
NLD
[13]
NZ
[14]
SWI
[15]
US
[16]
2003 Here Comes the Fuzz 70
2007 Version
  • 発売日: 2007年4月16日
  • レーベル: Allido, Columbia
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 88.4万枚[17]
2 21 44 51 129
  • UK: 2× プラチナ[18]
2010 Record Collection
  • 発売日: 2010年9月27日
  • レーベル: Allido, RCA, Columbia, J
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 10.5万枚[17]
2 6 60 48 16 67 33 40 81
  • UK: ゴールド[18]
  • AUS: ゴールド
2015 Uptown Special
  • 発売日: 2015年1月13日
  • レーベル: Sony
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 3.3万枚[17]
1 2 12 18 7 5 10 3 5
  • UK: ゴールド[18]
  • AUS: ゴールド[19]
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル[編集]

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
UK
[8]
AUS
[9]
AUT
[20]
FRA
[11]
GER
[21]
IRE
[12]
NLD
[13]
NZ
[14]
SWI
[15]
US
[22]
2003 Ooh Wee
(featuring Ghostface Killah, Nate Dogg, Trife and Saigon)
15 83 95 9 82 Here Comes the Fuzz
2006 Just
(featuring Alex Greenwald)
48 Exit Music
2007 Stop Me
(featuring Daniel Merriweather)
2 64 65 38 11
  • UK: シルバー[23]
Version
Oh My God
(featuring Lily Allen)
8 72 21
Valerie
(featuring Amy Winehouse)
2 75 5 3 3 1 29 4
2008 Just
(featuring Phantom Planet)
36
2010 Bang Bang Bang
(with The Business Intl feat. MNDR and Q-Tip)
6 16 75 43 18 68 25 65
  • UK: シルバー[23]
Record Collection
The Bike Song
(with The Business Intl feat. Kyle Falconer and Spank Rock)
17 66
Somebody to Love Me
(with The Business Intl feat. Boy George and Andrew Wyatt)
55
2012 Anywhere in the World
(with Katy B)
55 68 110 84 40 なし
2014 Uptown Funk
(featuring Bruno Mars)
1 1 6 1 3 1 1 1 1 1
  • UK: 3× プラチナ[23]
  • AUS: 10× プラチナ[25]
  • CAN: 9× プラチナ[26]
  • GER: プラチナ[24]
  • NZ: 5× プラチナ[27]
  • US: 9× プラチナ[28]
Uptown Special
2015 Feel Right
(featuring Mystikal)
146
I Can't Lose
(featuring Keyone Starr)
103
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

その他チャート入りしたシングル[編集]

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
UK
[8]
2003 International Affair
(featuring Sean Paul and Tweet)
Here Comes the Fuzz
2007 God Put a Smile Upon Your Face
(featuring The Daptone Horns)
63 Stop Me
No One Knows
(featuring Domino)
66
2015 Everyday
(A$AP Rocky featuring Rod Stewart, Miguel and Mark Ronson)
56 At. Long. Last. ASAP
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

プロデュース[編集]

2007年

アルバム[編集]

シングル[編集]

Awards[編集]

Winner[編集]

  • グラミー賞 2008 Producer of the Year - Non-Classical, Record of the Year (with Amy Winehouse), Best Pop Vocal Album (also with Winehouse)
  • The BRIT Awards 2008 Best British Male Solo Artist
  • On 17 February 2009, Mark was named one of Top 10 Most Stylish Men in America by GQ Magazine.[29]
  • Vodafone Live Music Awards - Best Live Male - Winner 2008
  • Glamour Women of the Year - Men of the Year - Winner 2008
  • MTV Video Music Awards 最優秀男性アーティスト・ビデオ賞(2015年) - マーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズ「アップタウン・ファンク」[30]

出典[編集]

  1. ^ Mark Ronson Biography Markronson.net
  2. ^ “Correction ("It's a family affair")”, The Times, (2005-03-20), http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article432613.ece 
  3. ^ “The man Amy and Lily go when they want a hit: Profile: Mark Ronson”, The Times, (2008-01-27), http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/music/article3257098.ece 
  4. ^ Ikenberg, Tamara (2008年5月31日). “The Buzz: A portmanteau for Paris”. The Courier-Journal. Denise Ivey. 2008年6月2日閲覧。
  5. ^ “"The Diva and Her Demons"”, ローリングストーンズ, (2007-06-14), http://www.rollingstone.com/news/coverstory/amy_winehouse_back_in_black_rehab_married_soul_beehive_diva 
  6. ^ Westbrook, Caroline. "Mark Ronson interview". Jewtastic. July 2, 2007.
  7. ^ Coyle, Jennifer. "Introducing ... Samantha Ronson DJ/singer-songwriter". The Observer. Guardian. December 12, 2004.
  8. ^ a b c
  9. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Mark Ronson”. Australian Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月17日閲覧。
  10. ^ Hung, Steffen. “Discografie Mark Ronson”. Belgium (Flanders) Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月17日閲覧。
  11. ^ a b Hung, Steffen. “Discographie Mark Ronson”. French Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月17日閲覧。
  12. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Mark Ronson”. Irish Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月17日閲覧。
  13. ^ a b Hung, Steffen. “Discografie Mark Ronson”. Dutch Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月17日閲覧。
  14. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Mark Ronson”. New Zealand Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月17日閲覧。
  15. ^ a b Hung, Steffen. “Discographie Mark Ronson”. Swiss Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月17日閲覧。
  16. ^ Mark Ronson – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2015年1月17日閲覧。
  17. ^ a b c d Official Charts Analysis: Ronson first artist to top singles and albums charts since 2013”. musicweek.com. 2015年1月26日閲覧。
  18. ^ a b c d Certified Awards (enter "Mark Ronson" into the "Keywords" box, select "Album" then select "Search")”. British Phonographic Industry. 2015年1月17日閲覧。
  19. ^ Ryan, Gavin (2015年4月4日). “ARIA Albums: Spirit of the Anzacs Stays On Top”. Noise11. 2015年4月4日閲覧。
  20. ^ Hung, Steffen. “Discographie Mark Ronson”. Austrian Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月10日閲覧。
  21. ^ Hung, Steffen. “Discographie Mark Ronson”. German Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年1月10日閲覧。
  22. ^ Mark Ronson”. billboard.com. 2015年1月10日閲覧。
  23. ^ a b c d Certified Awards (enter "Mark Ronson" into the "Keywords" box, select "Single" then select "Search")”. British Phonographic Industry. 2015年5月21日閲覧。
  24. ^ a b Gold–Platin–Datenbank (Mark Ronson)” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2014年3月18日閲覧。
  25. ^ Ryan, Gavin (2016年2月13日). “ARIA Singles: Flume 'Never Be Like You' Is No 1”. Noise11. 2016年2月13日閲覧。
  26. ^ Canadian digital single certifications – Mark Ronson – Uptown Funk, Music Canada, http://www.musiccanada.com/GPSearchResult.aspx?st=Uptown+Funk&sa=Mark+Ronson&smt=0 
  27. ^ New Zealand single certifications – Mark Ronson feat. Bruno Mars – Uptown Funk, Recording Industry Association of New Zealand, http://www.rianz.org.nz/rianz/chart.asp?chartNum=4010&chartKind=S 2015年5月1日閲覧。 
  28. ^ American single certifications – Mark Ronson – Uptown Funk, Recording Industry Association of America, http://www.riaa.com/goldandplatinumdata.php?artist=%22Uptown+Funk%22 2015年3月18日閲覧。  If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  29. ^ The 10 Most Stylish Men in America”. New York Daily News. 2009年2月17日閲覧。
  30. ^ “テイラー・スウィフト 米Billboard誌2014年ウーマン・オブ・ザ・イヤーに”. シネマトゥデイ. (2014年10月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067210 2014年10月20日閲覧。 

 外部リンク[編集]