麗しのレイラニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

麗しのレイラニ」(うるわしのレイラニ、Sweet Leilani)は、アメリカ合衆国の歌。

概要[編集]

1934年にネブラスカ州出身のハリー・オーウェンス英語版が自身の娘の誕生祝いのために作詞・作曲し、1935年にハワイアン・ギタリストのソル・フーピー英語版により「ハワイアン・ハネムーン」のB面曲「レイラニ」として発表された[1]

オーウェンスの親友ビング・クロスビーワイキキで休暇中に耳にした同曲を気に入り、交渉の結果、1937年公開のミュージカル映画『ワイキキの結婚』に主題歌として用いられ[2]第10回アカデミー賞歌曲賞を受賞した。

日本で「麗しのレイラニ」の邦題が付けられて、大橋節夫石原裕次郎などのカバーが存在する[3]

レイラニ」とはハワイ語で「美しい娘」などの意味である。

評価[編集]

2018年にビルボードが発表した「アカデミー歌曲賞 ベスト10&ワースト10」において、ワースト10入りした。理由は「古くて安っぽい」ためである[4]

脚注[編集]

  1. ^ Sweet Leilani (Wreath of Heaven) (1935)Joop's Musical Flowers
  2. ^ 「Bing Crosby Crooner of the Century」リチャード・グルーデンス著
  3. ^ JASRAC
  4. ^ The 10 Best & 10 Worst Oscar-Winning Songsビルボード 2018年2月28日

関連項目[編集]