ペリー・コモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペリー・コモ
Perry Como
Perry Como NYWTS.jpg
基本情報
生誕 1912年5月18日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州キャノンズバーグ
死没 (2001-05-12) 2001年5月12日(88歳没)
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1936年 - 1994年

ペリー・コモ英語: Perry Como1912年5月18日 - 2001年5月12日)はアメリカ合衆国歌手フランク・シナトラと並ぶ大物エンターテイナーとして多くのテレビ番組、ステージで活躍した。

来歴[編集]

1912年5月18日、ペンシルベニア州キャノンズバーグでイタリア系アメリカ人の家庭にPierino Comoとして生まれた。理髪店の見習いをしていた頃に町の歌声コンクールで優勝したことがきっかけで1936年に歌手としてデビューした。当時は「歌う床屋さん」と呼ばれて親しまれた。フレディ・カーロン楽団の専属歌手としてデビューしたが,やがてテッド・ウィ―ムスの目に留まり,専属歌手となったが第2次世界大戦の余波で楽団は解散しペリーは再び理髪師に戻ったが彼の歌声に対する期待は高まりラジオのCBS放送で自身のショウを持ち1943年RCAレコードと契約した。デビュー曲は「グッド・バイ・スー」。1945年の「時の終わりまで」が初めてのミリオン・セラー。 この時期,数本の映画にも出演したが,すぐに撤退し,ラジオ,テレビをうまく活用しスターへの道を歩んだ。初期の頃の歌唱スタイルはビング・クロスビー[1]に酷似していたが,やがて自分のスタイルを確立し,クロスビー,フランク・シナトラと並び20世紀を代表する本格派のポピュラー・シンガーとして君臨した。1950年代には,「パパはマンボがお好き」(1954)「ホット・ディギティ」(1956)のようなノベルティ・ソングを数多く録音したが,売り上げが好調であったためと思われる。彼の真価はバラードで発揮され「恋のとりこ」(1946)「魅惑の宵」(1949)「ハロー・ヤング・ラバーズ」(1951)「イフ」(1951)[2]バート・バカラックの「マジック・モーメンツ」(1958)「夢で恋すれば」(1965)「イッツ・インポッシブル」(1970)「アンド・アイ・ラブ・ユー・ソー」(1973)[3]などのスタンダード中心のヒット曲を持ち全米ナンバー・ワンとなった歌は14曲。1953年には14年の長寿番組となる「ペリー・コモ・ショー」がスタートし、このテレビ番組は日本でも1959年12月から2年間,放送され人気を呼んだ。1967年以降は毎年のようにTVスペシャルを制作し1994年の"Irish Christmas"(1994)まで40本を数えた。公演を録画した番組の他,ハワイ,ロンドン,メキシコ,オーストリア, ニューヨーク, ハリウッド,バハマ, カナダ,パリ、など世界各地でゲストを招いて収録されファンを楽しませた。 [4]

1970年にはラスベガスのインターナショナル・ホテル(現在のヒルトン・ホテル)に6月25-27日まで出演し,その模様は"Perry Como in person at the International hotel, Las Vegas"でレコード化され大変な話題になった。

レコード会社は、デビュー当時から40年以上にわたりRCAに所属した。このような長期間同じ会社にいることは、当時から待遇アップなどの条件でレコード会社を移籍するのを常識としたアメリカの考え方としては非常に珍しく、国内外問わずファンに誠実な印象を与えた。またマフィアとの関係を嫌いカジノでの公演を拒否し続けた人物としても知られ、フランク・シナトラと異なりスキャンダルの少ないクリーンな歌手として、芸能生活を送った。1979年には初めての来日公演を果たしている。"Warm at heart"ともいわれるその暖かく優しい歌声は時代を超越して支持されている。

1999年5月15日 故郷のペンシルベニア州キャノンズバーグに,それまでの功績を称えコモの等身大の彫像が設置された。

2001年5月12日、フロリダの自宅で死去。88歳没。

2002年には"Grammy lifetime achievement Award"を受賞。

主な作品[編集]

主要なアルバム[編集]

  • "So smooth"(1955)
  • "We get letters"(歌の贈り物)1957
  • "Saturday night with Mr. C(1958)
  • "Como's golden records"(1958)
  • "Sing to me Mr. C"(1961)
  • "By request"(1962)
  • "Songs I love"(1963)
  • "Perry Como in Italy"(1966)
  • "Seattle"(1969)
  • "It's impossible"(1971)
  • "I think of you"(1971)
  • "And I love you so"(1973) RIAA公認ゴールドディスク
  • "Merry christmas music"(1957)RIAA公認ゴールドディスク
  • "Season's greetings"(1960)RIAA公認ゴールドディスク

[6]

映画[編集]

  • "Something for the boys"(1944)
  • "Doll face"(1945)
  • "If I'm lucky"(1946)
  • "Words & music"(1948)

[7]

日本公演[編集]

4月20日 大阪厚生年金会館、22日 中野サンプラザ、23日 京王プラザホテル 24日 帝国ホテル 26日 日本武道館、27日 NHKホール

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gilliland, John (1994). Pop Chronicles the 40s: The Lively Story of Pop Music in the 40s (audiobook). ISBN 978-1-55935-147-8. OCLC 31611854.  Tape 1, side B.
  2. ^ Pop Memories; 1890-1954, by Joel Whitburn. Record Research, c1986, p.97-100, ISBNː 0-89820-083-0
  3. ^ Top Pop singles; 1955-2012, by Joel Whitburn, Record Research, C2013, p.187. ISBNː 978-0-8982020-5-2
  4. ^ Perry Como; a biography and complete career record, by Malcolm Macfarlane & Ken Crossl, McFarland & Company, c2009, p.229-235, ISBN 978-0-7864-3701-6
  5. ^ Grammys for the record, by Thomas O'Neil, Penguin Books, c1993, p.26, ISBN 0-14-016657-2
  6. ^ Top Pop albums; 1955-1992, by Joel Whitburn, Record Research, c1993, p.159, ISBNː 0-89820-093-8
  7. ^ https://www.imdb.com/name/nm0173908/

外部リンク[編集]