ブレントウッド (テネシー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブレントウッド (Brentwood ) はアメリカ合衆国テネシー州ウィリアムソン郡の都市。ナッシュビル郊外にあたる。2010年の国勢調査によると人口37,163名。

地理[編集]

2000年の国勢調査によるとブレントウッドの総面積は35.4平方マイル (92 km2)だったが、2001年の併合により40.8平方マイル (106 km2)に増えた[1]

テネシー州ブレントウッドの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F (°C) 78
(26)
82
(28)
88
(31)
95
(35)
99
(37)
106
(41)
112
(44)
109
(43)
104
(40)
93
(34)
84
(29)
79
(26)
112
(44)
平均最高気温 °F (°C) 42
(6)
49
(9)
60
(16)
72
(22)
80
(27)
88
(31)
95
(35)
93
(34)
82
(28)
70
(21)
57
(14)
46
(8)
69.5
(20.9)
平均最低気温 °F (°C) 26
(−3)
32
(0)
40
(4)
48
(9)
59
(15)
67
(19)
71
(22)
68
(20)
56
(13)
45
(7)
36
(2)
27
(−3)
47.9
(8.8)
最低気温記録 °F (°C) −25
(−32)
−12
(−24)
0
(−18)
21
(−6)
30
(−1)
48
(9)
55
(13)
49
(9)
30
(−1)
19
(−7)
−4
(−20)
−16
(−27)
−25
(−32)
降雪量 inch (cm) 4.8
(12.2)
3.7
(9.4)
1.2
(3)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0.4
(1)
2.7
(6.9)
12.8
(32.5)
[要出典]

人口動態[編集]

歴史[編集]

ブレントウッドの最初の居住者として知られているのは、居住および農業の文化で高い発展を遂げた先史のネイティブ・アメリカンである。マウンド・インディアンまたはストーン・ボックス・インディアンとして知られるミシシッピ文化期の人々は儀式的な建造物として墳丘を建設。このような初期の村はコンコード通りの現在図書館の場所や現在も最大の墳丘を見ることができるプリム歴史的公園などミードウレイク分譲地で発見された。1300年までにこの民族はいなくなったようである。伝染病によるものなのか戦争によるものなのかわかっていない。

1700年代後期、白人の植民者が住むようになり、またジョージア州アラバマ州からの遊牧のネイティブ・アメリカンの狩猟の地となった。これにより多くの紛争が起こる。1786年、ウィルソン通りとオールド・スマーナ通りにあったサザーランド・メイフィールドの家族が虐殺された。メイフィールドと他の2人の男性が殺され、息子のジョージが10年捕虜となった。

1800年以前、ジェームス・スニード、ロバート・アーヴィン・ムーア、グレシャム・ハント、サミュエル&アンドリュー・クロケット、ジョン・エドモンドソンの家族が住むようになった。その後すぐにホルツ家、ハーバート家、フロスト家、ハドリー家、ハイタワー家、マクガヴォック家、オウエン家も居住。これらの家族の多くはアメリカ独立戦争の際にバージニア州ノースカロライナ州で戦ったため土地を供与された。

ビジネスの拠点は雑貨屋、製粉所、郵便局のあったオールド・スマーナ通りのフォレスト・プレイスである。すぐにメソジストなどの教会ができ、地域のコミュニティが形成された。鉄道が通り駅ができるとダウンタウンの場所も変わっていった。ブレントウッドの町は繁栄し、多くのプランテーションが建てられ、綿花が主な収入源となった。

1863年3月25日、アメリカ連合国中将ネイサン・ベッドフォード・フォレストはナッシュビル&ディケーター鉄道の一部であり北軍に占拠されていたブレントウッドに隊列を率いて侵入した。フォレストは北軍のエドワード・ブラッドグッド中佐に素早く奇襲をかけ、電信線を切られたブラッドグッドは孤立した。ブラッドグッドはブレントウッドで包囲され、連邦政府から隔離された。犠牲者は北軍305名に対し南軍6名であったが、ブレントウッドはほとんど崩壊した。

戦後、多くの土地が売却され、田舎の小規模の農場は所々に残ったままとなった。それまでの綿花栽培からタバコ栽培に移行していった。人口は約100年ほとんど変わらなかった。1940年代、ブレントウッドは立ち直り始めた。プランテーションの邸宅は徐々に買い戻され、狐狩りや乗馬が通常となった。

1969年、ブレントウッドは市として自治体化。同年、州間高速道路がこの地を通り、居住や商業が発達していった。メリーランド・ファームの複合施設がこの頃に建てられた。

教育[編集]

ウィリアムソン郡により管理される。

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

公園[編集]

コンコード公園[編集]

コンコード通りとノックス・ヴァレイ通りの公園で広さは40エーカー (160,000 m²)。ブレントウッド図書館本館があり、リプスコム小学校の近くである。舗装された歩道と自転車用道路がある。トレイルの一部はYMCAのジムに繋がっている。

クロケット公園[編集]

170エーカー (0.7 km2)の市内でも大きな公園の1つである。テニスコート、野球場、多目的競技場、自転車およびジョギング用トレイル、フリスビー・ゴルフ・コース、洗面所および売店、歴史的邸宅、遊具、ピクニック場、エディ・アーノルド円形劇場がある。近年サッカー、ラクロス、フラッグ・フットボールなどができる屋内競技場ができた。また毎年7月4日の独立記念日の花火がここで打ち上げられる。市の協賛で毎年夏にエディ・アーノルド円形劇場で無料コンサートが行なわれる。

ディアウッド樹木園および自然区域[編集]

27エーカー (110,000 m²)で展望台、野外教室、円形劇場、樹木園がある。人口湖、自然のトレイル、土着の野生生物などがあり、リトル・ハーパス川が流れる。

グラニー・ホワイト公園[編集]

32エーカー (130,000 m²)でテニス・コート、ソフトボールおよび野球場、ジョギングおよび自転車用トレイル、サッカーやラクロスのゴールがある多目的競技場、ビーチ・バレー・コートなどのスポーツ施設、遊具、ピクニック施設などがある。ブレントウッド中学校近く。

マルセラ・ヴィヴレット・スミス公園[編集]

市境に面したウィルソン通りにある。320エーカー (1,300,000 m²)で市内で最大の公園であり、2010年に買収されてからさらに発展を続けており、ウォーキングと自転車用のトレイルと多目的競技場が計画された。会議場などとして一般に公開されている1825レイヴンズウッド邸が中心にある。2014年春に増設部が完成予定である(http://www.brentwood-tn.org/index.aspx?page=756)。

メリーランド・ウェイ公園[編集]

メリーランド・ファーム地域に位置し、20箇所のエクササイズ施設と舗装された歩道や自転車道がある7エーカー (28,000 m²)の公園である。メリーランド・ファームYMCAに接続している。

プリム公園[編集]

1832年に建てられ、2003年に修復された歴史的校舎ボイリング・スプリング・アカデミーにあるムーアズ通りの31エーカー (130,000 m²)の公園。ミシシッピ文化期の墳丘が5つあり、フュークス考古学グループの本部となっており、アメリカ合衆国国家歴史登録財に登録されている。

アウル・クリーク公園[編集]

2007年夏に完成した市内で最も新しい公園。21エーカー (85,000 m²)で遊び場、ピクニック施設、ウォーキング舗装道、バスケット・コートなどがある。

リヴァー公園[編集]

43エーカー (170,000 m²)でクロケット公園に接続している。遊び場、屋外バスケット・コート、洗面所などがあり、YMCAのサッカー場に面している。スケート場が完成したブレントウッド・ファミリーYMCAに繋がっている。

タワー公園[編集]

コンコード通りのWSMのタワーの北にある47エーカー (190,000 m²)の公園。多目的競技場、自然のオープンスペース、ジョギングや自転車のトレイルなどがある。新しくできたウィリアムソン郡立屋内スポーツ施設がある。76,000平方フィート (7,100 m²)の施設には50mプール、屋内テニス・コート5面、フィットネス・センター、ロッカー・ルーム、託児室、多目的ルームなどがある。

経済[編集]

メリーランド・ファームは5,000,000平方フィート (500,000 m²)のオフィス・スペースのある高級な郊外オフィス・パークであり、いくつかの全米本社がある。

コムデータ、シグマ・パイ・フラタニティ、EMIクリスチャン・ミュージック・グループ、ハワード・ブックス、トラクター・サプライ・カンパニーがブレントウッドを基盤に活動している。

雇用数上位社[編集]

2010年の総合年次会計報告書によると[2]市内の雇用数上位社は以下の通り:

順位 雇用主 雇用者数
1 コムデータ 864
2 AT&T Inc. 800
3 デヴィータ 500
4 トラクター・サプライ・カンパニー 500
5 コンジェント・ヘルスケア 400
6 ライフポイント・ホスピタル 309
7 アスペクト・ソフトウェア 300
8 ラティモア・ブラック・モーガン&ケイン 270
9 ブレントウッド市 245
10 ランポ・グループ (デイヴ・ラムジー) 226
11 ディレクUS 200
12 EMIクリスチャン・ミュージック・グループ 350

ゆかりのある著名人物[編集]

スポーツ選手[編集]

特記: タイタンズの元クォーターバックのヴィンス・ヤングは現在フィラデルフィア・イーグルスに移籍したが以前はブレントウッドに住んでいた。

ミュージシャン[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Brentwood Highlights Timeline Archived 2010年6月20日, at the Wayback Machine., City of Brentwood website, accessed November 22, 2009. The United States Census Bureau gives the area as approximately 41平方マイル (110 km2).
  2. ^ City of Brentwood CAFR

外部リンク[編集]