ジャック・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ホワイト
Jack White
Jack White Ottawa.jpg
基本情報
出生名 ジョン・アンソニー・ギリス
John Anthony Gillis
出生 1975年7月9日(40歳)[1]
アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト
ジャンル ロックオルタナティブ・ロックガレージ・ロックブルースロックフォークロックブルース、パンク・ブルース、カントリー
職業 Musician, producer, actor
担当楽器 ヴォーカル、ギター、ドラム、キーボード、マンドリン、ベース・ギター
活動期間 1990 – 現在
レーベル ワーナー・ブラザーズV2サードマンサブ・ポップSympathyXLItalyコロムビア
共同作業者 ザ・ホワイト・ストライプスザ・ラカンターズザ・デッド・ウェザーThe UpholsterersThe Go
著名使用楽器
1965年 JB Hutto Montgomery Airline
1970年代
Crestwood Astral II
Gretsch Penguin
1950年代
Kay Hollowbody
Custom Gretsch Triple Jet
Custom Gretsch Jupiter Thunderbird
Custom Gretsch Anniversary Jr. "Green Machine"
ラディック・ムッサー
Fender Highway One Telecaster

ジャック・ホワイトJack White, 出生名John Anthony Gillis, 1975年7月9日 - )は[2]アメリカ合衆国の、ミュージシャン、音楽プロデューサーおよび俳優。様々なバンド、およびソロ・アーティストとして活動しているが、ザ・ホワイト・ストライプスのリード・ボーカリストおよびギタリストとして最も知られている。2012年4月24日、ソロ・デビュー・アルバム『Blunderbuss 』を、2014年6月10日に2枚目のアルバム『Lazaretto発表した。どちらも商業的にも批評的にも成功した。

デトロイトでいくつかのバンドでドラム奏者として活動した後、1997年、ホワイトはデトロイト出身でのちに妻となるメグ・ホワイトとザ・ホワイト・ストライプスを結成した。2001年のヒット・アルバム『White Blood Cells 』からのシングルおよびミュージック・ビデオの『Fell in Love with a Girl 』がヒットし、世界的名声を得た。これを機にロレッタ・リンボブ・ディランなどの著名アーティストとコラボレートする機会を得た[3]

2006年、ホワイトはブレンダン・ベンソンとザ・ラカンターズを、2009年にザ・キルズのアリソン・モシャートとザ・デッド・ウエザーを結成した[4]。 ホワイトは批評的にも人気の上でも成功し続け、2000年代のガレージ・ロック・リバイバルの鍵となる人物の1人に数えられる。グラミー賞を8回受賞し、ソロ・アルバム2枚とも『ビルボード』誌のチャートで第1位を獲得した。『ローリング・ストーン』の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第17位[要出典]、2010年の改訂版では第70位にランクされた。

2011年、同誌のライターであるデイヴィッド・フリックのリストでは第17位となった。ホワイトは著名なブルースのアーティストの物を含むヴィンテージのギターなどの楽器を多く収集している。アナログ技術とレコーディング技術を熱心に推奨し、アメリカ議会図書館の全米レコー ディング 保護協会の委員に名を連ねている。彼のレコード会社およびスタジオのサード・マン・レコードでは自身の作品同様他のアーティストや地元の児童の作品をレコードで出版している.[5]。彼のアルバムにより、1991年以降、週のレコード売上記録を保持している。

ホワイトはプライベートをあまり明かさず、自身をわざと「風変わりな」キャラクターに見えるように作り上げている。2000年、メグと離婚し、2005年、モデルで歌手のカレン・エルソンと結婚し、息子と娘をもうけたが2013年に離婚した。彼は現在テネシー州ナッシュビルに住んでいる。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第50位[6]

概説[編集]

1975年7月9日、アメリカ生まれ。その類稀な音楽的価値観と才能から、音楽界では不思議な存在とされており、アメリカのルネッサンス的な人物と評されている。

1997年、メグ・ホワイトとザ・ホワイト・ストライプスを結成。初期のデルタ・ブルースを愛し、音楽に対してミニマリズムなアプローチをとり、アメリカ全土で一躍話題となる。

2005年、2つ目のバンドとなるザ・ラカンターズをブレンダン・ベンソン、ジャック・ローレンス、パトリック・キーラーと共に結成。 “旧友たちによる新しいバンド”であるザ・ラカンターズの最初のシングル、「Steady as she goes」はたちまち大ヒット。デビューアルバム「Broken Boy Soldiers」は、ビルボードのアルバムチャートに初登場7位で入り、グラミー賞2部門でノミネートされた。2006年の世界ツアーでは、ボブ・ディランと同じスケジュールでアメリカを回り、ディランとはお互いにコンサートで数回ゲストパフォーマンスを行なっている。ザ・ラカンターズの2年目のアルバム、「Consolers Of The Lonely」(2008)も初登場7位を記録し、グラミー賞を受賞した。

2011年、ザ・ホワイト・ストライプス解散。現在は2009年に新たにザ・デッド・ウェザーを結成し、活躍の場を更に広げている。2012年、デビュー15年で初の完全ソロ・アルバム「Blunderbuss」をリリースした。

映画にも出演しており、2003年にアカデミー賞を受賞した『コールドマウンテン』で、アンソニー・ミンゲラ監督は音楽監督T・ボーン・バーネットのアドバイスに従い、ジャックをジョージア役に抜擢。作品の中ではアパラチアの歌を数曲演奏している。 同年、ザ・ホワイト・ストライプスのメンバー2人が、ジム・ジャーミッシュ監督の『コーヒー&シガレッツ』に出演。ジャックとメグは、「Jack Shows Meg His Testla Coil」と名付けられたエピソードで本人の役で出演した。その後、シンプソンズのエピソード“Jazzy And The Pussycats”(06/未)で再びスクリーンに姿を現し、ジャド・アパトー製作のコメディ『ウォーク・ハード ロックへの階段』(07/未)にエルビス・プレスリー役で特別出演。2008年には、マーティン・スコセッシ監督のドキュメンタリー映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』で、ストーンズとビーコン・シアターで「Loving Cup」をセッションした。

ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』で共演したレッド・ツェッペリンジミー・ペイジは、『NME』誌のインタビューにおいてジャックに対し「最近のギタリストの中ではNo.1の存在」といった賛辞を送っている。

生い立ち[編集]

1975年7月9日、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトで10人きょうだいの七男として生まれ[7]、ジョン・アンソニー・ギリスと名付けられた[8]。父方はスコットランド系カナダ人[9][10]、母方はポーランド[11]の流れを汲んでいる。カトリックとして育ち[12]、デトロイト教区で父はビルのメンテナンス管理者、母は枢機卿事務所の事務員として働いていた[3] 。ホワイトは堂役となり、1987年、デトロイト南西部の教区で主に撮影された映画『The Rosary Murders 』にクレジット無しで出演した[3]。 幼い頃、兄たちから音楽の影響を受け、彼らが放置していた楽器の演奏方法を学習した[13][14]。6歳の頃、屋根裏にあったドラムセットを見つけ、ドラムの練習を始めた[14][15]。幼い頃はクラシック音楽が好きだった[16]が、小学校に入るとドアーズピンク・フロイドレッド・ツェッペリンなどを聴くようになった[13]。短髪で歯列矯正をしていた10代の頃[16]、ホワイトはのちにザ・ホワイト・ストライプスのベースとなる、サン・ハウスブラインド・ウィリー・マクテルなどのブルース[2][17]1960年代のロックを聴いていた[3]。のちのインタビューでサン・ハウスの『Grinnin' In Your Face 』が全音楽の中で一番好きだと語った[18][19]。 2005年、『60 Minutes』のマイク・ウォレスによるインタビューで彼は違った人生もあったかもしれないと語った。ウィスコンシン州の神学校に入学して神父になるつもりだった。しかし最後の最後で「普通の公立学校に行く」と考えが変わった。その時私は新しいアンプを手に入れたばかりで、神学校にはそれを持っていけないと思った」と語った[20]。結局著名な高等学校のビジネス科に入学し、スクールバンドでドラムとトロンボーンを演奏した[18][21][22]。15歳の時ホワイトは家族の友人ブライアン・モルドゥーンのもとで家具職人の3年間の見習いをすることになった[3]。モルドゥーンは勤務中、ホワイトにパンク音楽を聴かせた[3][18]。モルドゥーンはホワイトをバンドに加入させ、モルドゥーンがドラムを演奏するためホワイトはギターを演奏することになった[3][23]。彼らはThe Upholsterers としてアルバム『Makers of High Grade Suites 』をレコーディングした。

高等学校3年生の時、ミシガン州メンフィスにあるレストランで従業員のミーガン・ホワイト(メグ)と出会い[24]、喫茶店、地元のライヴ・ハウス、レコード店などに一緒に行くようになり[25]、1996年9月21日、2人は結婚し[26][27]、伝統に逆らい妻の姓を名乗ることにした [3][28][29]

見習い期間が終了し、自身でサード・マン・アポーストリーを立ち上げた[30]。企業スローガンは「あなたの家具は死んでいない」で、企業カラーは黄色と黒で、黄色のバン、黄色と黒の制服、黄色のクリップボードなどで使用された[30]。サード・マン・アポーストリーはビジネスとしてまだ悪くはなかったが、彼に金銭欲がなくあまり利益をもたらさず、請求書をクレヨンで書いたり、家具の内側に詩を書くなどプロ意識に欠けていた[30]

経歴[編集]

ザ・ホワイト・ストライプス[編集]

婚姻後の姓を名乗り、ジャック・ホワイトは昼は家具屋、夜は地元のバンドの他、ソロでも活動していた[18]。19歳の頃、デトロイトのバンドGoober & the Peas でプロとして初めてドラムを演奏し、1996年の解散まで続けた[2][18][31]。このバンドでツアーの方法や舞台上での演奏の仕方を学んだ[18]。職業はバーテンダーであったが[32]、1997年からメグはドラムの演奏を学び始め、ホワイトによると「彼女が私と共にドラム演奏を始めた時、新鮮で解放された気分でただ楽しかった」[3]。2人はバンドを組み、「ザ・ホワイト・ストライプス」と名乗り[33]、2か月後初めて公の場で演奏した[18]

ホワイトとメグは結婚していたにも関わらず、姉弟だと語り[34][35]テーマカラーとして赤、白、黒の服を常に着ていた[36][37]。彼らはミシガン州のアンダーグラウンド・ガレージロック・シーンでのキャリアを積み始めた[32][36]。彼らはバンタム・ルースター、ダートボムズ、トゥ・スター・タバナクル、ロケット455、ヘンチメンなど地元に根差したバンドと共演していた[18][32]。1998年、ホワイト・ストライプスはデイヴ・ビューイックによるデトロイトを基盤に活動するガレージ・パンクの小さなインディペンデント・レコード会社イタリー・レコードと契約した[38]。1999年、『ザ・ホワイト・ストライプス』を発表し、1年後、カルト・クラシックの『デ・ステイル』を発表した[39]。このアルバムは『ビルボード』誌のインディペンデント・アルバム・チャートで最高第38位となった。

2001年、『ホワイト・ブラッド・セルズ』を発表した。このアルバムのシンプルなガレージロックはアメリカ国内外で称賛され[2]、2002年に最も称賛されたバンドの1つとなり[32]、ガレージ・バンド・リバイバルの一翼を担った[2][33][40]。バンドのイギリスでの支援者で影響力のあるDJのジョン・ピールはジミ・ヘンドリックス以来の逸材と評した[41]。『ニューヨーク・タイムズ』紙はホワイトについて「芸術家気取りの仮面の下にカート・コバーン以来の内向的でダークなロッカーの一面が隠されている」と記した[42]。2003年、アルバム『エレファント』が発表され、商業的にも批評的にも成功した[43][44][45]オールミュージックはこのアルバムについて「これまでのアルバムより怒りのようなサウンドで偏執的で素晴らしく、『ホワイト・ブラッド・セルズ』より暗く気難しくなっている」と記した[46]。アルバムからの最初のシングル『セヴン・ネイション・アーミー』はバンドの代表曲となり[47]、『ビルボード』誌のモダン・ロック・チャートで3週第1位を獲得し、2004年、グラミー賞ロック楽曲賞を受賞し、スポーツの国際大会や抗議活動などで使用されている[48][49]。5枚目のアルバム『ゲット・ビハインド・ミー・サタン』はホワイトの自宅で収録され、ピアノがメロディラインをなぞり、ホワイトによる実験的なマリンバや他のリズムを打つギターはこれまでからの音楽性の変更を示した[2][3]

2007年、6枚目のアルバム『イッキー・サンプ』が発表され、これまでのローファイのアルバムとは違い、ナッシュビルのブラックバード・スタジオで収録された[36]全英アルバムチャート初登場第1位、Billboard 200初登場第2位となった[50]。アルバムのサウンドはこれまでよりパンク、ガレージ、ブルースなどの影響を受けている。このアルバムにより、カナダでツアーを行ない、各州を訪れ演奏し始めた。しかしこの年後期、メグの急性不安障害のため残り18日の公演をキャンセルした[51]。数日後、2007年の残りのイギリス・ツアーも全てキャンセルした[52]

この頃ホワイトは他のアーティストたちとも活動を行なっていたが、2009年夏までに7枚目のアルバムの計画を発表した[53][54]。2009年2月20日、『レイト・ナイト・ウィズ・コナン・オブライエン』最終回でツアーのキャンセル後初のライヴ演奏を行ない[55]トロント国際映画祭においてカナダ・ツアーのドキュメンタリー映画『The White Stripes: Under Great White Northern Lights が公開された[56]。約2年間新作発表がなく、2011年2月2日、公式サイトにおいて解散を発表した。ホワイトはこれについて健康問題や方向性の違いに起因することではなく「バンドが美しく特別なまま終わりを迎えることが重要だった」とした[57]

ザ・ラカンターズ[編集]

ブレンダン・ベンソンとジャック・ホワイト

2005年、これまでも共に活動したことがあるミシガン出身のブレンダン・ベンソンとコラボレートし[2]、『Steady, as She Goes 』を作曲した。これにより2人はバンドを結成することにし、グリーンホーンズのジャック・ローレンスとパトリック・キーラーを迎え入れてザ・ラカンターズと名付けた。彼らはデトロイトにあるベンソンの自宅で会い、年内いっぱい時間の許す限り収録を行なった。その結果彼らはデビュー・アルバム『Broken Boy Soldiers 』を発表し、このアルバムからのシングル『Steady, As She Goes 』はグラミー賞にノミネートされた[58]。ザ・ラカンターズは8日間ボブ・ディランのコンサートの前座を行なった他、このアルバムのプロモート・ツアーを行なった[2]。2008年、2枚目のアルバム『Consolers of the Lonely 』とその1枚目のシングル『Salute Your Solution 』が同時発売された。このアルバムはグラミー賞ロック・アルバム賞にノミネートされた。

ザ・デッド・ウェザー[編集]

2009年6月26日、グラストンベリー・フェスティバルのジャック・ホワイトとアリソン・モスハート

Consolers of the Lonely 』のプロモート・ツアーの間、ホワイトは気管支炎を悪化させて時々声が出なくなることがあった[2]。当時ラカンターズと共にツアーをしていたザ・キルズのヴォーカルのアリソン・モスハートが彼のヴォーカルのパートを補うことがしばしばあった[2]。2人の息が合い、2009年初頭、新たなバンドザ・デット・・ウェザーを結成した[2]。モスハートが歌い、ホワイトはドラムとヴォーカルを務め、ラカンターズのベース奏者ジャック・ローレンスとクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのキーボードおよびギター奏者ディーン・ファーティタの4人で構成された。

2009年3月11日、ナッシュビルからデビュー・アルバム『Horehound 』から多くの曲を発表した。2009年7月13日、ヨーロッパで、2009年7月14日、北米でホワイトによるサード・マン・レコードから出版された。2009年10月、モスハートは2枚目のアルバムが半分までできたことを認め[59]、2010年3月30日、1枚目のシングル『Die by the Drop 』を発表した。5月7日にアイルランドで、5月11日にアメリカで、5月10日にイギリスで新たなアルバム『Sea of Cowards 』がサード・マン・レコードから出版された。

ソロ活動[編集]

ホワイト・ストライプスでの人気および評判はホワイトにソロとして他のミュージシャンと活動することを可能にした。これまで他のアーティストのレコーディングに参加したり、彼のプロジェクトに他のアーティストを招待したりしている。また主にサード・マン・レコードで様々なアーティストのプロデュースも行っている。

2003年、『Danger! High Voltage 』でエレクトリック・シックスとコラボレートしたのではないかという噂が流れた[60]。彼もエレクトリック・シックスも否定しており[60][61]、ヴォーカルのクレジットは「John S O'Leary 」となっていた[62]。クリス・ハンディサイドとのインタビューでエレクトリック・シックスのメンバーのディック・ヴァレンタインとコリー・マーティンはホワイトが無償で参加したことを認めた[63]

2004年、ロレッタ・リンのアルバム『Van Lear Rose 』のプロデュースおよび演奏を行なった[64]。このアルバムは批評的にも商業的にも成功した[2]。2008年、ジェームズ・ボンドの映画『007 慰めの報酬』のテーマ曲でアリシア・キーズの『Another Way to Die 』をコラボレートした。2009年、映画『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』でジミー・ペイジジ・エッジと共に焦点を当てられ、エレクトリック・ギターについて会談し、それぞれの違った演奏メソッドを披露した[65]。8月の撮影中、ホワイトの1枚目のソロ・シングル『Fly Farm Blues 』を10分間で作曲から収録まで行なった[66]。8月11日、このシングルはサード・マン・レコードから7インチ・レコードおよびiTunesでのデジタル配信で出版された。2010年11月、プロデューサーのデンジャー・マウスはダニエル・ルピとのコラボレート・アルバム『Rome 』にホワイトとノラ・ジョーンズを招聘した[67]。このアルバムの『The Rose with the Broken Neck 』、『Two Against One 』、『The World 』の3曲にヴォーカルで参加した[68]。2011年10月4日発売のアルバム『The Lost Notebooks of Hank Williams 』の収録曲『You Know That I Know 』を演奏した。同年、ワンダ・ジャクソンのアルバム『Let's Have a Party 』のプロデュースおよび演奏を行なった[64][69]。彼女を喜ばせるため、彼は7インチ・レコードでの出版も行なった[69]

ホワイトは他にベックローリング・ストーンズジェフ・ベック[70]、ボブ・ディランなど他のアーティストとも演奏した。

2012年1月30日に発表したシングル『Love Interruption 』を収録した自身がプロデュースしたソロ・デビュー・アルバム『Blunderbuss 』が同年4月24日に出版された[71]。このアルバムのプロモーションのため、『サタデー・ナイト・ライブ』の音楽ゲストとして出演した他、2012年の夏にはファイアフライ・ミュージック・フェスティバル、Radio 1's Hackney WeekendSasquatch! Music Festivalフジロック・フェスティバルベルギーRock Werchter 等様々なフェスティバルに出演した。同年後期、彼はテキサス州オースティンで行われたAustin City Limits Music Festival にメインゲストとして出演した。このアルバムのツアーの間、ホワイトは2つのバンドを雇ってランダムに出演させた。一方のピーコックスは全員女性で[72]、もう一方のバザーズは全員男性だった[73]。ホワイトは2つのバンドを雇うことは費用がかかり[49]、このツアーを最後にやめることにしたと語った。グラミー賞において『Blunderbuss 』はアルバム賞、ロック・アルバム賞に、『Freedom at 21 』はロック・ソング賞にノミネートされた[2]

2014年4月1日、ホワイトは2枚目のアルバム『Lazaretto 』の出版を発表し、同年6月10日、シングルカットされた『High Ball Stepper 』と同時に出版された。このアルバムはBillboard 200で初登場第1位を獲得し[74]、1991年にサウンドスキャンが調査を始めて以降、1週間で売り上げたレコード記録を更新した.[74]。このアルバムは批評家の間で広く称賛され、グラミー賞においてアルバムはオルタナティブ・アルバム賞に、シングル『Lazaretto 』はロック・ソング賞、ロック・パフォーマンス賞にノミネートされた。プロモーション・ツアーの間、2014年7月30日、デトロイト・フリーメイソン教会にて彼にとって最長のコンサートを行なった[75]

2003年、映画『コールド マウンテン』にジョージア役で出演し、サウンドトラック『Cold Mountain 』のために『Sittin' on Top of the World 』、『Wayfaring Stranger 』、『Never Far Away 』、『Christmas Time Soon Will Be Over 』、『Great High Mountain 』の5曲を作曲した。2003年、ジム・ジャームッシュの映画『コーヒー&シガレッツ』の『ジャック、メグにテスラコイルを見せる』の章にホワイトとメグとして出演した。2007年、『ウォーク・ハード ロックへの階段』でエルヴィス・プレスリー役を演じた。

サード・マン・レコード[編集]

2001年、ホワイトはサード・マン・レコードを創立した[76]。しかし2009年に彼がナッシュビルに場所を購入するまで実体がなかった[5]彼は「長い間私はスタジオが欲しいと思わなかった。ホワイト・ストライプス時代、私はスタジオに行き、10日間か2週間かけてそこにあるものを使ってアルバムを製作することが好きだった。10から15年間レコーディングをしてきて、自分が使いたい録音機器、マイク、アンプを使って、やりたい音楽を作るための自分の場所を持つ時がつにきたと感じた」と語った[77]。「あなたのターンテーブルは死んでいない」というスローガンを用いて[14]、サード・マン・レコードはレコードを作り[78]、第三者を雇って自身の音楽事業を行なった。2010年、ホワイトがコナン・オブライアンにしたインタビューの逆回転が入ったコメディ・アルバム『And They Call Me Mad? 』の7インチ・レコードを製造および出版した[79]。ホワイト・ストライプスはイングランドで『Icky Thump 』のレコードを30万枚売り上げた[78]。彼のレコードへの情熱について「私が作ったものを誰かが手にしていることを思い浮かべたり、新しいレコードを開ける時の気持ちが忘れられないから」と語った[78]

人物[編集]

中学卒業後、ブライアン・ムルドゥーンの下、家具職人の見習いとして働く。 ブルースカントリー・70年代以前のロックンロールを愛好し、それらへの造詣は非常に深い。徹底的なアナログへの拘りを持っており、ライブやレコーディングで使用する楽器・機材はほぼすべてアナログ製品を使用している。ジャックと同世代のミュージシャンと比べると、異例とも言えるほどフィジカルな音楽を志向しており、特にセールスや派手さを重視しすぎて全く現実感のないような、過剰なマスタリングが施された現代的ポピュラーミュージックを嫌う(「普通にアンプにギターを繋いで、普通にギターを演奏して、普通に歌を歌ったら、あんなおぞましいキラキラとした音は出ない」と『Bigread』誌において語っている)。ちなみに、ジャックは一貫して、音楽をデータでもなくCDでもなくレコードで聴くことをファンに勧めている(ポピュラー音楽は、ディスクジャケットブックレットなども含めた総合アートである、というジャックの理念から来るもの。ジャックが関わったほぼすべての音源は、アナログレコード盤でも発売されている)。

ジョーク好きな人柄ながら、しばしば奇人・変人ともメディアに書き立てられる。特に、2005年からのツアーでは、"Three Quid"(3個の1ドルポンド)と改名し、話題を振りまいたが、ツアー終了時にすぐ元の名前に戻し、イギリスのラジオでそれら理由を尋ねられた際、ジャックは「それはすべてお金に関することだよ」と答えた。

尊敬するアーティストは、ボブ・ディラン(デトロイトでの公演にジャックが出演したことがあり、メグも非常に熱心なファンである)やロバート・ジョンソン。また、最近は同じデトロイト出身のアリス・クーパーに影響を受けた扮装をしている。彼は、地元デトロイトのミュージシャンが音楽的土壌を作ってくれたのを感謝しており、特にイギー・ポップのファンで、ストゥージズのアルバム『ファンハウス』を「今までに作られた最高のロック・アルバム」と言っている。特に、ブルース歌手のサン・ハウスを敬愛しており、ジャックのボーカルスタイルは彼の影響によるところが大きい。

妻はイギリススーパーモデルカレン・エルソン。2006年に娘、2007年に息子を授かった。

プレイスタイル[編集]

ブルースカントリーなどの近代的音楽からの影響が色濃いながらも、絶妙な現代性を散りばめたギタープレイを展開する。それらは多くがジャックの生み出した独創的なリフを主体として演奏されるため、1970年代のブルース色を多大に残していた頃のハード・ロックレッド・ツェッペリンディープ・パープルブラック・サバスフリー)とよく比較され、ジャック自身もそれらからの影響を公言している。使用するギターやエフェクター類は、オーソドックスでシンプルかつチープなものばかりだが、突然ファズで強烈な歪みを加えたり、ハウリングペグを弛緩させたベンド奏法によるノイジーなプレイを始めたりなど、そのセンスは他のギタリストとは一線を画す。ホワイト・ストライプス時代はメロディを一手に引き受けていたため、「Seven Nation Army」「Blue Ochid」などではオクターバーでベースラインを形成している。

ヴォーカルでは高音を多用し、歌うというよりも「叫ぶ」もしくはブルース的に「語る」ような趣の楽曲が多い。また、ギターだけに止まらず、オルガンピアノマリンバドラムなど、様々な楽器を演奏するマルチプレイヤーである。しかし、テクノロジー色が強いプログラムコンピューター系の楽器は演奏しない、という志向は貫いている。

私生活[編集]

ホワイトはプライベートをあまり表に出さず、誤った情報が広まることもある[28]。作品の内容と自分の生活は別だと考えており、「ミケランジェロがどんな靴を履いているか考えるだろうか。そんなことは関係ない。ただ重要なのは作品だ」と語った[41]

飲酒や違法な薬物摂取は一切やったことがない[80]

交際[編集]

2000年3月24日、バンドが有名になる前にホワイトとメグは正式に別れた[81]

2003年、『コールド マウンテン』撮影中に出会った女優のレネー・ゼルウィガーと短期間であったが交際が大きく報じられた。その年の夏、ホワイトが左足人差し指を骨折しツアーを延期までになった交通事故で彼女が同乗していた[82]。彼はファンのためにネット上に手術の経過を掲載した[83]。2004年12月、2人の別離が公になった[84]

ホワイト・ストライプスの『Blue Orchid 』のミュージックビデオの撮影でホワイトはイギリス人モデルカレン・エルソンと出会った。監督のフロリア・シジスモンディは「2人の間に何かを感じた」と記した[85][86]。2005年6月1日、ブラジルマナウスで結婚した[86]。結婚式はシャーマンが司祭を務め、アマゾン川のカヌーで行われた。ローマン・カソリックの司祭による結婚式ものちに行われた[87]。マネージャーのアイアン・モントンが花婿介添人、メグ・ホワイトが花嫁介添人を務めた[87]。結婚公式通知には互いが「初婚」と記してあった[87]。2008年5月2日、2人は第一子長女をもうけた[88]。2007年8月7日、第二子次女をもうけた[89]。ホワイト一家はテネシー州ナッシュビル郊外のブレントウッドに居住し[90]、エルソンは古着屋ヴィーナス&マーズを経営していた[要出典][91][92]。エルソンはホワイトの1枚目のソロ・レコードに声で参加した[92]。しかし2011年6月、2人は離婚する予定で[93]、前向きな離婚式を行なうことを発表した[5][28]。2013年7月22日、ナッシュビルの裁判官はホワイトに、未成年の子供たちに関すること以外でカレン・エルソンと連絡を取ることを禁じた[94]。2013年8月2日、ホワイトの弁護士から「ホワイト氏を妻や子に暴力をふるうような人間と思われることのないように」異議申立を起こした[95]。2013年11月26日、離婚が成立し[96]、エルソンはのちに暴力が離婚の原因であったという訴えを取り下げ、「結婚生活が終わりに向かい、負のスパイラルに陥っていた」と語った[5]。ホワイトはこれに同意し、「悪い弁護士が離婚などに関わると最悪の結末になる」と語った[5]。2人は離婚後も良い関係を保っている[28]

論争[編集]

2003年12月13日、ホワイトはデトロイトのクラブであるマジック・スティックにてヴォン・ボンディーズのリード・ヴォーカルであるジェイソン・ストルスタイマーと口論になった[97][98]。ホワイトは暴行罪で起訴された[99]。彼は罪を認め、裁判費用を含む750ドルを課せられ、アンガーマネジメントのプログラムを受けることになった[5][98]。 ホワイト・ストライプスが世界的に有名になったためホワイトとデトロイトのアンダーグラウンド・ミュージックのアーティストたちの間に摩擦が起こっていたことに起因すると報じられた[3][36]。2006年、AP通信のインタビューにおいて、最終的にデトロイトを離れたことについて「これ以上負の要素を受け入れられなかった」と語った[100]。しかし彼はデトロイトの街自体への気持ちをはっきりさせるため、『Courageous Dream's Concern 』という詩を書いて発表した[100]。この中で故郷への愛情を表現した[13][100]

2013年の離婚訴訟中、エルソンはホワイトが彼女に送った過去のメールを見返していた時、彼が彼女に送ったザ・ブラック・キーズを見下す発言などを見つけた[28][101]。2014年の『ローリング・ストーン』誌のインタビューでこのことについて「私のサウンドを無断盗用した音楽がテレビのコマーシャルで流れるだろう。半分は私の音楽、もう半分はブラック・キーズに聞こえるような」と語った[5]。彼は後にこのコメントについて謝罪した[102]

慈善活動[編集]

故郷のデトロイトを経済的にサポートしている。2009年、ホワイトはデトロイト南東部の球場クラーク・パークの修繕のため約17万ドルを寄付した[103]。2013年、デトロイト・フリーメイソン教会は14万2千ドルの追徴課税のため抵当として処分寸前であった[104]。2013年6月、ホワイトが全額肩代わりしたことが明らかになった。この感謝のしるしに教会は2つ目に大きな劇場をジャック・ホワイト・シアターと改名した[104][105]

全米レコーディング保護ファンデーションは創立時に、劣化が危惧されるオープンリールのテープやシリンダーの音源の復元および保存のためホワイトから20万ドルを寄付された[106]。重役のエリック・J・シュワルツは「この全国的な音楽の遺産の保存のために多忙なソングライターでパフォーマーの方が貴重な時間と金銭を寄付してくれた」と語った[106]。ホワイトはこのファンデーションの委員も務めている[107]

受賞歴[編集]

様々なコラボレーションやソロにおいて、ホワイトは9回のグラミー賞を含む地域的、全国的、世界的な賞を受賞している。2011年、ナッシュビル市長のカール・ディーンはホワイトをナッシュビル・ミュージック・シティ大使に任命した[108]。以下にソロでの主な受賞歴を示す:

対象 部門 結果
サテライト賞 2008年 Another Way To Die (ジャック・ホワイト&アリシア・キーズ) オリジナル楽曲賞 受賞
O Music Awards 2013年 ジャック・ホワイト Analog Genius Award 受賞
グラミー賞 2015年 Lazaretto ロック・パフォーマンス賞 受賞[109]
グラミー賞 2015年 The Rise & Fall Of Paramount Records, Volume One (1917-27) Best Boxed or Special Limited Edition Package 受賞[109]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・スタジオ・アルバム[編集]

詳細 最高順位 Certifications
US
[110]
AUS
[111]
BEL
[112]
CAN
[113]
FRA
[114]
NLD
[115]
NZ
[116]
SWE
[117]
SWI
[118]
UK
[119]
Blunderbuss 1 2 1 1 5 4 2 20 1 1
Lazaretto
  • 発売日: 2014年6月10日
  • レーベル: サード・マン、XLレコーディングス、コロムビア
  • フォーマット: CD, 音楽配信, LP
1 3 2 1 9 5 2 21 2 4
"—" は圏外

ソロ・ライヴ・アルバム[編集]

詳細 最高順位 Certifications
US
[110]
AUS
[111]
BEL
[112]
CAN
[113]
FRA
[114]
NLD
[115]
NZ
[116]
SWE
[117]
SWI
[118]
UK
[119]
Live at Third Man Records
  • 発売日: 2012年12月
  • レーベル: サード・マン
  • フォーマット: LP
Live from Bonnaroo 2014
  • 発売日: 2014年12月
  • レーベル: サード・マン
  • フォーマット: LP
"—" は圏外

ソロ・シングル[編集]

最高順位 アルバム
US
[110]
US
Alt.

[110]
US
Main.

[110]
US
Rock

[110]
AUS
[111]
BEL
[112]
CAN
[113]
CAN
Alt.

[124]
CAN
Rock

[125]
FRA
[114]
SWI
[118]
UK
[119]
Another Way to Die
(with アリシア・キーズ)
2008年 81 29 10 15 98 4 9 Quantum of Solace soundtrack
Love Interruption 2012年 106 13 27 70 72 6 11 126 Blunderbuss
Sixteen Saltines 12 30 66 93 6 16 171 129
Freedom at 21 22 35 77 16 32
I'm Shakin' 33 26
Lazaretto" 2014年 108 9 31 16 68 98 10 20 173 116 Lazaretto
Would You Fight for My Love? 38
"That Black Bat Licorice" 2015
"—" は圏外

プロモーショナル・シングル[編集]

最高順位 アルバム
US
Rock

[110]
BEL
[112]
FRA
[114]
High Ball Stepper 2014 28 107 199 Lazaretto

プロデューサーとして[編集]

自身の作品すべてと同様、他のバンド、特にサード・マン・レコード所属のバンドのプロデュースを行なっている。主なものを以下に示す。

サウンドトラック[編集]

他のアルバムへの出演[編集]

フィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Entertainment Weekly staff (July 13, 2012), "Monitor". Entertainment Weekly. (1215):20
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Leahey, Andrew. Jack White Biography - AllMusic. 2014年10月10日閲覧。.
  3. ^ a b c d e f g h i j k Fricke, David (September 8, 2005), "White on White". Rolling Stone. (982): 66–72
  4. ^ Jack White's new band: The Dead Weather”. idiomag (2009年7月21日). 2009年7月23日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ a b c d e f g WEINER, JONAH (June 5, 2014), "Jack White." Rolling Stone. 1210:52–78
  6. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  7. ^ (May 31, 2014), "GORMAN GILLIS: Father of Detroit musician", Detroit Free Press. Retrieved June 6, 2014
  8. ^ Dunn 2009, p. 166
  9. ^ Rayner, Ben (February 21, 2010), "Red, white and new—Seeing sights, wooing strangers", Toronto Star.
  10. ^ "Roots, childhood fantasies spark cross-Canada White Stripes tour", Canadian Broadcasting Corporation (May 2, 2007). Retrieved October 27, 2014.
  11. ^ Male, Andrew (July 2007), "The Mojo Interview". MOJO. (164):48
  12. ^ Jack White's Many Sides”. Relevant Magazine. 2010年6月26日閲覧。
  13. ^ a b c McCollum, Brian (July 6, 2008), "Exclusive: Read Jack White's poem for Detroit". Retrieved July 30, 2014.
  14. ^ a b c EELLS, JOSH (April 5, 2012). "Jack Outside the Box", The New York Times. Retrieved October 15, 2014.
  15. ^ Scaggs, Austin (May 1, 2003), Jack White profile (archived). Rolling Stone. (921):16
  16. ^ a b Sullivan 2004, p. 16.
  17. ^ Simpson, Dave (March 7, 2013). "Jack White on the Mississippi blues artists: 'They changed the world'", The Guardian. Retrieved March 7, 2013.
  18. ^ a b c d e f g h McCollum, Brian (September 2003), "Red, White, and Cool", Spin. 19(9):68–74
  19. ^ "The White Stripes Biography" NotableBiographies.com. Retrieved June 8, 2006
  20. ^ Wallace, Mike (2005). "Choosing Music Over Religion". CBS News. Retrieved January 24, 2006
  21. ^ Handyside 2013, p. 14
  22. ^ Nunez, Jessica (July 26, 2010), "Jack White on Cass Tech: 'It does hurt to see your high school boarded up like that'" mlive.com. Retrieved July 26, 2010
  23. ^ Davis Guggenheim (Director) (2009年8月14日). It Might Get Loud (film). United States: Steel Curtain Pictures.. http://www.sonyclassics.com/itmightgetloud/ 
  24. ^ Handyside 2004, p. 22
  25. ^ Handyside 2004, p. 25
  26. ^ Handyside 2004, p. 32
  27. ^ Brown, Jake (May 23, 2002), "White Stripes Marriage License". Glorious Noise. Retrieved December 11, 2007
  28. ^ a b c d e Lewis, Tim (May 31, 2014). "Jack White: 'I'm like Larry David, Alan Partridge and Chris Rock in one person'". The Observer. Retrieved August 7, 2014.
  29. ^ Second Baby for Jack White and Karen Elson”. Efluxmedia.com. 2008年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月10日閲覧。
  30. ^ a b c de la Manzana, Tobias (May 2003). "Jack White: Your Furniture Is Not Dead" The Believer. Retrieved April 12, 2006.
  31. ^ Handyside 2004, p. 31
  32. ^ a b c d Klosterman, Chuck (Oct 2002), "The Garage", Spin. 18 (10):64–68
  33. ^ a b Handyside, Chris. “The White Stripes: Biography”. AllMusic. 2014年7月30日閲覧。
  34. ^ Heaney, Mick (April 28, 2002), "The White Stripes". The Sunday Times.
  35. ^ POWERS, ANN (February 27, 2001), "POP REVIEW; Intellectualizing the Music Or Simply Experiencing It". Retrieved August 29, 2014.
  36. ^ a b c d Killingsworth, Jason (July 27, 2007). "The White Stripes Play Us a Little Number." Paste Magazine. Retrieved August 5, 2014.
  37. ^ Stamberg, Susan (June 12, 2002), "Profile: Band The White Stripes". Morning Edition (NPR).
  38. ^ Motor City Is Burning”. trakMARX.com. 2006年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月26日閲覧。
  39. ^ White Stripes – De Stijl”. MusicStack.com. 2007年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月26日閲覧。
  40. ^ Hoard, Christian (2004年). “White Stripes Biography”. Rolling Stone. 2008年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月23日閲覧。
  41. ^ a b Cameron, Keith (March 28, 2003), "The sweetheart deal". The Guardian. Retrieved December 12, 2014.
  42. ^ HAGAN, JOE (August 12, 2001), "Hurling Your Basic Rock at the Arty Crowd". The New York Times. Retrieved August 30, 2014.
  43. ^ BPI”. British Phonographic Industry. 2007年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月17日閲覧。
  44. ^ Fricke, David (2003年3月25日). “Elephant: White Stripes – Review”. Rolling Stone. 2014年7月30日閲覧。
  45. ^ The White Stripes: Elephant (2003): Reviews”. Metacritic. 2008年8月30日閲覧。
  46. ^ Phares, Heather. “Elephant – Review”. AllMusic. 2008年8月30日閲覧。
  47. ^ Salem-Mackall, Theo (July 1, 2014). "16 'Seven Nation Army' Covers: From the Flaming Lips to the World Cup", Spin. Retrieved November 5, 2014.
  48. ^ Goodman, Amy (February 1, 2011), "Mubarak is Our Berlin Wall": Egyptian Columnist Mona Eltahawy on How the Youth Drove the Uprising in Cairo and Implications for Democracy in the Region". Democracy Now!. Retrieved October 11, 2014
  49. ^ a b Petridis, Alexis (April 13, 2012), "Jack White: 'I don't like to take the easy way out, on anything I do'". The Guardian. Retrieved October 22, 2014.
  50. ^ "The White Stripes – Icky Thump global chart positions and trajectories". aCharts. us. Retrieved June 30, 2007.
  51. ^ BBC staff (September 12, 2007), "White Stripes shelve US concerts". BBC. Retrieved November 24, 2014.
  52. ^ (September 13, 2007), "The White Stripes cancel UK tour". BBC. Retrieved November 24, 2014.
  53. ^ Billboard staff, "Meg White Surprises With Raconteurs In Detroit". Billboard Retrieved June 9, 2008.
  54. ^ Wilmington Blogs:Pulp Culture | The News Journal”. delawareonline (2009年2月11日). 2011年10月4日閲覧。
  55. ^ The White Stripes”. The White Stripes. 2011年10月4日閲覧。
  56. ^ "Jack White discusses The Dead Weather". Australian Broadcasting Corporation. Retrieved December 5, 2014.
  57. ^ “White Stripes have finally split, band members tell fans”. The Guardian. (2011年2月2日). http://www.guardian.co.uk/music/2011/feb/02/white-stripes-announce-split 2014年8月9日閲覧。 
  58. ^ "GRAMMY.COM – 49th Annual Grammy Awards Nominee List". National Academy of Recording Arts and Sciences. Retrieved December 5, 2014.
  59. ^ Cochrane, Greg (October 16, 2009). "New Dead Weather LP 'half done'". BBC. Retrieved November 20, 2014.
  60. ^ a b Laurence, Alexander (August 2003), "Electric Six Interview". Free Williamsburg. Retrieved May 17, 2006.
  61. ^ Handyside 2004, p. 182
  62. ^ Collective editor (2002). "Detroit funk-rock to set the disco on fire" BBC. Retrieved May 17, 2006.
  63. ^ Handyside 2004, p. 180
  64. ^ a b Greenblatt, Leah (April 15, 2011), "CATCHING UP WITH Jack White." Entertainment Weekly. 1150:88
  65. ^ Cieply, Michael (September 8, 2008), "All Ears on Screen: Music Plays Major Role at Toronto Festival". The New York Times. 157:54,427(1)
  66. ^ Lyda, Mark (August 13, 2009), "Jack White Writes and Performs Song in Ten Minutes". PrefixMag.com. Retrieved November 7, 2014.
  67. ^ “Danger Mouse Recruits Jack White for New Project”. Spin. (2010年11月8日). http://www.spin.com/articles/danger-mouse-recruits-jack-white-new-project 2010年11月9日閲覧。 
  68. ^ Danger Mouse's Jack White-starring 'Rome' album out in May”. NME (2011年2月10日). 2011年5月3日閲覧。
  69. ^ a b Inskeep, Steve (January 25, 2011), "Wanda Jackson: Her Party Ain't Over". Morning Edition.
  70. ^ For The Record: Quick News On White Stripes, Ween, Bjork, 'Gilmore Girls,' Jake Gyllenhaal & More – Music, Celebrity, Artist News”. MTV (2002年8月30日). 2011年10月31日閲覧。
  71. ^ Jack White to release first solo album”. The Silver Tongue. 2013年5月13日閲覧。
  72. ^ Flotat, Raymond (June 1, 2012). "Ferocious: Jack White and The Peacocks Live at The Wiltern Theatre Los Angeles 5/31/12". MXDWN.com. Retrieved November 4, 2014.
  73. ^ Tweeting at Jack White Shows”. Thirdmanrecords.com. 2013年12月27日閲覧。
  74. ^ a b Caulfield, Keith (June 28, 2014), "Jack White's Vinyl Victory." Billboard. 126 (21):55
  75. ^ Jack White Plays Longest Set of His Career, Reunites with Dead Weather Bandmates”. Jambands.com (2014年7月31日). 2014年8月31日閲覧。
  76. ^ MTV Hive staff (May 24, 2012). "Jack White’s Third Man Records Has Sold Over 600,000 Pieces of Vinyl". MTVHive.com. Retrieved October 20, 2014.
  77. ^ Tingen, Paul (2012), "Jack & White Vision". Tingen.org. Retrieved October 22, 2014.
  78. ^ a b c (November 15, 2007). Rolling Stone. 1039:150
  79. ^ (August 20, 2010), "Conan O'Brien's spoken-word recording to debut Monday on Sirius Radio". The Canadian Press.
  80. ^ Jack White on The Big Interview”. 2014年9月17日閲覧。
  81. ^ Brown, Jake (June 9, 2002), "White Stripes Divorce Certificate". Glorious Noise. Retrieved December 11, 2007.
  82. ^ Devenish, Colin; Swanson, David; Tsang, Teri. (August 7, 2003), "IN THE NEWS". Rolling Stone (928):22
  83. ^ Miller, Kirk (September 4, 2003), "White Under the Knife". Rolling Stone (930):48
  84. ^ White-Out for Renee – MSN Movies News”. MSN. 2013年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月27日閲覧。
  85. ^ Surreal Thing: A Peek Inside The Ethereal World of Floria Sigismondi”. Psychopedia.com. 2011年10月4日閲覧。
  86. ^ a b Smytek, John (May 4, 2006). "Do they make striped Pampers?" The Detroit Free Press. Retrieved May 4, 2006.
  87. ^ a b c "06.02.05" TheWhiteStripes.com. Retrieved June 1, 2006.
  88. ^ Spin staff (May 4, 2006), "Jack's Baby Oxymoron: Scarlett White". Spin. Retrieved December 12, 2014.
  89. ^ AP (August 8, 2007). "White Stripes' couple welcome baby boy" CNN.com. Archived from the original on November 10, 2007. Retrieved September 11, 2007.
  90. ^ Flippo, Chet (April 6, 2006), "NASHVILLE SKYLINE: When Country Goes Pop". Retrieved November 7, 2008.
  91. ^ Venus & Mars – The Showroom”. Myspace.com (2008年10月6日). 2011年10月4日閲覧。
  92. ^ a b O'Neal, Sean. “"Jack White and Karen Elson throw themselves a divorce party " AV Club (2011)”. AVClub.com. 2011年10月4日閲覧。
  93. ^ ORLOFF, BRIAN (June 10, 2011). "Jack White & Karen Elson Are Divorcing – and Throwing a Party", People.com. Retrieved October 22, 2014.
  94. ^ Gold, Adam (2013年8月1日). “Karen Elson Granted Restraining Order Against Jack White”. Rolling Stone. http://www.rollingstone.com/music/news/karen-elson-granted-restraining-order-against-jack-white-20130801 2013年10月19日閲覧。 
  95. ^ Gold, Adam (August 2, 2013), "Jack White Fires Back at Karen Elson in Court". Rolling Stone. Retrieved August 6, 2013.
  96. ^ Judge finalizes divorce of Jack White, Karen Elson – Yahoo News”. Yahoo! News (2013年). 2013年12月13日閲覧。
  97. ^ The Smoking Gun staff (December 15, 2003). "White Stripes Frontman In Motor City Fracas". The Smoking Gun. Retrieved November 15, 2014.
  98. ^ a b No byline (March 11, 2004), "VON BONDIES SPEAK OUT OVER JACK WHITE COURT CASE" NME. Retrieved November 28, 2007.
  99. ^ The Smoking Gun staff (December 23, 2003). "White Striper Charged With Assault". The Smoking Gun. Retrieved November 15, 2014.
  100. ^ a b c (July 7, 2008), "Pricey platters donated to school". Toronto Star.
  101. ^ HALL, KRISTIN M. (August 2, 2013), "Jack White denies threatening estranged wife in contentious divorce filings". The Canadian Press.
  102. ^ TALBOTT, CHRIS (May 31, 2014), "Jack White issues apology to Black Keys and others, explains comments that drew criticism". The Canadian Press.
  103. ^ Nunez, Jessica (September 10, 2009). "Jack White revealed as donor for southwest Detroit Clark Park renovations". Retrieved July 29, 2014
  104. ^ a b Gallagher, John (2013年6月4日). “Mystery solved: Jack White paid Masonic Temple back taxes, theater to be renamed”. Detroit Free Press. http://www.freep.com/article/20130604/BUSINESS06/306040092/Masonic-Temple-Jack-White-Detroit 2013年6月4日閲覧。 
  105. ^ “Jack White pays Detroit Masonic Temple's tax bill Detroit”. Associated Press. (2013年6月4日). http://news.yahoo.com/jack-white-pays-detroit-masonic-temples-tax-bill-211724487.html 2013年6月4日閲覧。 
  106. ^ a b O'Neal Parker, Lonnae (July 28, 2013), "Jack White’s gift boosts launch of National Recording Preservation Foundation". The Washington Post. Retrieved October 9, 2014.
  107. ^ "Board and Staff." National Recording Preservation Foundation. http://recordingpreservation.org/about/board-and-staff/ Retrieved October 10, 2014.
  108. ^ Paulson, D.,Just call him ambassador: Jack White honored by mayor, The Tennessean. Retrieved May 8, 2011.
  109. ^ a b "Winners". National Academy of Recording Arts and Sciences. Retrieved February 13, 2015.
  110. ^ a b c d e f g Peak chart positions in the United States:
  111. ^ a b c Discography Jack White”. Hung Medien. 2012年7月17日閲覧。
  112. ^ a b c d Discografie Jack White” (Dutch). Hung Medien. 2012年7月17日閲覧。
  113. ^ a b c Peak chart positions in Canada:
  114. ^ a b c d Discographie Jack White” (French). Hung Medien. 2012年7月17日閲覧。
  115. ^ a b Discografie Jack White” (Dutch). Hung Medien. 2012年7月17日閲覧。
  116. ^ a b Discography Jack White”. Hung Medien. 2012年7月17日閲覧。
  117. ^ a b Discography Jack White”. Hung Medien. 2012年7月17日閲覧。
  118. ^ a b c Discography Jack White”. Hung Medien. 2012年7月17日閲覧。
  119. ^ a b c Peak chart positions in the United Kingdom:
  120. ^ RIAA – Gold & Platinum Searchable Database”. Recording Industry Association of America. 2013年3月13日閲覧。
  121. ^ ARIA Charts – Accreditations”. Aria.com.au. 2014年6月10日閲覧。
  122. ^ a b Certification Awards Search British Phonographic Industry. Retrieved February 3, 2011.
  123. ^ a b Gold Platinum Database: Jack White”. Music Canada. 2014年8月1日閲覧。
  124. ^ Peak positions for Jack White's singles on Canadian Alternative rock Chart:
  125. ^ Peak positions for Jack White's singles on Canadian Active rock Chart:
  126. ^ a b Hay, Carla (April 27, 2002), "White Stripes' Garage Rock Goes Pop". Billboard. 114 (17):80
  127. ^ Wanda Jackson: Her Party Ain't Over, NPR”. NPR (2011年1月25日). 2011年10月31日閲覧。
  128. ^ Praxis Media. “Radio1 Rodos Greece ::: UK Forthcoming Singles ::: Charts, DJ Promos, Dance, Lyrics, Free Mp3 Samples Downloads”. Radio1.gr. 2011年10月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • Dunn, Brad (2009). When They Were 22: 100 Famous People at the Turning Point in Their Lives. Location unknown:Andrews McMeel Publishing ISBN 0740786814
  • Handyside, Chris (2004). Fell in Love with a Band: The Story of The White Stripes. Location unknown:St. Martin's Griffin ISBN 0312336187
  • Sullivan, Denise (2004). "White Stripes – Sweethearts of the Blues". Location unknown:Hal Leonard Corporation ISBN 1617802271

外部リンク[編集]