コオペレイティヴ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コオペレイティヴ・ミュージック (Cooperative Music)
親会社 PIASエンタテインメント・グループ
設立 2005年
イギリスの旗イギリス
本社所在地 ロンドン
公式サイト http://piascooperative.tumblr.com/

コオペレイティヴ・ミュージックCooperative Music、略称Co-Op)は、2005年V2レコードによって設立された、様々なインディーレーベルの販売、宣伝、流通業務を行う会社である。イギリスロンドンに本拠を置き、フランスドイツベルギーオランダイタリアスウェーデンノルウェーデンマークフィンランドオーストラリアアメリカ合衆国スペインポルトガル日本カナダにオフィスを構えている。V2の他に、ベラ・ユニオンモシモシ・レコーズキツネといったレーベルや、フェニックスインターポールブラック・レベル・モーターサイクル・クラブといったバンドとパートナーシップを結んでいる。

Co-OpとV2は2007年にユニバーサルミュージック・グループ傘下に入った。しかし、2012年のEMI買収に伴う事業分割の対象となり、2013年前半にPIASエンタテインメント・グループに売却された[1]。Co-OpはPIASコオペレイティヴ ([PIAS] Cooperative) に改名し、PIASの一部門となった。

日本では2008年から2011年までホステス・エンタテインメントがライセンス契約を締結していた。2011年からはユニバーサルミュージック自身が「PACHINKO RECORDS」を設立して取り扱っていたが[2]、PIAS傘下に入った2013年からは再びホステスがライセンス販売を行っている[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]