ジミー・ヴァン・ヒューゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jimmy Van Heusen (2).jpg

ジェームズ " ジミー"・ヴァン・ヒューゼン(James "Jimmy" Van Heusen, 1913年1月26日 - 1990年2月6日)は、アメリカの作曲家。

映画、テレビ、劇場に曲を書き、エミー賞アカデミー歌曲賞を4度受賞した[1]

代表曲は、バット・ビューティフルHere's That Rainy DayCarnival in Flanders より)、Imaginationイット・クッド・ハプン・トゥ・ユーライク・サムワン・イン・ラブPersonalityPolka Dots and Moonbeamsなど。

生涯[編集]

本名エドワード・チェスター・バブコック。シラキュース(ニューヨーク)で生まれる。

高校時代から作曲をしており、有名なシャツメーカー「プラス・ヴァン・ヒューゼン」のローカルショーに出演し、16歳で芸名をつけた。親しい友人は「チェット」と呼んだ。

ゼノビア神学校とシラキュース大学で学び、ハロルド・アーレンの弟であるジェリー・アーレンと友人になる。年上のアーレンの助けを借り、ヴァン・ヒューゼンはコットン・クラブの演目「ハーレム·ホスピタリティ」などに曲を書く。

その後ティン・パン・アレーの出版社でスタッフ・ピアニストになった。そして、1938年(25歳)に、ジミー・ドーシー作詞の「It's the Dreamer in Me」を書いた。

代表作[編集]

サミー・カーン作詞
  • Ain't That a Kick in the Head
  • All My Tomorrows
  • オール・ザ・ウェイ All the Way - 映画『抱擁』の主題歌。1957年にアカデミー歌曲賞受賞。
  • Call Me Irresponsible - 映画『パパは王様』の主題歌
  • Come Dance with Me
  • Come Fly with Me
  • Eee-O Eleven
  • Everybody Has the Right to Be Wrong!
  • ハイ・ホープス High Hopes - 映画『波も涙も暖かい』の主題歌。1959年にアカデミー歌曲賞受賞。
  • I'll Only Miss Her When I Think of Her
  • Incurably Romantic
  • Last Dance
  • Let's Make Love
  • Love and Marriage
  • (Love Is) The Tender Trap
  • My Kind of Town
  • Only the Lonely
  • Ring-A-Ding Ding
  • The Second Time Around
  • The Secret of Christmas
  • September of My Years
  • Sleigh Ride in July
  • There's Love and There's Love and There's Love
  • To Love and Be Loved
  • Where Love Has Gone
  • Who Was That lady?
ジョニー・バーク英語版作詞
エディ・デランジ作詞
  • All This and Heaven Too
  • Darn That Dream
  • Deep in a Dream
  • Heaven Can Wait
  • Shake Down The Stars
  • So Help Me
その他
  • Far Away (作詞:David Kapp)
  • I Could Have Told You (作詞:Carl Sigman)
  • I Thought About You (作詞: ジョニー・マーサー)
  • It's the Dreamer in Me (作詞: ジミー・ドーシー)
  • Nancy (With the Laughing Face) (作詞:Phil Silvers)
  • Not as a Stranger (作詞:Buddy Kaye)
単独
  • It's 1200 miles from Palm Springs to Texas[2]

参照[編集]

  1. ^ Palm Springs Cemetery District, "Interments of Interest"
  2. ^ OCLC 498384972
  • James Kaplan (2010). Frank: The Voice, Pages 49,666-669.
  • Wilfred Sheed (2007). The House That George Built, "Jimmy Van Heusen: On The Radio With Bing and Frank" Pages 225-251.
  • David Carson Berry (2000). “The Popular Songwriter as Composer: Mannerisms and Design in the Music of Jimmy Van Heusen,” Indiana Theory Review 21, 1-51.
  • Alec Wilder (1990). American Popular Song, "The Great Craftsmen: Jimmy Van Heusen" Pages 442-451.
  • William Ruhlmann (2001). "Van Heusen, James “Jimmy” (originally, Babcock, Edward Chester)." Baker’s Biographical Dictionary of Musicians. Gale. Retrieved January 9, 2013 from HighBeam Research

外部リンク[編集]