拳銃王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
拳銃王
The Gunfighter
監督 ヘンリー・キング
脚本 ウィリアム・ボワーズ
ウィリアム・セラーズ
原作 アンドレ・ド・トス
ウィリアム・ボワーズ
製作 ナナリー・ジョンソン
出演者 グレゴリー・ペック
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 アーサー・C・ミラー
編集 バーバラ・マクリーン
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 セントラル映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年6月23日
日本の旗 1951年11月13日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,950,000[1]
テンプレートを表示

拳銃王』(けんじゅうおう、The Gunfighter)は1950年アメリカ合衆国西部劇映画

ヘンリー・キング監督の作品。主演のグレゴリー・ペックはそれまでの知性的なイメージとは正反対の役に挑戦し、リンゴ・キッドをモデルにしたアウトローを演じている[2]

第23回アカデミー賞では原案賞にノミネートされた[3]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1969年3月8日『土曜映画劇場』)

 字幕翻訳:関 美冬(VHS、DVD版)[4]、高内朝子(プレミアムシネマ版)[5]

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 'The Top Box Office Hits of 1950', Variety, January 3, 1951
  2. ^ 拳銃王|作品解説”. スター・チャンネル. 2020年4月20日閲覧。
  3. ^ 拳銃王 - 映画.com
  4. ^ 作品情報”. 2020年9月4日閲覧。
  5. ^ 2020年9月4日放送分

外部リンク[編集]