ブラインド・ウィリー・マクテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1940年。42歳。
代表作"Statesboro Blues"のラベル

ブラインド・ウィリー・マクテル(Blind Willie McTell,1898年5月5日 - 1959年8月19日, 61歳没)はアメリカ合衆国のピードモント・ブルース英語版シンガーでラグタイム・ギタリスト。本名ウィリアム・サミュエル・マクティアー。

バイオグラフィ[編集]

ピードモント台地で流行りだった、シンコペーションの効いた流れるようなフィンガー・スタイルでギターを弾いたが、同時代のギタリストたちとは異なり、12弦ギターを専門的に弾いた。マクテルほど熟達したスライド・ギタリストはラグタイムのブルースマンの中では珍しい。

彼のボーカル・スタイルは多くの場合、スムーズでのんびりとしたテナーで、ミシシッピ・デルタのブルースマン、チャーリー・パットンミシシッピ・シークスとは対照的である。マクテルはブルース、ラグタイム、宗教音楽、ナンセンス歌などのスタイルで歌った。

ジョージア州トムソン生まれのマクテルは十代前半にギターの奏法を学んだ。彼はすぐにアトランタオーガスタといったジョージア州の都市を中心に大道芸を始めた。

1927年にビクター・レコードに初録音。ヒット作は出なかったものの、マクテルは1920年代と30年代を通じて様々な名義で多くのレコード会社から発売された。

1940年、民俗学者ジョン・A・ロマックスとルビー・テリル・ローマックスによる米国議会図書館民謡アーカイブが彼を録音した。

彼は1940年代と50年代を通じてアクティブなままで、しばしば彼の長年の相棒カーリー・ウィーバーとともに、アトランタのストリートで演奏した。さらに2回、彼は録音された。

マクテルの最後の録音は、1956年にアトランタのレコード店の店長が録音した即席のセッションだった。3年後、糖尿病アルコール使用障害に苦しみながら彼は死んだ。

ヒット曲がないにもかかわらず、1940年代と50年代にかけて積極的に活動したマクテルだったが、亡くなったのが1959年だったため、彼の死の翌年である1960年に始まるフォーク・ミュージック・リバイバルの中で「発見」されることはなかった。

マクテルの影響は、オールマン・ブラザーズ・バンドによるカバー「ステイツボロ・ブルース」、ボブ・ディランの1983年の歌「ブラインド・ウィリー・マクテル」におけるリフレイン「そして私は、誰もブラインド・ウィリー・マクテルのようなブルースを歌うことはできないことを知っている」などに見られる。[1]マクテルの影響を受けた他のアーティストにはタジ・マハール、アルヴィン・ヤングブラッド・ハート、ラルフ・マクテル、クリス・スミザーやザ・ホワイト・ストライプスがいる。

ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトは2013年に自身のレーベルからマクテル録音全集をLPで発売した。[2][3]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

A面 B面 レーベル 品番 名義 注記
1927 "Stole Rider Blues" "Mr. McTell Got The Blues" Victor 21124 Blind Willie McTell
"Writing Paper Blues" "Mamma, Tain't Long Fo' Day" 21474
1928 "Three Women Blues" "Statesboro Blues" V38001
"Dark Night Blues" "Loving Talking Blues" V38032
1929 "Atlanta Strut" "Kind Mama" Columbia 14657-D Blind Sammie
"Travelin' Blues" "Come on Around to My House Mama" 14484-D
"Drive Away Blues" "Love Changing Blues" Victor V38580 Blind Willie McTell
1930 "Talking To Myself" "Razor Ball" Columbia 14551-D Blind Sammie
1931 "Southern Can Is Mine" "Broke Down Engine Blues" 14632-D
"Low Rider's Blues" "Georgia Rag" OKeh 8924 Georgia Bill
"Stomp Down Rider" "Scarey Day Blues" 8936
1932 "Mama, Let Me Scoop For You" "Rollin' Mama Blues" Victor 23328 Hot Shot Willie *w/Ruby Glaze
"Lonesome Day Blues" "Searching The Desert for the Blues" 23353
1933 "Savannah Mama" "B And O Blues No. 2" Vocalion 02568 Blind Willie
"Broke Down Engine" "Death Cell Blues" 02577
"Warm It Up To Me" "Runnin' Me Crazy" 02595
"It's A Good Little Thing" "Southern Can Mama" 02622
"Lord Have Mercy, If You Please" "Don't You See How This World Made A Change" 02623 *w/"Partner" (Curley Weaver)
"My Baby's Gone" "Weary Hearted Blues" 02668
1935 "Bell Street Blues" "Ticket Agent Blues" Decca 7078 Blind Willie McTell *w/Kate McTell
"Dying Gambler" "God Don't Like It" 7093
"Ain't It Grand To Be A Christian" "We Got To Meet Death One Day" 7130
"Your Time To Worry" "Hillbilly Willie's Blues" 7117
"Cold Winter Day" "Lay Some Flowers on My Grave" 7117
1950 "Kill It Kid" "Broke-Down Engine Blues" Atlantic 891 Barrelhouse Sammy
"River Jordan" "How About You" Regal 3260 Blind Willie
"It's My Desire" "Hide Me in Thy Bosom" 3272
"Love Changing Blues" "Talkin' To You Mama" 3277 Willie Samuel McTell *w/Curley Weaver
*attributed to "Pig and Whistle Band"
伴奏したもの
歌手 A面 B面 レーベル 品番 注記
1927 Alfoncy and Bethenea Harris "Teasing Brown" "This Is Not The Stove To Brown Your Bread" Victor V38594
1931 Ruth Day "Experience Blues" "Painful Blues" Columbia 14642-D
1931 Mary Willis "Rough Alley Blues" "Low Down Blues" OKeh 8921
"Talkin' To You Wimmin' About The Blues" "Merciful Blues" 8932
1935 Curley Weaver "Tricks Ain't Walking No More" "Early Morning Blues" Decca 7077
"Sometime Mama" "Two-Faced Woman" 7906 *McTell plays only on B-side
"Oh Lawdy Mama" "Fried Pie Blues" 7664
1949 "My Baby's Gone" "Ticket Agent" Sittin' In With 547

LP盤[編集]

タイトル レーベル 品番 注記
1961 Last Session Bluesville BV 1040 *recorded in 1956
1966 Blind Willie McTell: 1940
Melodeon MLP 7323 *subtitled The Legendary Library of Congress Session
*recorded in 1940

コンピレーション[編集]

  • Blind Willie McTell 1927–1933: The Early YearsYazoo L-1005 (1968)
  • Blind Willie McTell 1949: Trying To Get HomeBiograph BLP-12008 (1969)
  • King of the Georgia Blues Singers (1929–1935) – Roots RL-324 (1969)
  • Atlanta Twelve StringAtlantic SD-7224 (1972)
  • Death Cell Blues – Biograph BLP-C-14 (1973)
  • Blind Willie McTell: 1927–1935Yazoo L-1037 (1974)
  • Blind Willie McTell: 1927–1949 The Remaining TitlesWolf WSE 102 (1982)
  • Blues in the DarkMCA 1368 (1983)
  • Complete Recorded Works in Chronological Order, Vol. 1Document DOCD-5006 (1990)
  • Complete Recorded Works in Chronological Order, Vol. 2 – Document DOCD-5007 (1990)
  • Complete Recorded Works in Chronological Order, Vol. 3 – Document DOCD-5008 (1990)
    • these three albums were issued together as the box-set Statesboro Blues – Document DOCD-5677 (1990)
  • Complete Library of Congress Recordings in Chronological Order – RST Blues Documents BDCD-6001 (1990)
  • Pig 'n Whistle Red – Biograph BCD 126 (1993)
  • The Definitive Blind Willie McTellLegacy C2K-53234 (1994)
  • The Classic Years 1927–1940JSP JSP7711 (2003)
  • King of the Georgia BluesSnapper SBLUECD504X (2007)

編纂盤[編集]

  • Blind Willie McTell/Memphis Minnie: Love Changin' Blues – Biograph BLP-12035 (1971)
  • Atlanta Blues 1933 – JEMF 106 (1979)
  • Blind Willie McTell and Curley Weaver: The Post-War Years – RST Blues Documents BDCD 6014 (1990)
  • Classic Blues Artwork from the 1920's – Vol. 5 – Blues Images – BIM-105 (2007)

脚注[編集]

  1. ^ Jacobs, Hal. "Blind Willie McTell". The New Georgia Encyclopedia. 2009-11-03. Retrieved 2011-06-30.
  2. ^ Conner, Patrick. "Blind Willie McTell Archived 2013年11月1日, at the Wayback Machine.". East Coast Piedmont Blues. University of North Carolina. Retrieved 2011-06-30.
  3. ^ Blindwillieblues.com

参考文献、伝記[編集]

外部リンク[編集]