V2レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

V2レコード (V2 Records) またはV2ミュージック (V2 Music) は、ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソン1996年に設立したレコード・レーベル2013年からPIASエンタテインメント・グループ傘下のレーベルとなっている。

歴史[編集]

リチャード・ブランソンがヴァージン・レコードEMIに売却した4年後の1996年に設立。設立後間もなく、V2はジュニア・ボーイズ・オウン (Junior Boy's Own) 、元アイランド・レコード傘下のジー・ストリート・レコード (Gee Street Records) 、ブルー・ドッグ・レコード (Blue Dog Records) 、ビッグ・キャット・レコード (Big Cat Records) を傘下に収めた。また、V2はウィチタ・レコーディングス、ルアカ・ボップ (Luaka Bop) 、シティ・スラング (City Slang) 、モジュラー・レコーディングスファニア・レコードとライセンス契約を交わした。

2005年には数々のインディー・レーベルの販売、宣伝、流通業務を取り扱うコオペレイティヴ・ミュージックを設立した。

2007年8月、V2とコオペレイティヴ・ミュージックはユニバーサルミュージック・グループに買収された。買収金額は700万ユーロと推定されている[1][2]。しかし、2012年のEMI買収に伴って事業分割の対象となり、2013年前半にPIASエンタテインメント・グループに売却された[3]

日本での事業[編集]

日本では1998年にV2 Records Japan(株式会社ヴイツーレコーズ・ジャパン)が設立され、1998年から2003年まではソニー・ミュージックエンタテインメント、2003年から2008年1月まではコロムビアミュージックエンタテインメントとライセンス契約を締結していた。

2008年1月、V2/コオペレイティヴ・ミュージックはホステス・エンタテインメントとの間でライセンス契約を締結。これに伴いV2 Records Japanは活動を終了した。ホステスとの契約は2011年3月に一旦終了し、代わってユニバーサルミュージック内に新設されたレーベル「PACHINKO RECORDS」にて取り扱われていたが、PIAS傘下に入った2013年からは再びホステスがライセンス販売を行っている。

主要アーティスト[編集]

※過去に在籍したアーティストも含む

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Universal Music Group announces intent to acquire V2 Music Group, Ltd”. ユニバーサルミュージック (2007年8月10日). 2013年2月28日閲覧。
  2. ^ Universal agrees to buy V2 Music for £7m”. ザ・テレグラフ (2007年8月11日). 2013年2月28日閲覧。
  3. ^ Tim Ingham (2013年3月25日). “[PIAS] buyout of Co-Op cleared by EC regulators”. Music Week. 2014年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]