無頼の群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
無頼の群
The Bravados
監督 ヘンリー・キング
脚本 フィリップ・ヨーダン
原作 フランク・オルーク
製作 ハーバート・B・スウォープ・Jr
出演者 グレゴリー・ペック
ジョーン・コリンズ
音楽 ライオネル・ニューマン
撮影 レオン・シャムロイ
編集 ウィリアム・メイス
製作会社 20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年6月25日
日本の旗 1958年9月11日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

無頼の群』(ぶらいのむれ、原題:The Bravados)は、1958年制作のアメリカ合衆国西部劇映画

妻を4人組の暴漢に殺された男の復讐劇。ヘンリー・キング監督、グレゴリー・ペック主演[1]

あらすじ[編集]

アメリカ南西部の村リオ・アリバで、銀行強盗を働いた4人の凶漢テイラー、ザッカリー、パラル、ルーファンが処刑されようとしていた。だが、そこに現れた死刑執行人のシムズは保安官を射殺、自らも射殺されたが、その騒ぎの最中に4人は逃げた。シムズは彼らの仲間だったのだ。

4人を捕えるべく捜索隊が出されるが、その中に並々ならぬ執念を持った1人の男がいた。その男ジム・ダグラスは半年前、自分の留守中に4人組の暴漢に妻を殺されており、逃走した4人を犯人とみて、復讐を果たそうとしていたのだ。

彼らを1人また1人と追い詰め、妻の復讐を果たしていくジムであったが、最後の1人を追い詰めた彼は意外な事実を知るのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1969年4月11日 TBSテレビ金曜ロードショー』)

受賞[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]