アップタウン・ファンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Uptown Funk
Mark Ronson featuring Bruno Marsシングル
初出アルバム『Uptown Special
B面 Feel Right feat. Mystikal
リリース
規格 12cmCDシングル
デジタル・ダウンロード
12inchレコード
録音 アメリカ合衆国の旗Royal Recording Studios
アメリカ合衆国の旗Dunham Studios
アメリカ合衆国の旗Enormous Studios
イギリスの旗Zelig Studios
ジャンル Funk, Disco
時間
レーベル RCA Records
Columbia Records
Sony Music Entertainment
作詞・作曲 Mark Ronson
Bruno Mars
Jeff Bhasker
Phillip Lawrence
プロデュース Mark Ronson
Bruno Mars
Jeff Bhasker
ゴールドディスク
チャート最高順位
Mark Ronson シングル 年表
Anywhere in the World
2012年
Uptown Funk
(2014年)
Daffodils
(2015年)
Bruno Mars シングル 年表
Young Girls
(2013年)
Uptown Funk
(2014年)
ミュージックビデオ
「Uptown Funk ft. Bruno Mars」 - YouTube
「Feel Right ft. Mystikal」 - YouTube
テンプレートを表示

アップタウン・ファンク」(UpTown Funk!)は、2014年11月10日に発売されたマーク・ロンソンの11枚目のシングル。発売元はRCA RecordsColumbia RecordsSony Music Entertainment

解説[編集]

前作「Anywhere in the World」から2年ぶりのシングル。ボーカルとしてBruno Marsが参加している。Mark RonsonがBrunoと共演するのは、2012年にリリースしたBrunoのアルバム「Unorthodox Jukebox」以来。

楽曲についてMarkは「完成までのプロセスは楽じゃなかった。Brunoと僕は完璧主義者で、関わった人全員が確固とした意見を持っていた。それぞれのアングルから曲に貢献したんだけど、もしかしたらこの曲は永遠に完成させられないかもしれないな、と不安を抱いたりもした。そして6ヶ月かかってようやく完成した。一番最初のセッションの時から手応えがあって、本当にエキサイティングだった。だって誰も帰りたがらなかったんだ。スタジオから帰る途中、たった1分程度のデモだったけど車の中で15回くらいぶっ続けで音源を聴いたんだ。本当に興奮していたんだ」[17]

発売前にはTrinidad Jamesが2012年に発表した「All Gold Everything」の歌詞の一節を引用しているとして、クレジットに作者のNicholas Williams(Trinidad James)と、プロデューサーのDevon Gallaspyが追加された[18]。「All Gold Everything」からインスパイアされたというのは、Brunoのアイデアだという[19]

リリース後は全米ビルボードチャートや全英シングルチャートなど、各国で1位を獲得。2015年4月には全米シングルチャート1位を14週連続で記録し、1992年にWhitney Houstonがリリースした「I Will Always Love You」や1994年にBoyz II Menがリリースした「I'll Make Love to You」、2005年にMariah Careyがリリースした「We Belong Together」、2009年にThe Black Eyed Peasがリリースした「I Gotta Feeling」などの6曲と並ぶ歴代2位タイとなった[20]。歴代1位は1995年にリリースされたMariah Carey & Boyz II Menの「One Sweet Day」が16週連続1位を記録していたが、「Uptown Funk」は15週目でWiz Khalifaの「See You Again」が1位を獲得したため、記録は途切れた[21]。2015年に行われた第35回ブリット・アワードでは「British Single of the Year」を受賞した[22]。2016年に行われた第58回グラミー賞では最優秀レコード賞を受賞した[23]

2015年2月、曲中のフレーズがThe Gap Bandの「Oops Up Side Your Head」を引用しているとして、The Gap Bandの出版社であるMinder MusicがYouTubeのコンテンツ・マネジメントシステムに関して裁判を起こした。これに対しYouTubeは一時的に権利者への支払いをストップした[24]。作者の一人のCharlie Wilsonは「音楽研究家がやってきて、この曲は『Oops Up Side Your Head』だって言うんだよ。彼らは払わなければいけない」と話した[25]

Billboard誌によると、ロイヤリティはオリジナルの制作者であるMark Ronson、Bruno Mars、Jeff Bhasker、Phillip Lawrenceがそれぞれ21.25%、前述の「All Gold Everything」の権利者であるNicholas Williams(Trinidad James)とDevon Gallaspyが合わせて15%。しかし、2015年5月にMarkがThe Gap Bandの権利を認めたため、所属レーベルのRCA Recordsが「Oops Up Side Your Head」の作者であるCharlie Wilson、Lonnie Simmons、Ronnie Wilson、Rudy Taylor、Robert Wilsonの5人をクレジットに追加することを発表。これによってオリジナルの作者4名のロイヤリティは17%となり、「Oops Up Side Your Head」の作者5人には合計17%が分配されることになった[26]

日本では2016年からTBS系のテレビ番組「A-Studio」のテーマソング、本田技研工業フィット」のCMソング[27]に使用された。

評価[編集]

収録曲[編集]

デジタル・ダウンロード[編集]

  1. Uptown Funk [4:30]
    (作詞・作曲:Mark Ronson, Bruno Mars, Jeff Bhasker, Phillip Lawrence, Nicholas Williams, Devon Gallaspy, Charlie Wilson, Lonnie Simmons, Ronnie Wilson, Rudy Taylor, Robert Wilson)

CD[編集]

  1. Uptown Funk [4:30]
  2. Feel Right [3:42]
    (作詞・作曲:Mark Ronson, Bruno Mars, Brody Brown, Homer Steinweiss, Michael Tyler, Nick Movshon, Phillip Lawrence, Thomas Brenneck)
    • 客演にMystikalが参加。2015年のアルバム「Uptown Special」に収録され、2015年3月29日にシングルカットされた。Mark Ronsonは「自分の楽曲のなかでも特に好きな曲のひとつ」と話している[28]

アナログ盤[編集]

[SIDE-A]

  1. Uptown Funk [4:30]

[SIDE-B]

  1. Uptown Funk (BB Disco Dub Mix) [6:19]
    • Benji Bによるリミックス。

リミックスEP[編集]

  1. Uptown Funk [4:30]
  2. Uptown Funk (Dave Aude Remix) [3:57]
  3. Uptown Funk (Wideboys VIP Remix) [3:16]
  4. Uptown Funk (Will Sparks Remix) [4:37]

クレジット[編集]

Uptown Funk
  • Mark RonsonGuitar, Linn Drum, Programming
  • Bruno Mars:Vocals, Drums
  • Jamareo Artis:Bass
  • Phred Brown:Additional Keyboards
  • Dave Guy:Trumpet
  • Jimmy King:Trumpet
  • Michael Leonhart:Trumpet
  • Kameron Whalum:Trombone
  • Ray Mason:Trombone
  • Ian Hendrixson-Smith:Baritone Saxophone
  • Dwayne Dugger:Tenor Saxophone
  • Neal Sugarman:Tenor Saxophone
  • Produced by Bruno Mars, Jeff Bhasker, Mark Ronson
  • Engineer:Boo Mitchell, Charles Moniz, Inaam Haq, Josh Blair, Mark Ronson, Wayne Gordon
  • Addtional Engineer:Devin Nakao, Ken Lewis, Matthew Stevens, Riccardo Damian
  • Mixed by Serban Ghenea (at MixStar Studios)
  • Assisted Mixed by John Hanes
  • Mastered by Tom Coyne (at Sterling Sound)
Feel Right
  • Mystikal:Vocals
  • Bruno Mars:Guitar, Background Vocals
  • Tommy Brenneck:Guitar
  • Nick Movshon:Bass
  • Homer Steinweiss:Drums
  • Trombone Shorty:Trumpet, Trombone
  • Daniel Oestreicher:Baritone Saxophone
  • Timothy Kinzy McFatter:Tenor Saxophone
  • Phillip Lawrence:Background Vocals
  • Produced by Bruno Mars, Jeff Bhasker, Mark Ronson
  • Additional Production:Boys Noize
  • Engineer:Boo Mitchell, Jeff Bhasker, Josh Blair, Mark Ronson, Tommy Brenneck
  • Mixed by Tom Elmhirst (at Electric Lady Studios)
  • Assisted Mixed by Joe Visciano
  • Mastered by Tom Coyne (at Sterling Sound)

受賞[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SEARCHABLE DATABASE RIAA
  2. ^ MARK RONSON FT BRUNO MARS - UPTOWN FUNK BPI
  3. ^ The Hot 100 billboard
  4. ^ Official Singles Chart Top 100 14 December 2014 - 20 December 2014 Official Charts
  5. ^ Billboard Canadian Hot 100 billboard
  6. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! (SONG) Australian Charts
  7. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! (SONG) New Zealand Charts
  8. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! (SONG) Spanish Charts
  9. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! Dutch Charts
  10. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! (SONG) Danish Charts
  11. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! (SONG) Italian Charts
  12. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! (SONG) Finnish Charts
  13. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! Austrian Charts
  14. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! (SONG) Norwegian Charts
  15. ^ MARK RONSON FEAT. BRUNO MARS - UPTOWN FUNK! (SONG) Swedish Charts
  16. ^ Japan Hot 100 billboard
  17. ^ マーク・ロンソンの「Uptown Funk」が止まらない Barks (2015年1月23日)
  18. ^ From Sugarhill Gang to Trinidad James, a Look at the Influences of Mark Ronson & Bruno Mars' 'Uptown Funk' billboard (2014年11月24日)
  19. ^ 【インタビュー】マーク・ロンソンに直撃! 大ヒット『アップタウン・スペシャル』や今興奮している音楽について 2015.03.30 インタビュー Qetic (2015年3月30日)
  20. ^ 'Uptown Funk' Ties for Second-Longest-Leading Hot 100 No. 1 of All Time billboard (2015年4月8日)
  21. ^ Wiz Khalifa's 'See You Again' Knocks 'Uptown Funk' Off No. 1 on Hot 100 billboard (2015年4月15日)
  22. ^ Mark Ronson wins best British single at Brit awards 2015 the guardian (2015年2月25日)
  23. ^ Mark Ronson wins record of the year at the 2016 Grammys for Uptown Funk the guardian (2016年2月16日)
  24. ^ 'Uptown Funk!' Gains More Writers After Gap Band's Legal Claim billboard (2015年5月1日)
  25. ^ Did monster hit "Uptown Funk" steal from The Gap Band? SOUL TRACKS (2015年3月12日)
  26. ^ Inside the New Royalty Split for 'Uptown Funk': Who Gets Paid What billboard (2015年5月4日)
  27. ^ 「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が本田技研工業「FIT」テレビCMソングに! Sony Music Entertainment
  28. ^ マーク・ロンソン、最新曲も絶好調 Barks (2015年5月21日)